31

夢の領域はすぐそこに

3月も最終日ですねv

先の「覚醒ピチュ」を書いていて思い出したことがありました。
それはカジュに会うずっと前・・・「スピリチャルな体験なんか一切ない」と思っている頃のお話です。

「寝ている時の夢領域が、起きている時も同時に存在するんじゃないかな?」という体験として・・・

私は絵を描いている時・・・・

「昔、睡眠のときに見た夢の光景」が、じわ~~~~っとやってくるのを感じるのです。
思い出すというより、勝手にやってくるというのが近い感覚です。

夜空の星はいつも輝いているように・・・

1980年代に見た古い夢のこともあるし、現在のものだったりします。・・その空気は鮮明で、「あ、コレ知ってる・・・」と、その時描いている絵とはまったく無関係な光景が、目を瞑らないでも、ヒタヒタとやってくるのです。
無関係すぎるので、絵を描くのに利用することはありません(笑)。

今考えると、あの夢の中で見たあのビルや草原は、もしかしたら夢の領域である5次元世界にあるのかもしれないと思ってしまいます(笑)。

その感覚がやってくる時は

何らかの「想像力」を使っている時・・・。

(落描きでも、下書きでも、とてもランダムに)

5次元以上の存在であるmyセルフ達が居る領域は、いつも私達のそばにあって3次元に重なって存在すると聞きます。

夢の次元は、いつも3次元に侵入OKの状態で待機しているのでしょう。
(風景などは垣間見るって感じですが・・・・)

夜の星が昼間見えないのに少し似ていて、見えないからと言って、そこに無いわけではありません。
myセルフ達は意識を向けさえすれば、いつでも「なあにっ?」て返事を返してくれます。

その存在を呼ぶのは私達。

毎日、myセルフを思い出し、会う機会を数分でも持ってみてください。
彼らのエネルギーにチューニングする(波動を合わせる)には
想像(ヴィジュアライゼーション)や声掛けや祈りです!


自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/434-d3a976f7