02

7月のお茶会ガイドセッション 後編

momo様のガイドさんのお話の続きです。(前編→コチラ
トルマリンの一種ウオーターメロン色をした、黒っぽい巨大なウネウネしたオーラの中から姿を表したのは女性でした。

但し・・・・下半身が蛇の女性。

ガイアさん

肌は灰色、口元には小さな牙が覗いてます。灰色の肌から蛇身に行くほど白っぽくなり、鱗はキラキラして虹色に煌いていました。

ウエーブした髪、波打つその動きが、蛇を思い出させ、髪の毛まで蛇の怪物・・・メデューサっぽいのかなと思いましたが、髪は普通の髪でした。

ラミアという名の怪物も思い出し・・・メデューサもラミアも上半身が女性で、下半身が蛇の怪物です。
ただこのガイドの女性は額が白く光っていました。絵に描く時は‥・宝石(透明トパーズ)に置き換わりましたが、神々しい感じです。

怪物レベルの存在じゃないかも・・・もしかして女神様?!

上半身が女性で下半身が蛇の女神は世界各地に伝説が残っています。
たいてい・・・全ての神々を生む原初の母なる神。
地母神とも言える女神達がそれに当てはまります。

日本の神々もたいてい蛇神。山岳信仰も山が巨大な蛇神がトグロを巻いている姿に見立てられています。(神話上、日本人は、実は蛇から人間になった民族なのだった…笑)
中国は女媧、エジプトの原初の4女神、シュメールにキ、インドにはナーギ(ナーガ)やサラスバディー(弁天様)。

印象的に来た名前…ラミアはギリシャ神話の怪物の名前。
ギリシャで地母神と言えば、大地の女神ガイアが一番近い存在だろうかと思い・・・

『ガイアさんですか?』と聞き、YESを頂きました。

『何かメッセージ、アドバイスがないか聞いて欲しい』とmomo様に言われ、お聞きしてみましたが…
聞こうとしたら、彼女は私達から離れ「スケッチし終わった?じゃ用はないので帰る~」みたいに、地平線に向かって麦畑を行ってしまわれました。(笑)

ささささ~~と私達から去る(?)ガイアさん。蛇身は思いのほか速いです!!
カジュは電車みたいにウネウネ進む彼女の蛇身の上に、器用に乗っかり一緒に行ってしまいました(笑)。(ちゃっかりさん。(^^;;)

彼女を追いかけて行くと、永遠に続くかと思われた麦畑がパツンと途切れ、突然断崖絶壁が現れたのです。
そこからの眺めは見渡すかぎりの、深い緑に覆われたジャングル!

※そこまで私が見たイメージとぴったり似てる写真がないので・・・イメージです。
断崖絶壁

アマゾンの原生林や映画やアニメのターザンやジャングルブックを思い出される、湿り気を帯びた太古の森。
人の手が作った整然とした麦畑の…平和で牧歌的な雰囲気はありません。

未開で混沌。でもあらゆる生命が育まれている・・・そこは人にとっては危険と豊穣が背中合わせの場所です。

ここはガイアさんの居場所?ガイドにそんなものがあるの?
私の経験した中では、ガイドさんは大抵インナーさんのインナースペースに来るか居ることが多かったので、ここまで風景が一変するのも珍しいなと思いました・・・。

それともこの映像が、momo様への質問の答えなのかもしれないと思いました。

鬱蒼とした太古のジャングル

上記に書いたような、広大なジャングルの象徴をお話し、この断崖絶壁の高さが半端ないので、ジャングルに向かうには、かなり勇気がいるかもですねとお話した記憶があります。
(画像記憶の方に記憶が偏っています。なので…ちょっと会話記憶が曖昧です・・・すみません^^;)


ガイアさんはそんな直角の断崖をものともせず、蛇身をくねらせ這って降り始めました。

すご!!

断崖も降りるの・・・
※上から覗きこんでいる人影は私とロビンくん。

カジュは彼女の蛇身の上に乗ったままだったので・・・もっと変!
どんなけの脚力!?重力関係ないんかい?!と思わずツッコみます。(苦笑)
ガイアさんの白く美しい鱗にカジュの爪が食い込んでいませんようにと祈るばかりです。

「新たな大地、未開の世界に向かうのなら私が受け止めるから安心して・・・」

みたいな姿勢を見せて、ガイアさんが降りて行かれたのが印象的でした。

大地の女神が象徴するものは、女性性、育む、受け入れるナドナド・・・。
あとで調べたら、ガイアは大地だけの女神だけではないらしく、天空を含むこの地球圏の力の象徴みたいでした。

その上、彼女は沢山の輝かしい神々の母であり、禍々しい怪物の母でもあります。
ガイアさんにとっては正も邪も、どちらも愛する子供ということですね?
そうとう許容範囲が巨大な受容性なのだろうなと想像してしまいました。

お茶会の中で気がついた話しに・・・つづく


ぽちっと押してお願いぴちゅv→ 精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

イスカヴァル
ここでは、お久しぶりです。

ガイアの落し子にティアマットという女神がいます。
たぶん、そちらのフィルターが発動したかと。

momoさんとは、いずれお会いしたいですねー
本決まりになったら、また報告します。
2014.08.03 00:22
りえ
美女さんが直角の崖で
両手広げて
受け止めたるで!
の話はこれだったんですね

美女さんもカジュさんも器用ww
2014.08.03 04:56
Riko
イスカヴァルさんコメントありがとうございます。

ティアマット!
名前しか知らなかったのですが、元はバビロニアの始祖的女神なんですね。

この女神のように殺されて、世界の元を作る山やになる話しは各世界にありますね。
(北欧神話のユミルとか)

創世神話ってなんでココまで共通があるのか…不思議です。
人類もともと単一宗教(?)だったんじゃないかと思えます。

イスカさんにも、もしかしたら会えるかもですね。
その機会があることを今から楽しみにしています!
2014.08.04 16:08
Riko
りえさんコメントありがとうございます。
お茶会では楽しい時間を有難うございました!

ここまでスケッチに描く暇がなかったので
口で説明するのが難しいと思い描いてみました。^ワ^/
2014.08.04 16:14
momo
Rikoさん、先日は大変お世話になりました(^ ^)

ガイアさんのセッション、わかりやすくブログに載せて下さり、ありがとうございます★

私も久々に!ブログupしてみました。文章で表現するって、む、難しい…!


イスカヴァルさん>いつか、色々お話うかがいたいです(^ ^)
りえさん>Rikoさんの説明、めちゃ分かりやすいですね♪
2014.08.04 16:21
Riko
momoさま、コメントありがとうございます!
こちらこそお遠路はるばる本当に来てくださって嬉しかったです!

感想記事もかいてくださったのえですね!ありがとうございます。
(記事リンクさせてくださいませねv)

文章は確かに難しいです。まとめきれなくて広がる広がる・・・
お茶会ネタが三部作になっちゃいました(笑)。

日本人なら俳句や短歌を見習なえなんでしょうが・・・
渡しの場合は一から十まで説明しちゃうんですね(笑)。

短い文章のブログに憧れます。
ただ…皆様に解りやすいっていっていだけると、慰められます&ありがたいです。m_ _m
2014.08.05 13:31

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/369-72cb58e2