28

イベントからの気づき その3

② 霊的、スピリチュアル的存在や高次存在というものに、どうしても尊敬の念を持ってしまい、隔たりを感じたり、私には会うのはとうてい無理だと思ってしまう。

イベントにいらしてくださる方は、私よりずっとスピリチュアル的知識をお持ちの方も多く、感心いたします。その分ちょっと目に見えない存在達を、尊敬しすぎている感じがするのです。

高次の存在達・・・

ハイヤーセルフや天使やアセンデットマスターは

「私より偉い!」


よく判るように極端に言えば・・・・
彼らは優れていて、私達はおろかで無力な、地を這う虫のような感覚です。

そういう存在への上下感覚や崇拝は、どなたか力が強い存在や神様がいらして、無力な私に気まぐれに利益をもたらしてくれるのを待つという、他人に力があり、自分には力がないのだという信心の形です。

インナーセルフやハイヤーセルフとしては、この感覚を是非捨てて欲しいと思っているような気がします。

彼らが、姿を現したのは、自分自身の力に目覚めて欲しいからであって
現実に生きている自分を下に見たりして、誰かが行ったチャネリングを通してメッセージをもらったり、彼らの指示を待ったりして欲しくないのです。

ハイヤーセルフも人生の旅路の細かい指示はしないでしょう。
ハイヤーセルフにしてみれば寄り道したり、失敗も、またエキサイティングな体験で楽しいから…。
(たぶんハイヤーに失敗という文字はありません、なんでも来いv(苦笑))

インナーセルフも、したいことのタイミング合わせや、必要な人脈や道具の手配はしてくれますが、基本…どうしろとは言いません。

私達生きている人間の人生の舵は、私達のもので、どうして欲しいかをコチラが出来るだけはっきり言わないと、インナーセルフも右往左往しちゃって、結構うまく動けないんです。(笑)

自分の心に浮かんでいるアイディアや目標、夢は、既にハイヤーセルフ、インナーセルフからのメッセージであり、これから一緒にしたい経験もすべて含まれています。

誰かに見通してもらわなくても、自分の旅路の一番詳しい地図を持っているのは自分自身です。

前回の記事でも書きましたが、人の意見は、それでなくてもいっぱい思考の中に絡んでいますので、これ以上絡ませたくないので、R館では出来るだけ、個人的なご質問は、自分の内側の本当の心を探って頂くようにしています。

インナーもハイヤーも、自分自身なので、思いぞんぶん助けを求め、頼ってもいいのです。

ただ・・・

「インナーセルフの能力も

ハイヤーセルフの能力も自分自身の能力である」


ということは、これからも

最大に強調していきたいです。


姿が違うといってもインナーセルフもハイヤーセルフも自分自身の一部・・・部分なのです。
(ハイヤーセルフの部分…が「私」と言ったほうがイメージしやすいでしょうか?(笑))

※昔、描いたイラストで使わなかった画像です。
私のハイヤーセルフ・アヴァさんがまだ仏像姿。

三位一体
・・・・現在のアヴァさんは、も一つ下のイラストのような銀髪の少年姿。

このブログでいつも描いている絵のように

インナーセルフ(カジュ)やハイヤーセルフ(アヴァさん)と

私が、実際には分離しているわけではありません。


背後から迫るクマの影
※今のアヴァさんは、くまのキグルミは脱いでます。(笑)

「じゃあ、ややこしいから身体から離れて見えるカジュの姿なんかで描かないでよ!!」・・・と言われそうです。(苦笑)

そこが矛盾なのですが・・・
ただ、今の時代の人間は、たくさんの情報やイメージに毎日埋もれて暮らしています。現代社会は、写真、映像が増え、特に視覚に訴えるイメージが多く強烈です。

だからこそ、それに負けないように、はっきりした視覚情報でもないと・・・
自分の内側に、目に見えない本当の偉大な力の部分があることや、自分の偉大な部分からくる指針(直感)があることすら、すぐに忘れてしまいがちなのです。

なので私は、分離した形でインナーセルフやハイヤーセルフの姿を描き

「自分自身の偉大な能力の部分…直感と親しく付き合いませんか?」

「自分の持つイメージや考え、感情、感覚にもっと意識を向けていきませんか?」

と提唱させて頂いています。



P.S ながゆきだるま様 無記名様、拍手コメントありがとうございます!
ながゆきだるま様、お久しぶりです。なんか共時性があるとは、嬉しいですv
無記名様 過去記事にも拍手くださって・・・書いてきたかいがあります!


ぽちっと押してお願いぴちゅv→ 精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

バチスト
この日記を読んでいたら、インナーセルフがゲラゲラ大笑いしすぎて、他のガイドたちから「うっせーよ!」ってキレられてるのを思い出しました。
「全く、高次元の存在って…」と、もはや呆れてしまいます。笑
2014.03.28 20:44
Riko
バチスト様コメントありがとうございます。

高次元存在って・・・ユーモアも優れていて結構親しみやすいですよね。皆さん意外に堅苦しくない。

バチスト様のインナースペースも賑やかなご様子で楽しいそうです!
2014.03.29 10:57

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/336-8824039a