02

SFというよりシュール

今朝、今日もちゃんと鳩を追ったちびかじゅに感心した親に、『カジュは宇宙のどこに居るの?』と聞かれました。
だいぶ前にブログにも書きましたが、『私達が住む太陽系から遥か彼方のどっか宇宙の果てだよ』と答えると。

『住所不定・・・・無職?!((笑))』

『無職じゃないよ!私のインナーセルフやってるじゃんさ!』
・・・・・「インナーセルフ」は職業なのだろうか?とマイツッコミ。


超難題な疑問です。(爆笑)


何度も申し上げますが、私の「インナーセルフ(潜在意識)」は、地球の太陽とは違う遠くの恒星の化身、宇宙小鳥カジュと申します。

ネットを繰っていると「インナーセルフ」や「ハイヤーセルフ」の姿は人それぞれ。
Sちゃんは「天使」、Yちゃんは「前世の中の一人」、ほかに珍しいところでは、「脳に触覚が生えてる生物」とか・・・・いったい何が理由でそんなイメージ?と考えるほどに、解らなくなります。
4次元(?)、ともかく上の次元のことは、3次元の肉体しか感じないように教育されてきた人間に理解できるはずもないことです・・・。

Sちゃんと遊んだ帰り、別れ際に、月の美しい夜空を眺め、『この遥か彼方の光る星の中に、カジュがいるんだろうな~』と、2人で感慨にふけったのですが・・・・
『でも下丹田(ヘソ下3cm)に居るんだよね~』と私が言ったものですから『上にも下(中)にもいるのかな?!』ってことに。
2人とも一瞬『・・・・????』何がナンだか意味が解らなくなってしまい、可笑しかったことがありました。

かじゅ鳥瞰図
以前、ブログ内でカジュの全身図を初公開した時(「めぐりあい…カジュ!(5/13)」)にカジュのサイズがわかっていただけるように一緒に地球を描いたのですが、気が付かれた方はおられましたでしょうか?
指先にチビッとあるのが地球です。(笑)だから、こうしてタンポポみたいに開いてる全身を鳥瞰図で見るには、何千光年か上空から見ないと無理なことでしょう。
地球ってこのくらい

私がカジュのところに行くと、実寸ではなく、私が居心地のよいサイズで対応してくれます。なのでブログでUPしてる絵では、私は地球よりかなり大きいです。(笑)
どっかの神話の怪鳥さながら、一体どこが「小鳥」なんだとツッコまれても仕方がありません。
でもカジュの形容といえば、『かわいらしくチョコンと座っている』とか『ひよこみたいにホワホワ』。
Sちゃんには、(相当なデカさなのを知ってるのに)『なんか雀みたい』って言われたことがあります。(苦笑)
この静かでおとなしい雰囲気がそう言わせるのでしょうか。
そう・・・・無限の宇宙からしたらカジュなんて、きっと小鳥サイズですしね!



そんな、おとなしくて可憐系のカジュが、「ちょっと取った行動が・・・天然で危険?!」な話をお送りします。


5月のある日、精神世界OKではないけれど、妄想に寛容な友人のTさんと、電話で話していた時の話です。
私が、『うちのインナーセルフは、カジュっていって太陽の鳥みたいなの』と語ると
羽根モチーフの大好きなTさんは、『カジュさんに羽根一本贈って欲しいと言っといて・・・・』
その会話の直後(まだ電話は繋がっている状態)、すぐさまカジュが・・・!

かじゅ羽根手裏剣

Tさんの言葉はまだ続いていました、『・・・小さいのでいいからね~。』
ああ!今・・・超長い羽根を送っちゃたよ~。

この後、カジュには小さな羽根をもう一枚、送ってくれるようにお願いしましたが、2枚も恒星の超高温フレアを送られたTさんは、その晩、暑さにうなされたそううです。
現代科学によると、カジュは・・・その色からしたら、我々の太陽よりちょっと温度が高い、薄黄色のF型で、表面温度5800℃~6900℃。水素を燃料にした核融合反応で、ぺカーっと光ってます。そのフレアの威力は、水爆の10万~1億個分らしいです。・・・よく生きてたねTさん!!
・・・・って言うのは冗談なんですが、その晩Tさんだけが暑かったのではなく、大阪全体が、さわやかな5月とは思えないほどの暑さだったのです。(笑)
(『カジュの羽根のせいだ』とのたまうTさんに、『カジュのせいじゃないやい。』とちゃんと弁明しておきましたよ。ワテらは小学生か!)


その同月同日の熱帯夜、私といえば、奥歯の歯茎を腫らして微熱もあったので、カジュにまた『何とかして~』とお願いしました。(完全にのび太と化してる私。『カジュえもん~!』って、膝に甘える姿も似てる・・・ヤバッ(-_-;)>)

カジュ看護1

そしたらカジュは何か宇宙を流れてきた物を捕らえて私のおでこにあててくれました。


かじゅ看護2
※彗星は有機物を含み純粋な氷ではないですが
「汚れた雪玉」と呼ばれ、かなり冷たいと思われます。



・・・・・宇宙小鳥との生活はシュールだなあ。



こんなに大きな小鳥が私の4次元ポケット(下丹田)に常駐っていうのは・・・・やはり、とても不思議です。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/30-44a3a1cb