19

アヴァさんとカジュの関係 その2

ハイヤーセルフと、インナーセルフの関係性を描くシリーズ第二弾。
「アヴァさんとカジュの戯れ」だけを書くつもりが・・・

書いてるうちにアレレ~?・・・大脱線して「神の力シリーズ」みたいな話になりました。
よろしければ大脱線にお付き合いくださいませ・・・えへへ(^^;>



8月9日の夕方。PC作業をしていたら、突然アヴァくまさんが甘えてきました。

ガバッ!モッフン。

背後から迫るクマの影

少し前に私は、誰にでも無く・・・「傲慢と自信を持つことの差」を質問していました。

「自分に自信を持てば…偉そうな態度になり、傲慢な(横柄というのもある)人間になりがち」と教わってきたので、自信を持つことに恐れがありました。

「傲る平家はひさしからず」という言葉もありますし、一応人間の集合意識に食い込んでいる恐怖の一つです。
だから大体は、「自分に自信や力がなく、弱そうに見せることこそ・・社会をうまく渡っていく術なんだよ」・・・みたいな感じがありませんか?

謙虚は自分を低く見せる事ではないんだろうとは思うのですが・・・「謙虚と卑屈」の区別もよく判らない状態です。どっからどこまでが謙虚で、自信がある状態なのだろうか?・・・このグラデーションが判らない(笑)

謙虚→ → → → 卑屈(自信が無い)

自信がある→ → → →傲慢

気持ちのバランスを何処でどうやってとったらいいのか、持って行き方がわからず、何十年も・・・ことあるごとに「どうしたらいいものか?」と考えてきました。

自信があるのは大事なのですが、それを人に表現した時に、傲慢(横柄)になるような気がして、結局自信がない態度のほうが得なのだろうと・・・そんな態度で生きてきました。
(エゴ算段~(笑))

そうした所、背後からいきなり来たアヴァくまが「傲慢について」教えてくれたのです。

「傲慢というのはね・・・・

自身を心の底では神でないと思っていて・・・

非力で不完全な存在だと感じているのに

「自分は神のように偉く力があるんだ」と

世界に知らしめるために取る行為だよ。

でも、自分を本当に神だと知っている者にとって

傲慢な態度はありえない。
(回りの人間も、同じ力を持つ神だとも知っているしね)

それに、自分が何者か知っているから

誰からもそう扱ってもらわなくても

ことさら力があるように見せて、わざわざ証明する必要もないので

とても安心している・・・v


と、いう言葉が・・・・言葉と言うかニュアンス(直感的な情報)で入ってきました。

PC作業中、一瞬私の意識に隙間ができたのでしょう。
そこにアヴァくまが、「モッフン」と侵入してきたようです。
(ハイヤーもインナーもお知らせ的にはモッフンなのね・・・(笑))


『あ~~~~~~~~~~~~なる・ほど・ね。』


自信のレベルが・・・・

何かを成し遂げたとか、こんな才能があるとか

お金があるとか、名誉を得たとかの人間レベルじゃなくて・・・!!

自分自身が・・・・

この世界の一瞬一瞬を創造している神であると

知っている自信!


アヴァさん・・・くまの姿をしていても、さすがハイヤーセルフですネ。
話のスケールがでかい!(爆笑)

みんな、どんな人間も今のままで神なのですが・・・それを信じていません。
(そう教わってきていませんので・・・当然です)
私達は自分のことを、「不完全だし、何も出来てない自分が神であるわけがない」と思っています。

その気持ちがあるからこそ「何かをなして、自信を得なくては」、「人から褒められなくては」「健康にならなくては!」と、他人と自分を比べて不幸感や幸福感を得て、卑屈になったり、傲慢になったりするのでしょうか。


エゴは、今のままの自分ではいけないと常に急き立てます。
(エゴはそうゆうシステムなんでしょうがないです)

ハイヤーのアヴァさんやカジュのような高次の自己達は

「今のままではいけない」とは一切思っていません。


津留さんは本の中では、このことをこんな風に表現しています。

この宇宙はすべて循環する・・・だから。
まあるいトラックを走っている走者を思い出してください。
くるくる走る走者が、どこを走っていても「そこを走っていることが、すごく悪い(最低)!!」とは誰も思いませんが・・・

このまあるいトラックを、私達が過ごす長い輪廻の旅だと過程してください。
人間視点だったら、ある人生を「最低の人生、経験」だと判断することもあるでしょう。
これは私達の価値観に食い込んだ、上下観や、二元論の価値観にすぎません。

スタートが、ハイヤーセルフで、ゴールもハイヤーセルフ。

ハイヤーセルフから発して、ハイヤーセルフに還るのです。

私達は今現在も、未完(人間)であると同時に

完成品(ハイヤーセルフ)だから。

だから進化も、退化もすることはありません。


輪廻トラック

みんな神さまと同じ力を持つ存在で、強かったり弱かったり、地位が高かったり低かったり、お金持ちだったり貧乏だったり、健康だったり病がちだったり、いろいろな体験をしに来ていただけに過ぎません。

だからいつかは「今他人がしている体験」を求めてすることもあるでしょう。
「今世はこれをしたかった」と、あちらの世界でハイヤーセルフと一緒に決めてきて体験しているのです。

マザーテレサのような崇高なことをして地球スゴロク(輪廻)をゴールするとかではなく・・・
自殺を経験していない場合は、自殺を最後にハイヤーに還る(ゴールする)こともありますと、津留さんの本に書いてありました。(これには、かなりビックリしました!)

