19

「苦」と「至福点」 その1

11月の仕事が少ない時、不安でジタバタしていた私に、陰陽マーク(太陰図)に連なるサイン・・・・「変化こそ普遍」というサインがまだ続いていました。

その頃、親といえば本で読んだ「ブッタの教え」に影響され・・・

『生きている間は苦は避けられないのよ』

『すべては諸行無常、変わらないものは何もないんだから、また仕事も来るんじゃない?』 と言うのです。

無宗教の家なのにイキナリ仏教徒っぽい言葉?!?
『わかっているわよ、やかましいなあ!!(♯`∧´)/』
(慰めてくれるのは判りますが・・・身内が言うと素直に聞けないのは何ででしょ?(苦笑))

ただその「諸行無常」のサインは親からだけではありませんでした。「変化こそ普遍」という言葉を1日に5回ほど、いろいろなところから見せられたり読まされると、流石に素直に聞くしかありません(笑)。

「ザ・マップ」だけでなく、カジュやサンダルフォンさんには、まだ導きたい先があるようです。
「何を分かれといってるのだ~~~?」と問い続け、ネットで「苦」を調べたりしました。

ウィキペディアによると、ブッタの説いた「四苦八苦」は
人間が避けることの出来ない、この世での4つの苦悩で・・・

「苦」とは、「苦しみ」のことではなく

「思うようにならない」
ことを意味する。」と書いてありました。

皆様の「苦」とはどんなことでしょうか?

好きな時に好きなことが出来ないこと?
欲しいものがスグに手に入らないこと?
大好きな人に大好きと言ってもらえないこと?
自分や大好きな人が傷ついたり、消えること?

生き死にに関わることや事故事件、病や障害などの「苦」は、想像が及び安いですね。
でも、そんな大それたことでないことでも・・・

自分の期待どおりでないと

すぐに人間は「苦」を感じるというわけです(TワT。


(親のブログにある「苦」についての記事→「怒りと無常」その1その2

私の11月の状況を例に言うと・・・・仕事が少なかったのが不安で「苦」。
仕事が来たら・・・安心して生活出来るから「楽」ということになります。

その繰り返し。

変転する運命の輪

この運命の輪の上下に巻き込まれていると

一喜一憂という言葉どおり

私達は生きているあいだ

永遠に「苦」とオサラバ出来ません。


「苦」が嫌なので私は、「さて、どうしたもんか?!」と答えを探しました。
(11月だけではなく、今までく生きている間・・・この答えをずっと探していたような気がします)

昔読んだ、何冊かの本に書いてある共通の言葉。
おそらくそれがその解決法ではないかな~と、なんとなく思うのですが・・・

何があっても、すべてハイヤーセルフが与えたこととして受け取る・・・・受け入れること

「ハイヤーセルフが与えたから、全部受け入れよう」・・・
この言葉を、「そうか~!!」程度の左脳的に理解した所で、心が受け付けません(笑)。

情報は、三次元体の肉体感覚で「腑に落ちる」所まで来ないと、本当の意味では使えないのです。

「腑に落ちる」という言葉はおそらく

インナーセルフ感覚との、完全同調。


インナーセルフ感覚とは、「自分の高次意識(インナー&ハイヤー視点)と同調した
高い視点から現実を見て感じる」ということなので、完全な安心感が得れるのでしょう。

ハイヤーセルフとは、高い視点での自分自身なので

ハイヤーセルフ=自分です。

ということは、全て自分が与えたことになるんですけど・・・


「ハイヤーセルフが用意してくれたことだろうが、受け入れられないこともある~!!」
「こんな出来事はヤダヤダヤダ~(子供か?!)」とエゴの部分は叫びます。

傷ついたエゴである、いわゆるゴブリン達が騒ぐわけです。

神様(大いなる存在)が与えた運命や試練」という感覚は
集合意識の中に、旧態依然として根深く残っています。

この感じ方の世界では・・・

そんな運命を与えたハイヤーセルフが加害者で

自分が運命(ハイヤー)の被害者になってしまいます。


二元性の世界では、善悪があって、加害者と被害者が居て
めぐる陰陽の変転に巻き込まれ、上がったり下がったりしたままです。
(善悪は、人間の各文化が、思考で構築したマーヤ(幻想)の世界)

太極図

ワンネス感覚(非二元)では、良い悪いも無く・・・
被害者も加害者も、全部私という、トンデモナイない世界です(笑)。

今生きている二元性の感覚と、ハイヤー視点のワンネス感覚の話のあいだで、私達は混乱します。

これは感覚なので、自分自身がピンとくる象徴で語ってくれる文言に出会うまでは
どんな偉大な賢者の言うことでも耳に入らないような気がします。(苦笑)

「変化こそが普遍」であるこの現世での「苦」と、どう付き合うか?受け止めるのか?
私達にもたらされる喜びや悲しみの物事を受け入れる方法は?!

「苦」の扱い方を探っていく中で、ジョーゼフ・キャンベル著「神話の力」の中の文章に
「至福点」の情報を発見したのは、11月の一番の僥倖だったのかもしれません。(^v^

その2」につづく


自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ



フェイスブックも始めました。
日常の小ネタをUPしてます。→R館フェイスブックページ
※個人ページなので観るには、アカウントが必用です。m_ _m

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/529-e51ae9d4