11

「嫌い」から見える「好き」 好き編 2

前回の「崇めるの」2つの話から、同じような流れでありがちな・・・

*あなたには力がないから、私の言うとおり動きなさい

いわゆるマインドコントロールっぽい話です。
おそらく、ほぼ全ての宗教がコレに相当することを、大なり小なりしてしまってると思います。
誰かを崇め自分を下に持ってくると、こういう状態が生まれやすいので、しょうがありません(苦笑)。

スキャンダルを起こした占い師さんも、そんな感じでしたしね。

自分だけの判断で生きているのは不安だから・・・・目に見えない世界からのメッセージをもらったり、断言してくれる人に、常にお伺いを立てたくなる気持ちは重々わかります。
(私自身も・・そう言う気持ちがゼロとは言い切れません)

現代は、自分自身の内側に気がつくためのセッションを行う占い師さん、ヒーラーもたくさんいらっしゃいます。
そしてオラクルカードなど、自分の内側と対話する占いのツールが増えてきて、嬉しい時代になりましたv

自分の人生の道への答えは

自分の内側にしかありません。


R館も、そこに注意を向けて頂けるよう、促すだけです。


まとめると・・・・・「スピリチュアル」と謳いつつ

「自分自身に何の力もないと思わせる全て!!」

が苦手なんだなと判りました。


ちなみに好きな考え方は・・・

「あなたは、神と同じ力があります。

あまりに力がありすぎて

使い方が判らないうちに

無意識でそれを使っているので

(マイナスな思考とか心配とかも含めて・・・)

インナーさんやハイヤーさんと共に

使用法を思い出してください」


この考えが一番好きです。


ただ上の考えは・・・
「神である私達は・・・神は誰かの被害者になることはありえません」
ということも含んでいます。

私達は自分の感じる世界の全ての創造主なので

自分の世界のホログラム

あなたの周りに見えるものは

あなた自身が創造したものばかりなので

自分の世界の責任は、自分で取りましょう」


という話なので・・・「あの人が悪い!」 「なんてひどい人!」など
誰かのせいにしたく成るシュチュエーションの時はとってもくじけやすい考え方です(苦笑)。

スピリチャル厳しいな!!(笑)

こんな感じで地上に生きる人間感覚では、厳しく感じることも有るスピリチュアルの考え方。

それを地上で使えるように身につけようとするのは・・・・
それが完全なる安心の世界に通じていると思うからです。

だから厳しい考えであっても、これはそこに至る「苦行的な修行」じゃなくて・・・
馬の前の「ニンジン(目標)」という「好きなもの」なのです(笑)。

P.S 最終的には、悟ると(ハイヤー達の感覚に完全同調すれば)
私は既にその「にんじん」自体(状態)だったんだと、気づくんでしょうけどね。
(微妙な話じゃ・・・笑)


ぽちっと押してお願いぴちゅv→ 精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/427-47900e8e