25

創造主と被造物 前編

先日、「Re:CREATORS レクリエイターズ」というアニメを観ました。【公式ページ
(アニメレビューだけど・・・ブックレビューカテゴリです(笑))

アニメ自体は、本放送されていた頃に観たことが無く、いま私が好きな作曲家が音楽を担当していたようで、YouTubeで音楽がUPされていたのを見つけ、それをかなりヘビーローテンションしていたのをきっかけに、先日そのアニメを観始めました。

イラストリーディング編集作業中、脳内が暇だから流すという感じで観始めました。(編集作業の画面見ながらなので、ほとんどラジオドラマ状態で観れませんが・・・アニメ制作している人にとっては超失礼な観かたをしてます、ごめんなさい><;(笑))

以前一度、同じ作曲家がBGMを担当していた別のアニメを観た時、それが私的に超おもしろくなかった経験もあり、まったく期待はしていませんでした(笑)。
絵も美しいし(作画崩れが少ない)、曲は最高だったのに、悲しかなストーリー設定に興味がもてず、キャラの誰にも魅力を感じなかったんです!(^ワ^;

レクリエイターズは2017年春アニメだというのに、この画像(一枚絵)をみて、「異種格闘系のアニメか~」と思ってたのか、すっかりオミットしていたようでした(笑)。

異種格闘技系みたいで見なかったみたい

「戦いモノも戦闘シーンが長いと、うっとおしいのもあるので、流し見には最適だ~」ただ、戦闘モノにしては、タイトルが妙だなと思いました。

なんでクリエイターって付くの???

戦闘して何を創るというのだろう??観始めて第一話で、理由が分かりました。

簡単に言うと、本やマンガ、小説の中の架空のお話のキャラクターたちが、創造主(作者)の所に「オレ達を創った神様!この悲惨な人生を何とかしてくれないかな!!」と文句を言いに来る話だったのです!!(爆笑)

物語の中のキャラからしたら、三次元に居る私達が

キャラクターたちの人生を、どのようにも創り出せる

ハイヤーセルフみたいな存在であり

創造主で神様なのです!!(笑)


それがね、ギャクじゃなくて大マジで、シリアスな話として展開して行くのが、とても面白い。
別に「正解するカド」みたいな、まじスピリチュアルアニメではありません。

彼らの人生(小説やマンガやアニメの登場人物の人生)を、簡単に改ざんできないとなったのか、自分が創作したキャラに殺された神様(創造主=作家)もいました。(TワT;;

神様って言っても、この三次元のただの小説家やマンガ家やアニメ制作者ですので、超能力も無いただの人間。

でも、物語の中からやって来るキャラjクター達は、空も飛べるし魔法も使える、異能力もあるので、そりゃあ…あっさり運動不足の創造主様なんて殺されてしまうんですよ…(爆)。

話全体の大筋は、この創造主が居る世界(小説家、マンガ家、アニメ制作会社等)と、想像された世界(アニメ、マンガ、小説の中の世界)を全部を滅ぼそうともくろむキャラが現れ、それを悪として戦う話な訳ですが・・・

そんな単純な話では無く、いろいろ感じ考えさせられるアニメでした。

という訳で、流し見した後、もう一回、全話ちゃんと観なおしました!!
作画も安定し、音楽はちょっと贅沢すぎるんじゃない~!?ってくらいだだったし、真面目に観ないともったいない!(笑)

ネットでの評価は、「超駄作」というのと、「すげえイイ!」というのと、真っ二つに割れていました。
それというのも、クリエイター(物を作る、絵を描く、物語を作る)人間にとっては、その苦悩が丁寧に描かれ、挫けず創作していくための励ましの言葉が作中多々あり、私もずいぶん助かりました。

その辺が、クリエイターでない人が見たら退屈だったのかもしれません。^v^

後編は、私がスピ的な視点で、すごく興味がそそられた点を書いてみます。
感じたことは、なんだかハイヤーセルフ関連が多いので、後編はカテゴリを「ハイヤーセルフ」にしています(笑)。

長くなったので、つづく



自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ




Facebookでも日常の小ネタをUPしたりしております。→R館フェイスブックページ※アカウントが必用です。m_ _m
R館☆Riko pixivページ→http://www.pixiv.net/member.php?id=20058923
※こちらはご覧になれますが、拡大表示にはアカウントが必用です。m_ _m


↓拍手画像が「カジュ☆オラクル」になっていますv
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/714-4cdbf2cc