地上の価値観ではどうしても、成功者や、他人から褒められるような素晴らしい偉人の人生に憧れ、それ以外の人生は取るに足らない平凡でつまらない人生だと感じます。

スピ関係で言えば・・・輪廻を繰り返し、最後はやっと霊的進化をとげ、崇高で悟った人に成ってゴールと考えがちです。

けれど、あっちの世界ではすべて等価値。
なにかの成功を目指しているわけではなく、ただイロイロな人生を体験しにきているだけ。

どうせ何度かの転生のうちに、成功者の人生も、挫折の人生も、両方を経験するならば・・・
傲慢になっても卑屈になってもしょうがないなって感じです。

「前に出来なかった体験を、今しているから楽しいよ!!!

だから一緒に、人生を楽しめばいいのにね!カジュ?」

・・・と、私があんまり人生を楽しめて無いでいる時期にも

ハイヤーセルフのアヴァさんは、きっと思っていることでしょう。

(=v=;;


高次存在からみたら・・・

どんなに平凡な日常であっても、一切の同じ瞬間はなく、一瞬一瞬が美しい瞬間であり、二度とめぐり来ない唯だ一度の大切な体験で・・・それはあっという間に消えてしまう、この世界は常に変化し二度と戻ることはありません。(いわゆる・・・諸行無常ですね)

ハイヤーセルフや、インナーセルフ…高次の彼らは、その日々の経験の貴重さや、星のような美しさ(芸術性)を知っています。

ですが日々地を這う(次元が低い気分に囚われたり、やってくる現実に抵抗したりする)私達は、その美しさをちょっと垣間見ることがあるか、または、まったく知らないまま過ごすことも多いようです。

いろいろな本で書かれている、ハイヤーセルフやインナーセルフの視点に同調してこの世界を眺めると、すべてがキラキラ美しく輝いて見えるとうのは、こうゆう理由なのかなと推測します。

どんな状態でも「今の自分のままでも良い」と認めることが=「自信を持つ」ということなんでしょう。

アヴァさんやカジュが、どんな状態の私でも、そのまま認め愛してくれるので・・・
「変わっても変わらなくても、自分はいつもOK」という気持ちが「傲慢にはならない自信」に通じると感じました。

「何かになったら自信を持てる」

ではなく

「今の自分のままでいることも貴重で

あらゆる状態の体験は、全てまったく等価値」

だと知ると

今この状態で出来ること(したいこと)があるはずだし

今はそれを成していればいいんだろうな・・・と。


「そっか、そんなら別に気張らんでええか~」って気が抜けました。(^v^


え・・・っとそんなこんなで・・・・
アヴァさんとカジュの関係話とは、かなり関係ない話で、怒涛のごとく脱線しました~(^_^;

アヴァさんが「傲慢」についてのことを伝えたあと・・・私が「は~なるほど」と感心していたら・・・

カジュはベタベタしているアヴァさんが、気に入らなかったのか・・・

カジュのいけず


あら・・・いけずしてる~~~!!?!


さすが・・・・ハイヤーセルフ


そんなカジュの態度にも、アヴァさんは当然のごとく動じません。
さっきの話と「さすが」の重みが違うけど・・・「さすが」な反応ですね!(^v^;

カジュのアヴァさんへの、こういう態度は・・・前にも見たことがありました。
それはちょうど・・・アヴァさんが「外出し」で外に出てきた頃の話です・・・


カジュのヤキモチ話(?)は、まだ・・・つづく。



P.S ねね様、ユキ印さま、酢飯さま、八千優さま、hinyaさま、ホワイトさま、さな様、拍手コメントありがとうございました。

ほぼずべての全員のコメントに、カジュの前髪の話が入ってるんですが…!?
・・・・しまった墓穴を掘った・・・(爆笑)(--;;

現在カジュは・・・前髪のハネはなくなりました。(単なる「ハネ」ですうう・・・T三T(笑))

前髪の象徴としては・・・・「チャンスの神は前髪しかない」という言葉もあるように
私が、あることをするのに踏み切る「チャンス」の強調みたいだったみたかな・・・と思います。決心を固めたら消え普通にもどったようです。

アヴァさんのクマ化は、hinyaさまの推測どうり「親しみを持つ」こともテーマであるようです。
インナースペースでの、変化はすべてメッセージのようですね。

皆さんもインナーさんやハイヤーさんの小さな変化も「気のせいだわ」とか軽くみずに、必ず日記などにメモっておいてくださいませ。
後で読んでみて「あ、そう言う意味だたのね~」と気が付くことがあると思いますよ~。(^v^/



ぽちっと押してお願いぴちゅv→ 精神世界  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/292-f3446d05