05

喜びも悲しみも…

「私達は他人を喜ばせたりできない」シリーズの「おまけ」を描いてみました。

「私達は他人を喜ばせたりできない」シリーズ→その1その2その3その4その5

最近私と言えば、自分自身の一番深い恐怖と対面中。(´・_・`)
内側のブロック、絶賛デトックス期間で、個人的なシリアスな話を、毎日脳内で分析し、こねくり回しているので、「悲しみ」についての解説に脳を使う氣力が残っておらず、な~んも説明を書いていませんが、お楽しみいただけたら幸いです。(苦笑)

シリアスな話なれど

シリアスではいられない大阪人

「悲しみ」も自分が意図して他人の中におこすことは出来ないのか?
「喜び」と扱いが一緒なのかを、シハさんに三回以上、同じ質問をしてみたけれど、返事はYES(できません)でした。

「幸せ」は「喜び」とは、またちょっと扱いが違うって話でした。
(現在これも分析放置中)

欠乏(悲しみ)がある所にこそ、満たされた(喜び)が生まれる・・・これこそ三次元の醍醐味なのですねえ♡
(この楽しみを満喫しに、生まれることを選んだ人全員、変態なのかも~!?(爆笑))

シハさんは真面目な話しかしていないのに・・・こんな風に描いちゃった\(//∇//)\
それにしても、シハさんは背広眼鏡が似合う~♡(←それが描きたかっただけ)




自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ


人気ブログランキング

Facebookでも日常の小ネタをUPしたりしております。→R館フェイスブックページ※アカウントが必用です。m_ _m
R館☆Riko pixivページ→http://www.pixiv.net/member.php?id=20058923
※こちらはご覧になれますが、拡大表示にはアカウントが必用です。m_ _m


↓拍手画像が「カジュ☆オラクル」になっていますv
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/738-50dc5edd