15

まあるい私を思い出すための本 13

一年ぶりのブックレビュー記事です。
そんなに書いてなかったとは・・めっちゃっ本読んでな~いみたいですね?(笑)

気持ちの行き詰まりを感じる時など、カジュに本屋巡りに連れだされ、つまみ食い的に立ち読みをします。

そんな時、悩んでいる私にとっては天啓のような素晴らしい一文に出会ったりしているのですが、書名、著者名、全部記憶にないという・・・。(=ワ=;;(出版業界にはたいへん迷惑(笑))ごめんなさい、そして、いろいろな本の著者の方々ありがとう!!

近頃、買って家で読んだ、引き寄せの法則で有名な奥平亜美衣さんの本のご紹介です。
公式ブログ→コチラ

5月だったかのある朝、親から「この人の引き寄せ解りやすいよ、読者登録したから読んでみたら~」と言われた丁度その夜、アメーバーのR館コミュニティでも、「読んでみて欲しい面白い本があるんです」と薦められ、その共時性にビックリしたことを覚えています。

薦められた本は、出たばかりの新刊だったのですが、珍しくYahoo!オークションで見つけたので入札。
でも落札できなかったので、またどっかで立ち読みしようと思っていました。

本がコレ以上増えるとヤバイし・・・・・薄い本だと、大抵ざっと立ち読みで読めるので、その中で、繰り返し読んだり見たりする必要があると思った本を買うようにしています。

そんな感じで、急いで買う気もなく放置していたのですが・・・
一週間もたたない内に、ふらりと寄ったブックオフで二冊、美本がお安く並んでいたので購入することにしました。

出会いからの一連の流れといい、なんの努力も労もなく手に入る感じは、どうもカジュがそのタイミングで読ませたかったんだろうなと感じたので素直に従いました。

「お金の本」は、そのまま、お金の本。



「引き寄せスパイラルの本」は、自分を愛するための実行本ぽい感じです。



一冊におよそワンテーマだからか、正直・・・・一冊中、繰り言を聞かされている感じがじて、私的には読みごたえがなく感じました。

だからこそわかりやすさは100%!!
(褒めてないように聞こえます?・・ファンの方は気を悪くなさったらごめんなさい)

彼女がおっしゃっているのは、とてもシンプルなことで、おそらくこれは引き寄せの真髄なのだろうなと思います。

奥平さんが言う引き寄せの力の秘訣は、ただ一つ。
超シンプル・・・常に、自分を幸せな気分に保つこと!

奥平さんのブログには、引き寄せの力=ハイヤーセルフの創造の力(神の力)のことだと書いてありました。

その力に同調し、幸せな人生の流れに乗るには・・・

「同じ波動の物が引き寄せられるので

問題に意識を向ける時間を減らし、自分が気持ち良いことや楽しいこと

幸せなことだけに意識を向けましょう~」ということ。

この考え方は30年前から、マーフィーの法則「思考は現実化する」に始まり、バシャールやオリン、ありとあらゆるスピリチャルな本でも、散々言われてきたことで、内容は一切変わりません。

なぜ、高次存在をチャネリングする人たちが言ってきた知識が、実生活で活用されず、未だその貴重な情報や引き寄せの法則が、あまり使われていないか・・・・?

*宇宙視点での情報を、地球にはうまく表現出来るほどの言語体系が出来ていない。
 どの地球語に翻訳してもかなり、イメージを表現することに対しての制限を受けているということ。

*私達の価値観では、すぐに理解出来ない視点での高度な情報まで、チラチラと入れすぎてしまっていること。

*そんな感じで情報が多すぎると、読むほうが情報をしっかり理解できず、受け取れない内に次のセンテンスを読んでしまって、前の情報を忘れてしまう。

*私達は重々しい表現、難しそうな事が書いてあるものの方が有り難いような気がして、チャレンジしたくなるから。(知識欲だけで読んでいる)

*べつに必死に理解して実行しなくても、適当に幸せだから、もしくは思考習慣を変えるのが大変で、めんどくさい。

など、いろいろと理由が考えられます。

奥平さんの本はその点、退屈なほどシンプルなんです!(これは褒めてます)
まったく目新しさがないとはいえ不思議なのことに、簡単そうで実行しやすく感じるのです。(笑)

そしてまた7月に別の買い出しに行った時に、ブックオフにて入店5分後に目に入ったこの本・・・
これ以外に欲しい本も見つからず、購入してきました。(^ワ^;



この本は、出版社自体が怪しい本(笑)をいっぱい出している「ヒカルランド」なだけに、真っ向スピリチャル観点からの説明が多めです。

内容はざっくり言うと、「人が幸せに成ることにとって、不要なものはなにか?」という本だと思いました。

先に波動の話を書きましたが・・・その法則では

楽に人生を望むままに生きるには

「幸せ気分」になってしまうことと

それには嫌な事象を意識に入れる時間を

できるだけ減らすこと。


私達は日々の善悪判定、戦争や、犯罪、自殺、原発、環境問題や政治家の汚職など・・・・
心配や不安、不愉快なことなど意識に入れっぱなしです。
これらについて考えを巡らすことや、どう受け止めて行けばいいかが、この本には一つ一つ丁寧に書かれています。

それらの問題を意識に登らせないようにするために

「この世ではスルー力(するーりょく)が試されています」

という言葉が一番印象に残りました。


そうか、スルー力・・・世界の問題や犯罪、不安、ネガティブ情報は自分の物事とせず、常に楽しいことで思考を満たしていたら良いんだ・・・。
(※でも自分の感情はスルーしたらヤバイですから、そこはスルーしないでくださいね(^^;>)

そして、自分が今何を考えているかにだけ気をつけていたらいいのね!

さ~実行するぞ~~~(^ワ^/

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・いっこもでけへんやんけ!ビシッィ!!Σ\( ̄ー ̄;)。

『する~~りょくうゥゥゥゥゥ~』

と、100tのバーベルを上げるくらいの重さ、動かなさです(笑)。

ネガの方に意識が・・・戻る戻る(苦笑)

実は、私達のエゴは習性として

「問題をスルーするのが大嫌い」なのだと

気が付きました・・・・(爆笑)


そっか~あはははは!、だから、どんなけ本が出まくっても、私達は思うように引き寄せ出来ないんだ~。

そのエゴの習性に気がついた話に、つづきます。




自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ



フェイスブックも始めました。
日常の小ネタをUPしてます。→R館フェイスブックページ
※個人ページなので観るには、アカウントが必用です。m_ _m



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

R.K.
スルー力。自分の中でも大きな課題でした。「嫌なことは考えずに、望む事だけを考えよう」と何度も思っているのに、不安や疑念で何度もぶり返し、そんなことを繰り返してくたびれて、より一層ネガティブになったりしていました。

要するに「手放す」じゃなくて「抑圧」の状態になってしまっていたわけです。

「インナーセルフやハイヤーセルフ(自己)がとっても頑張ってくれるのだから、結果はどうであれ信じ続ける」と宣言してからは雲散霧消しました。
2015.08.16 21:21
Riko
R.K.様コメントありがとうございますv

どの新しい考え方でも同じですが、どこまでスルーしたらいいかの

最初は力の入れ加減が判らず、スルーが抑圧に変化しちゃう感じはとても判ります。

脳でのへんな小細工より、信頼し委ねるのが一番・・・なのでしょうねv^ワ^

2015.08.17 10:55

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/490-d085b8bd