03

下がるも上がるも同じ…か(爆笑)

4月27日の朝、滅多に観ない「題名のない音楽会」に、たまたまチャンネルを合わせたら、イキナリ「悟った話」がやっていて・・・朝から爆笑で倒れました。

指揮者で作曲家の宮川彬さんが、ベートーベンの一番有名な曲「運命」のメロディーに歌詞を付け、ベートベン先生がこの曲(メロディ)で語りたかったことを宮川が解釈してみた、という企画でした。



(曲を聞きながらよんでみてくださいねv)

出だしの ジャジャジャジャーン♪ジャジャジャジャーン♪のところを・・・

「下がるぞ~~~♪」「下がるぞ~~♪」と歌詞を付けて歌っているのです(爆笑)。

「給料、下がるぞ~♪下がるぞ~♪下がるぞ~♪」

「成績、下がる~♪下がるぞ~♪下がるぞ~♪」

「あれもさーがる、これもさーがる」

「下がるぞ、怖い、怖い、怖~い!」

「下、が、る、ぞ~~~♪」

ネガティブまっしぐらよ・・・
私もまだこんな気持になることが、普通にあるのでまあ笑える笑える。(爆笑)

メロディが上がる時が来て一瞬「上がるぞ~♪」になるんですが・・・
すぐ音程が下がり「下~がる♪」になるので「まるでジェットコースターみたい~♪」

そこに突如、天からの音(神の声)が響きます。
(まあハイヤーセルフや宇宙の理の声だと思って下さい(笑))

「よくみてみろ~♪」

「上がるから下がる~♪」

「上がるから下がる~♪」

「上がるも下がるも、同んなじ事だよ~♪」

「上がったり下がったり♪上ったり下がったり♪上がったり下がったり♪上ったり下がったり~♪ するのはもうどうでもいいんだよ~♪」

じゃ遠慮無く堂々と「下がろう」という話しになっていくのです!(爆笑)

歌詞全文をお見せしたいところですが・・・残念ながら、その放送の題名のない音楽会の動画がなくて・・・(^^;>。

宮川彬良の音楽深読み(ベートーベン作曲運命編)というものが同じ歌詞だったので、そこから上の歌詞を書き写しました。
http://www.nicozon.net/watch/sm10183155

ただ題名のない音楽会では、上の動画にない最後の方の歌詞が追加されていて、ちゃんとオチがありました。

歌詞後半、「下がるのも何故か美しい~♪」となっていき・・・

最後のオチは・・・
「いいんだこのままで~このままで美しい♪」

私といえば、ちょうど図書館で借りたこの本を読んでいる途中で・・・
わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったことわかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと
(2014/01/21)
サリー・ボンジャース

商品詳細を見る

この本に書いてあることと言えば、「悟った人間」にしかわからない感覚の描写ばかりで・・・
ためになるという本というよりも、言葉に出来ないことを無理やり文字化して書いているからか、感覚がわからない、共感出来ないという意味で、退屈で、もう眠くて眠くて・・・何度も途中で挫折しそうになりました。(苦笑)

ただ・・・悟った状態が来ても「興ることが劇的に変わる訳では無い」ということと
いろいろな事に反応しなくなっている自分を見つけるだけ・・・みたいに私は読みました。

世界には「上がるとか、下がるとか」の出来事が色々興ります。
この世は遊園地だからしょうがないアトラクションです。

私達はこの世界が「安全な遊園地」ということを完全に忘れちゃているので、上げ下げに
一気一憂するはめに(苦笑)。んで、もう怖くてしょうが無いんですね~(><;(苦笑)

「悟る」ということは、興ることを興るままにさせておく事ができる心持ちというのでしょうか?
「全てを、引いて眺めていられるように成れるってことなんだろうな~」ということが、頭でわかりました。(笑)

ただ「上がるも下がるも同じ」というのは結構インパクトがあるコピー!(笑)
先の記事の「今に生きる日向くんのシーンと」同じく、私の心で唱える呪文になりそうです。

ブロック浄化法でご紹介したシャインフェルド氏の本の中にある「不快感も快感も、等しく
プロセス(ブロック浄化法)を使うんだ」と書いてあった意味がココに通じるんだなと感じます。

不快な現実も快い現実も同じ種類のエネルギーであり・・・緻密な幻想です。

私達の「偉大な創造の力」で出来ていることには変わりありません。

上るような出来事や下がるような出来事も等しく・・・

力強く美しい私達の創造物なのだということを思い出させてくれるのでした。


今の私には、悟った視点はまだ頭でしかわかってないレスけどね・・・(・ワ・;)
悟った状態の情報の欠片が、ハラハラと桜みたいに、周りに舞っている感じです。

このベートベンの歌詞を観たのが27日。
前回の記事、「今に生きる」テーマのアニメを観たのが29日(新月)。
なんだか畳み掛けるように教育されている気がします・・・?!(爆笑)

補足:運命という曲名はあとから付けられた通称です。ベートベンが付けた題名ではありません。実際は「交響曲第5番 ハ短調 作品67」という曲です(笑)。




P.S 八千優さん拍手コメントありがとうございます!

本当ですね!フローライト→ハイヤーのフローラさん
スティブナイト→インナーのスティーブさん?!
八千優さんの中の方々は・・・私に何かメッセージがあるのでしょうか?!(笑)

実は最近スティーブさんには・・4月末ぐらいに
私が元気無い時に励ます形で薔薇を頂くイメージが来ました。
その後、ピグでスティーブさんが薔薇を貰ってる記事があって・・・
ありゃ??となりました。巡る薔薇~v(笑)この場を借りてありがとうスティーブさん。(・ワ・)/


ぽちっと押してお願いぴちゅv→ 精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.03 13:46
Riko
なつ様コメントありがとうございますv

「悟る」という言葉は「悟ってない」という言葉の裏側なので
これも二元論の幻想ではありますネ~(笑)。

だから悟った人たちは(現代生きてる身にはこう言うしか・・・無い)
目が覚めた・・とか・・・あ~そうなんだなと、引いてみれるようになったとか
特別感がないような言い方を、がんばってしておられました。

ま~なんで「悟り」たいかっていうと、
「幸せになりたい、安心し生きたい」に尽きると思います。

なんかの鱗が取れた人は、必死で求めなくても・・・

「な~んだ元々、安心だったんだ・・・あれま?!(笑)」

という所にたどり着くみたいです。羨ましいですね~v

なつさんが、おっしゃるように、どんな幻想がやってきても、自分が楽しく面白い方に気持ちが持って行けたら最高ですv

P.S ブログ更新情報は、きっとなつ様のインナーさんが・・・
知らせてくださってるのかな(笑)ありがたやです~。^人^
2014.05.04 10:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/347-c2d5b35f