31

【インナーセルフ】

【インナーセルフ】

肉体に密接な高次の自己。生まれてからこれまでの一切の記憶全部を持ち、直感(第六感)を通じて話しかけてきます。
私たちが「インナーセルフ」を認識していようがいまいが、肉体や感覚、色々な事象に働きかけて、メッセージをもたらしてくれたり、助けてくれます。
(例えば、起こして欲しい時間に目を覚まさせてくれる。)

また、「ハイヤーセルフ」や「ガイド」、他人の「インナーセルフ」等とも連絡を取り、無限の情報網を持っているようです。

でも、かなり「インナーセルフ」の声(直感)は小さい上に、自分の思考と区別が付きにくいです。
質問をしてみて・・・(名前が解っていればその名前を呼んでから質問。)
「ふと・・・思い浮かんだイメージや言葉」に注意してください。「ふと・・・」それがインナーセルフの声の可能性があります。

「繰り返し浮かんでくる考え」「したい事」「やたらに目に付く」「やたらに耳に付く」等、それらも「インナーセルフ」のお知らせです。
彼らは私たちが、より良く幸せになることに関しては、諦めることを知らず、超~しつこいようです。(愛!(笑))
ただ、正しく直感を受け取っているかどうかを知るには、地道に自分でいろいろ試して記録するしか、良い方法がありません。(^^;))

下丹田のあたりにホーム・・・「インナーセルフの部屋」があります。
部屋といっても、人により様相はさまざま。庭だったり、宇宙だったり本当に室内だったり。
私はこの部屋のことをブログ内で、「インナースペース」と書いていたりします。
下丹田のあたりが、4次元ポケット的な繋がり方で、アクセスポイントになっているのでしょうね。

あと、本人の意識が変わると(?)、インナーセルフの姿が変わることがあるみたいです。
大きな変化は無くても、洋服が変わったりしますし・・・ウチは、出会って数日後に分身が出ましたしネ。

人により、インナーセルフの感じ方、認識はさまざまのようです。

感覚型・・・肉体で感じる。
(お腹の辺りが引っ張られるとか、内側がモゾモゾする感覚で知らせる、勝手に体を動かされる、観て欲しい方向に向かされるなど。)

聴覚型・・・声が聞こえる。
(内側から聞こえる言葉のほか、ふと聞こえてくる歌の歌詞、ちがうシチュエーションで何度もくりかえし耳にする言葉とか)

視覚型・・・姿が見える。
(幻みたいな姿が見える。その幻が全部ボディーランゲージで伝える。)   

モチロン混合も有ります。


《私のインナーセルフの紹介》

名前は「カジュ」、私達の住む銀河から遠く遠く離れた宇宙空間に浮かぶ恒星(太陽)です。

半人半鳥の姿で宇宙空間に正座。(笑)(ブログ内で「大カジュ」「元カジュ」と書くことがあります。)

大きさがただ事ではない、地球の太陽なんか及びも付かないほど大きく、その羽ばたきはワープ航法っぽくて、宇宙をあっという間に渡ることが出来きます。

連携プレイ2

現世には分身を出して、「ちびかじゅ」の姿で出現。

図書館に行こう3

付録:「ちびかじゅ」のぷろふぃーる(笑)

大カジュの居る宇宙に帰らないと、電池が切れる元気が無くなる。

好な食べ物は「卵・鶏肉」「緑の野菜」「果物」「梅干」その他たくさん・・・。(食神か?と言われた…。)
嫌いな食べ物 、「唐辛子」「キムチ」「カレー」「スナック菓子」「ハンバーガー」、それに「お酒」にも弱い。

あと、踊るのとお風呂が大好き!


2011年5月からこのブログはカジュとのコミュニュケーション記録になっています。


「用語マトメ」に戻る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/59-dedba934