24

まあるい私を思い出すための本 12

こんにちは。むっちゃ暑いですね!
なんか本ばっかり読んでたら・・・知らない間に日が過ぎてました。(笑)
前の記事で紹介した「ユーフィーリング」のキンズロー博士のQEシリーズ第三弾の本を買ってきて読んだりしていました。

でも今日ご紹介するのは先に読んでいた、コチラの本です。
図書館の本ですが、また、私が注文した本ではありません…。
(私は親ほど本の虫ではないので、マメに探していないんです…でも来ちゃう(笑))

「気づきの瞑想」で得た苦しまない生き方」



また「気づき」です!

著者はタイのカンポン・トーン­ブンヌムさん。
彼は青年時代に事故によって全身麻痺の障害を負うという過酷な人生を歩んでいたのですが、失意の日々ののちに気づきの瞑想と出会い、実践する中でえられた心の自由・・・

「体に障害があっても、心に障害を持つ必要はない」と気づいた時から、彼の人生がどのよ­うに変化したかを書いた本です。

題名の「苦しまない生き方」という言葉にも、この作者の意図が込められています。
「幸せ」 という言葉が彼はあまり好きじゃないと・・・その言葉には「掴みたい離したくない」
執着を想起させるニュアンスがあるので、安全な感じがしないそうです(笑)。

確かに・・・「幸せ」には

「外のどこかからやってくる」とか

「誰かがくれる」とか

「何かが手にはいったら」

「今より何かが出来たら」という

不足している今に、何かを加算したら

「幸せになる」というイメージがあります。



この著者が伝えたいのは・・・どっちかというと・・


「苦しみ」をじ~~~~~~っと

観察し、見つめていたら

苦しみが消えていった。

するとが内側にすでにあった「幸せ」が

見えてきたという…減じる話しなのです。


これはキンズロー博士の第三弾の本にもまったく同じことが書いてありました。
(気づきを活用しまくっている人の言うことって、みんな一緒…(笑))

外からのモノや人 《外の幻》 を加算したらから「幸せ」なのか?
過去の自責の念や復讐の心、未来への不安や妄想 《内の幻》 を引き算したら、まあるい「幸せ」がツルンと出てきたというお話です。

著者さんが体験した事実だけ書いてあり、キンズロー博士のQEシリーズの「ユーフィーリング」ほど、他のことを詳しく説明していない分、読みやすいかもしれません。

「気づき」を多角的に知る一冊としてご紹介いたします。


ぽちっと押してお願いぴちゅv→ 精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

アニュ
Rikoさんの親御さん、本の選定が素晴らしいですね!
これも読んでみたい~!
しかし、精神世界の本(になるのかな?)がこれだけ充実してる図書館があるなんて羨ましい限りです。

Rikoさんの前記事読んで、津留さんの「観察者」
http://www1.ttcn.ne.jp/~turu/36kansatusya.htm
をまたちょろっと読み返したりして
ほんとに、
どれも同じことを伝えてるなぁって思いました。
自分ができてるかどうかは置いといて・・・苦笑

読みたい本がどんどん増えていきます~(^v^;)
2014.07.24 16:27
Riko
アニュさん コメントありがとうございます。

アニュさんのブログではいつも素敵な本や、素敵なサイトを紹介してくださっていますよね!
(ぐるっぽのメンバーの流行発信の拠点がアニュさんになってましたから…すごかった(笑))

親の本の選び方を褒めて頂きまして恐縮です。いつも常に大量に頼んで…おりまして…。
親は、立ち読みであまり内容が読めないタイプらしく、目次などをみて面白そうだと思ったら、借りてゆっくり読む感じです。

逆に私は立ち読みで一冊をだいたい読んでしまう人間で…。(マンガもですが‥文字の読み本でも)
文字が大きめの楽な本なら数時間で読めます。たいてい本屋で読んで満足して帰るタイプ。(←ヒドイ)
ユーフィーリングなどは…時間がかかるのでその場で全部は難しいけど、ざっくりは立ち読みしてきます。

あと気に入った本だけ買って、目につく所に置き、しつこくしつこく何度も読みます。(子供みたいに(笑))
津留さんの赤本は読んでも読んでも読み切れてないところが出てきて、未だ手放せません。

アニュさんがリンク貼ってくださった津留さんのHPには、本に書いてある文面がいっぱいのっていて…紹介してくださって嬉しいです。

キンズロー博士の書いたものを読んで津留さんの言いたい文章の意味が見えてきたことがあるので・・・いろいろ多角的に読まないと、その人が文字に込めたイメージが立ち上がらないんだなと感じました。

言葉は…それぞれの人間が持つ言葉への先入観がありますので、作者が言いたかったまま伝わるかはは、ほぼ運なんだろうなと思います(苦笑)。

こうゆう時だけテレパシーが欲しい~。
2014.07.25 11:18

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/365-10805310