30

Masamiさんの本が出版されました!

3月に、オルゴナイト作家等でご活躍中の

Masamiさんの本が出版されました!!!




その本に挿絵を描かせて頂きました~!m_ _m


Masamiさんは、幼い頃から霊感的なものがあり、大人になってからも、宇宙人や異次元の飛行物体に出会うという珍しい体験をたくさんなさっています。

その話がこの本にはいっぱい書いてあります。

特に、霊感なし、宇宙人にも会ったことが無い私にとっては、口があんぐり開いちゃうような、・・・ビックリするものばかりです!
((゚д゚))

確か昨年9月か10月頃に、ご依頼を頂いたのですが・・・・・
そんな不思議話に対して、どんな絵を付けるのか詳細に相談しました。

(詳細とは、どんなコートを着ていたとか、どんなスカートだったの?とか、ヘアースタイルなど細かいこと・・・男だったらちょいとストーカーっぽい質問ですね(笑))

スカイプカメラを使い、お話を細かく聞き、Masamiさんが描いたラフを、その場で私がざっとスケッチに起こし、OKを頂いてから描きましたので、異次元な飛行物体も、けっこう正確(?)に描けたかと思います(笑)。

↓ これが住宅地の上を飛んでいたそうです。

ガラクタではありません(笑)

そんな不思議話というのは、Masamiさんがなさっているスピリチャルお茶会などでも聞けますが、いかんせん言葉というのは、各自受け取った時に、別のイメージが付加され、尾ひれが付く可能性もあるようで・・・

Masamiさんのペットのワンちゃんを見に、幽霊さんが床からひょこっと首を出す話があるのですが・・・・

生首じゃないんです(笑)

別の方から、そのお話を聞いた時に「血まみれの生首」という、「血」がプラスされていたのでちょっとビックリしました!!(笑)。

その幽霊さんは、ただ犬を見に来た、犬好きな人だっただけで、生首に見えますが、床下には身体もきっとあるのでしょう。
だから正確には、生首ではありません(笑)。

地面にある首=生首

という言葉には、昔から怖いイメージがつきまとっています。

文章&画像化しないと今までの既成概念的なイメージが、知らない間に加わってしまうこともあるのですね!!(爆笑)

この本では、Masamiさんの幽霊に対する優しい視点が読み取れ、
幽霊怖い、嫌いの私も、「見えても別にいいかな~」と、血迷う瞬間がありました(笑)。
(見ませんけどね・・・(゚⊿゚))。

もちろん、この本にはそんなびっくり体験だけでなく・・・

スピリチャルとの付き合い方・・・その大事なポイントが書いてあります。

Masamiさんのその文章から出てくる言葉は、私の考える自分中心の考え方と同じで、とても共感いたしました。
やさしい言葉で書かれているので、す~っと入ってきます。(^v^/

Masamiさんも、自分のハイヤーセルフ達との付き合いが長く、「うしろの声」を聞き、自分の人生に活かしておられる方です。
(「うしろの声」で、スピリチャルセッションもしておられます)

スピリチャルな世界は特に、「見えない世界の情報を、見えない人に渡す」という側面があるので、どうしても他人からの導きに重きを置き、頼りがちです。

そのメッセージから世界が開かれる一面もありますが・・・・
おんぶに抱っこで、すべてお任せで、導いてもらうものではありません。

今までに無い方向からのアドバイスは、託宣めいて、
何か当たると、その人の意見が全て正しいと感じやすいものです。

でも・・・
いくら凄い霊能力者がなんと言おうとも

高次マスターがなんと言おうとも

天使がなんと言おうとも

それらの意見は、自分がしたい方向にむかうキッカケ、

推進力や応援団に過ぎません。


現実世界で、自分を動かす羅針盤は、自分の気持ちであるということだけは、しっかり心に留めて置きたいものです。
だから自分自身の本当の気持ちは「何か?」をいつもインナーさん達に話しかけ、問うていかねばなりません。

そのためにも、インナーセルフやハイヤーセルフと付き合い、
自分の内側の願望を聞き、眺める視点が必要だと、また気づかせて頂いた本です。

Masamiさん、素敵な本に挿絵を描かせて頂く機会を頂きまして、本当にありがとうございました!(^ワ^/



Masamiさん→ブログ  

Masamiさんのオルゴナイト販売HP→HP 





自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ




Facebookでも日常の小ネタをUPしたりしております。→R館フェイスブックページ
※個人ページなので観るには、アカウントが必用です。m_ _m
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/572-3ff64125