25

もう食欲の秋

台風通過後、秋分の日も過ぎ、一気に秋めきましたね。
数日前までタンクトップでいたのに、いきなりの寒さで服装がわからず・・・・冬の靴下を履き、薄い夏服を妙なかんじで重ね着している状態です。(笑)

先日のサロンの記事でも描きましたが、カジュは「インナーセルフ」に珍しく、現世のごはんに興味があるようです。
会う人会う人に、焼肉からデザートまで、いろいろ味見させてもらい、近頃はすっかり美食家(ぐるまん)に成ってしまった感じです。

このあいだ、親が発した「美味しそう」という言葉に、カジュが瞳を輝かせた事をお話しますね。

美食家カジュ1

それはまだ台風前で、大阪では昼間33度になっていた頃。
親は暑さを避けつつ、でも商店街の物がなくならない、ぎりぎりの夕方に買い物に出かけました。

夕食の支度を一緒にしていた時に、買い物の帰りに見かけた夕日の美しさを表現するのに、『美味しそう』と形容したのです。

美食家カジュ2

私の後ろでは、そんな人間の言語の形容の多様さに惑わされ、誤解したカジュが、期待に胸を膨らませていました。

美食家カジュ3

カジュはこんな姿ですが鳥じゃありません。何度も申しますが、遠い宇宙の果てに「ぽよん」と浮かんでいる恒星(太陽)です。それで親は共食いとか言っているのですが・・・・その後も誘惑する言葉を吐くのはよしてって・・・。

美食家カジュ4

ワクワクしたついでか、カジュはその後も超ご機嫌で踊っていました。
私はその日、歯医者に電話するのが恐くて、不安で凹んでいたのに・・・「インナーセルフ」も自分なのですが、まったくそのあたりの気持ちは一緒じゃないのですね~。


歯医者というのは・・・・明日朝から行う親知らずの抜歯のことです。
右側を抜いてから5年。恐くてず~っと避けてきましたが、近頃マメマメと歯茎が腫れるので、観念することにしました。

この「親知らずちゃん」は疲れるたびに思いっきり腫れ、散々私を苦しめてきましたが、実はカジュと出会うきっかけをくれた存在でもあります。

4月から無職になり5月に体調最悪で、奥歯の腫れで熱まで出てきて、心身共々ぐでんぐでんになり、『もーやだ~!!カジュ助けてくれえ~!』と私はその時、心理的に何かを放おりだしました。

現実の全てを、自分でコントロールしようと必死に掴んでいた何か一個を・・・手放したのでしょう。

放おりだして、着いたのが宇宙の果ての恒星の羽根(フレア)の上だったのはおかしすぎましたが・・・。(爆笑)(詳しくは「めぐりあい…カジュ!」

怪我や病気は厄介なものではありますが、頑固な意識を変化させるには、非常に役に立ちます。
その頑固さは、自分を守るために、気がつかない内に身に付けてしまった精神の防弾チョッキです。

防弾チョッキの重さで身動きが取れず、心が頑なに成っている時に、本来の自分に立ち戻るために、怪我や病気はそれらを一気に変化させてくれることが多いようです。

変に偉そうな男の人が、病気をして無事退院して戻ってくると、凄く人当たりがやさしくなっていたのに何回か出あったことがあります。(周りの人への感謝が人を変えるのかもしれませんけれど)

・・・・かなり話が脱線しました。
ともかく今回の抜歯は、カジュがそば(胸の上)で見ててくれますしね!一人だけど一人じゃなないのは幸せなものです。


歯医者電話前

見えようが見えまいが「インナーセルフ」は各自一人一人のそばに居て、愛情深くいつも見守ってくれている存在です。


『カジュ!抜歯が終わったら二人でサーティーワンのアイス6種類(←もう買ってある)食べようね!』
『ぴちゅ~
(私もかな~り食いしん坊!(笑))




スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/83-e3a53520