08

ハイヤーセルフとインナーセルフの違い その1

前回連載していた、「喜ばせられない」の4コマシリーズを描いてみて・・・

ハイヤーセルフのパワーがインナーセルフに通じて、どういうシステムで、どの段階で、どう叶うのか、叶わないのかというのを、マンガに出来ないかな!と思ったのが今回の4コマシリーズです。(今回は気が向いたらの不定期連載にしま~す)

またまた、うまく表現できるかどうか…チャレンジという見切り発車ですが、お付き合い頂けたら嬉しいです♡
(4コマ狭いし、かける文字数少ないので難しい・・・今この形で描くのが楽しいので続けてみます)

神の力、出力強め!


ジャグジーではありません(笑)

ハイヤーセルフの蛇口がインナーセルフだったのか・・・。
描いてみて出てきた言葉に驚いた私です。(←オイ笑)
自分で書いているにも関わらず、「へええっ!」ててびっくりすることがあります。

ブログに書きだすことで勉強している感じがあると、以前も書いたかもです。
私の場合、文章においては、PCでキーボードで打つほうが自動書記っぽくなるみたいです。

シハさんのおかげでしょうか?(シハさん頷いています(笑))
ありがとうねシハさん♡

映像やセリフは、もちろんアナログ落書きですけどね。
左脳的知識や分析等はブログの方が書きやすいので、アナログで文章を書くことはありません(漢字が出て来ず、スラスラ文面を書けないのが一番の問題なのだと思う)。

この記事を書こうと思ったきっかけは、ブログに頂いた非公開のコメントと、最近読んだマンガです。

この非公開コメントは、とても公開したい素敵なご感想&内容だったので、お伝え出来ないのが残念です。( ;∀;)

量子って、オーバーソウルのエネルギーの事だったんですね・・・
切っても切れない、常に繋がっている、という感覚・・・それが良く分かりました


とコメントいただきとても嬉しかったです!!
いな様、ありがとうございました☆(髪結いのインナーセルフ、ブルーさんの事もちゃんと覚えておりま~す!^v^/)

それにしても三次元世界を顕現させている神の力、己の創造エネルギーのパワーを、この頃ハイヤーセルフって言わなくなってきましたね。R館ではまだハイヤーセルフって言うてますけど~(笑)。

今はオーバーソウルと呼ぶのが主流なのかな?
(どうせ同じ作用のエネルギーですので名称はどっちでもいいと思います←基本ユルイ)

そして先日大好きなマンガ家さんである紫堂恭子さんのマンガが全巻揃ったので、仕事が休みの日に、やっと全巻一気読みしました。



10巻の中の5巻だけが、いつまでも入手できず、『読めないよお!うえええん><。。』と思っていたのですが、1月31日獅子座満月に京都にて、やっと手に入ったのです。(古本でパラパラ買うとこんな苦労をすることになる)

過去作品は、カナリ秀逸なスピリチャルテーマなのが多かった紫堂さんの作品の中で、この作品は一番スピリチュアル臭くない。ファンタジーだけど、普通の冒険ものっぽい話だなと思いつつ楽しんでいました・・・が!!

最終巻で、怒涛のスピリチュアルテーマ全開の描写になって、まあ驚きました!!
(今回は作中であまり伏線が敷かれてないか、敷いたのに、いまいち活きていないのかな?)





ネタバレOKな方だけ読んでください(笑)








・・・わああ!!人間に備わった神の力(ハイヤーセルフの創造性パワー)の話だ!
そのテーマだったんですか?!めっちゃ難しいテーマに挑まれたんですね!!
本当、マンガって、やはりどうなるのかが視覚的に伝わるので、よくわかるわ~!!・・って思いました。

私が今回4コマで描いた、2コマ目のハイヤーセルフエネルギー直の状態の大変さがめっちゃ描写されています。

そういう意味では、最終の10巻だけ一回読んでみて頂いても面白いです。
(この作品のファンの方々、大変申し訳ありません、とっても邪な読み方しております m(_ _)m)






自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ


人気ブログランキング

Facebookでも日常の小ネタをUPしたりしております。→R館フェイスブックページ※アカウントが必用です。m_ _m
R館☆Riko pixivページ→http://www.pixiv.net/member.php?id=20058923
※こちらはご覧になれますが、拡大表示にはアカウントが必用です。m_ _m


↓拍手画像が「カジュ☆オラクル」になっていますv
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/739-fc5c643e