06

ここみて・ちゅんちゅん

のっけから後姿で失礼いたします。
先日の日曜、ブログ更新中、突然カジュに『古本屋に行こうと』誘われました。

モンローウォーク

その古本屋の店内を歩くちびかじゅの後ろ姿・・・尾羽の振りっぷりがモンローウォークのようだったので絵にしてみました。お尻フリフリ歩くのを静止画で描くのは、なかなか難しいですね!
動画でお送りできないのが残念です。(笑)

んで、いつものように楽しそうに歩いてるな~と見ていましたら・・・今回は目的があったようで、私がついて来ているか振り返りながら歩いているのです!?!

古本屋にて1

『これは落ち着いて読めない・・・』と、先にカジュについて行くことにしました。

古本屋にて2

途中店内を浮気見をしながら、『どこに連れて行かれるんだろ~?』とウロウロして着いたのは、非常にシブイ本で埋め尽くされた所でした。
日曜日だと言うのに、店の人は、誰もこの棚を見にこないと思っているのか、未整理の本が段ボールに入れられ、2個も置いてある始末。(苦笑)

古本屋にて3

心理学とか興味がないわけではありませんが、めっちゃ専門書ばかりです。
見慣れない、ユングクラブ編集の「プシケ」とかいう心理学専門の雑誌まであります。
・・・・こんなところで何を見ろといわれているんだろう?!

『まさか、今読んでるドイツの神秘哲学者ヤコブ・ベーメの他の本があるのかな?(ワクワク)』と見回してみました。
ベーメ関連の本は、ドイツ哲学者を何人か集めた学術書のような本が1冊だけ。でも『欲しい本ではないな。』と棚に戻しました。

よく、天使とかが・・・今必要な本を、頭に落としてくれる話など聞きます。
『カジュも頭に落としてくれたら楽なんだけどな~。』
(美本が好きなくせに、よく言う・・・。(苦笑))

とりあえず、『著者は誰』とか先入観を持たないようにして、カジュにどこの棚なのか、仔細指示してくれるように尋ねました。

古本屋にて4

古本屋にて5

段ボールが置いてあるそばの超~見えないところに好きな雑誌がありました!
(そりゃこんなに低いトコロからでは頭に落とせないね(笑))

その古本屋には、「幻想文学」が、他の棚・・・・「ユリイカ」や「現代思想」などと一緒に並んでいましたので、まさかこんなトコロにまであるなんて思いもよりませんでした。

カジュの指定した棚をよく見回してみたら書評系だったので、あっても不思議はないのですけれど・・・いやはや、びっくりです。
その上、こちらに置いてある本のほうが300円も安く値札をはってあるのです!
(ワンコインでは普通「幻想文学」の古本は買えません。)

幻想文学

内容がまたシブイ!日本の幻想文学・・・はっきり言って、今まで興味があまりない分野です。
だからか、33号の方は面白かったので『買おう』と思いましたが、29号は33号とほぼ似たような内容だったので『要らないでしょ~?』と散々カジュと話合いましたら、『要る』と言うので結局買ってしまいました。(笑)

日本の幻想文学といえば、泉鏡花の名前が有名です。でも太宰治や坂口安吾まで?・・・それらを読めと言われているんでしょうか?カジュのお勧めはシブイなあ~。


本との出会いは不思議なものです。
先ほど話しに出ました、今読んでるヤコブ・ベーメの本は約20年前に買った古本です。

ヤコブ・ベーメ

ヤコブ・ベーメは無学な靴職人で、25歳の時に、突然神秘体験をして哲学書を書いたような人です。キリスト教どっぷりで育って、『神は無』だと説いた、めっずらしい西洋人です。
文章はざっと読むと、哲学的と言うより、ほとんど詩だし、ぶっ飛び過ぎてついていけない内容だったので、まったく読んでおりませんでした。

読めないのにどうして買ったかと言いますと・・・なぜかあの頃「ヤコブ・ベーメ」と言う名前が、頭の中でヘビーローテーションになっていたからです。

本屋に勤めていましたから、いろいろな著者の名前を目にすることが多く、それに、常にマンガキャラ用の珍しい名前を探していたせいもあり、名前には興味がありました。

ただそこは、町の小さな小さな新刊の本屋さんでしたし、ベーメ事態が古くて、特殊な本でしたので、置いてもなかったし、注文することもありませんんでした。
だったらどこで見たのか?どうしてその名前が頭に張り付いているのかが、その時から謎でした。

ベーメの著書があったということが衝撃で、この本は買いました。
だから読まなくても、本棚にあるだけで満足だったのです。

でも内容も興味深そうだったし、ずっと読みたいと思ってたんですよ!
そうして今頃やっと、読める脳になったようです。(笑)


そんなこともあり、今回買った本も、いつなんどき私の身になるかは解りません。
(すでにかなり楽しく読んでますけれど・・・)
カジュの選んでくれた本が、役立つ日が楽しみです!ありがとうね!カジュ






スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/48-0ae64c21