21

ハイヤーセルフ【行き道編】 虹の道

ハイヤーセルフの行き道が、「虹の道」の場合のお話しします。

親の行き道は「虹の橋」でした。
最初、インナーセルフの竹ちゃんは、ウネった虹の長い道をテクテクと歩いて行っています。

とても大変そうです・・・遠くて苦労な感じ。
この段階では、親にとってハイヤーセルフという存在は、まだ絵空事で身近では無いことを表している感じです。

二回目の訪問時、虹の橋は自動道になりました。
顔を見たせいでちょとは身近になったかな?(笑)

竹ちゃんとハイヤーさんへ1

「虹の道」は親のセッションの時に初めて見たパターンです。
シハさんのくれた情報どおり、「親の人格面とは何なんだろう?」と私は考えてみました。

虹・・・・多色・・・多彩?→多才?

確かに私の親は結構何でも出来ます。(自慢じゃないです・・・(笑))

なんでも出来るというか、なんにでも興味を持つ・・・
悪く言うと、とっても気が多い人間なのです。

今までの人生、いったいどれほどのことをやっては辞めてきたかを私は見てきました(笑)。

お琴に三味線(これは師範)・・・今は二胡。

陶芸に絵画、人形作り、洋裁とかもしていました。

手作り料理全般、漬物とか梅干しとか、お菓子づくりなど大体何でも手作りします。

日曜大工に棚とか、小さな家具も作ったり・・・

空手や太極拳やら・・・

健康やスピリチャル関係の本好き(これは継続してます)。

あとなんだろう・・・<@ワ@;>
とにかく、いろんなことに興味を持ち、だいたい短時間で習得するタイプ!

ついには、うちにお見えになるお客様に、買ったものまで「これも手作り?!」と問われるしまつです(笑)。

だけど親は私に、『いいわね~あなたは絵一筋でブレなくて!』と言うのですが、対して私は「気まぐれに時々描くだけで、うまく絵が描けるあんたに言われたくないわ!(=へ=#」と思います。

前世での努力習得したことや技術は、来世に持ち越せるらしいので、絶対親は前世で既に、これらの技術を修練したか、身に付けてきているに違いありません(笑)。

お互い無いものねだりの正反対の親子、そんな虚しい親子喧嘩はさておき(笑)・・・・と言う意味で、多色(虹色)なのではなかろうかと思いました。

「多芸多才。悪く言うと、何かを一筋に極めていくことが出来ない」

そんな自分の性質を、親自身はあまり良くは思っていない様子です。
世間では、一点集中することが「良いこと」とばかり、もてはやされます。

ただ、「虹の道」が表わす性質が、ハイヤーセルフへ近づく道(望む道)だったら、もしかして性質を一切嫌悪する必用はなかったのかもしれません。


そして先日ご紹介した、はるる様のハイヤーセルフへの行き道が・・・

親とほぼ一緒の虹の橋(自動道)だったのです!!

初訪 妖精の女王のようなハイヤーさん

「まさか!?」と思いつつ・・・・

失礼ながら事情を説明して、はるる様にも「多芸多才の傾向」があるのかをお聞きしてみました。

すると・・・・「そうなんです(*≧∀≦*) 」

とお返事に書いてあってびっくり!!

はるる様は、そんなご性質も全て繋がってきて、ご自身ではこれで良かったんだと感じておられるそうです。

シハさんの言うことが正しければ、それを認め行う生き方こそ、ハイヤーに至る道(ハイヤーが望む道)。今世の本道なのでしょう。

でも本道=使命的なものが、ハッキリと「コレコレこういうことをすることが、あなたの使命であり、輝くことです。」という感じではない気がします。

いろいろな人格面の複合的な気持ちや動機が相まって、あなたを導いています。

したくなったこと全て、「あれも、これも、それもなんて、私って浮気症だな」と自分を否定し制限することが一番の問題かもしれません。

私達は過程より成果・・・成し遂げることに異常に固執してしまいます。

世間的に目立って輝くことがなくても・・・それがどのように全てと繋がり、人生に波及するのか、3次元レベル(世間の価値観)では、その奇跡的な采配を測ることは不可能です。

親のお陰で、私もドコにも習い事にいかないでも、陶芸(めっちゃ手伝わされた(笑))や、幼少の頃は琴などいろいろ経験させてもらってきました。今も隣に絵の先生が居るような状態なので・・・デッサンの面では時々お世話になっております。(^人^

中高生の頃から読んでいたスピリチャルな本は、ほぼ親からの影響ですし・・・
私がこのブログを書き、現在この仕事をしているのも、多彩な刺激を与えてもらったからかもしれません(笑)。





自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ



フェイスブックも始めました。
日常の小ネタをUPしてます。→R館フェイスブックページ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/446-8d7b052f