04

直感と霊感の差 その4

長くなったけど、このテーマも今回で最終です。

このシリーズの「その1」で頂いた、KM様の拍手コメントにて・・・
「霊感と直感の差を他の表現をするなら、チャネリングとリーディングの違いとも聞きました」と書いてありました。

それを読み、津留さんの「幸せテクニック」の本に書いてあった、ちょっと意味が解りにくかった文章を思い出したのです。

どうぞチャネラーにならないでください(中略)

チャネルというのは、小我(私たち)と大我(ハイヤーセルフ達)の間にある

細い連絡通路のようなものです。

細い管を通すよりも、360度全方向に自我を解放してあげてください。

小我と大我の完全融合。それが誰でも可能な時代が今です。

予言者や霊媒師やチャネラーはそれが不可能な時代の必需品でした。

でも今はそんな時代ではありません。


私はチャネラーさんが何をしているのか、深く調べたことがなかったので・・・「え?チャネラーも~?チャネルって細いの?」って不思議に思っっていました。(^^;>

津留さんのここで書く「チャネラー」の意味はもしかして霊能系のイメージだったのかしら・・・?

※チャネラーやチャネルすること自体を、霊感だと定義するという話ではありません。
チャネラーの方でも直感系のかたもいらっしゃると思います。
(このあたりは、きっとごたまぜだと思う…)

津留さんの書いている言葉の解らないところの意味が、ちょっとだけイメージがつかめたかな?という意図だけで書いています。
・・・・言葉は人によって、どこまで含むのかの範囲が違うので、ややこしいですね。

今は、津留さんが言う言葉・・・360度ハイヤーたち(大我)に解放するイメージというのは、まだよく解りません。

体験した人しか解らない&文字から立ち上がるエネルギー(イメージ)があると思うのですが、私がそれを受け取れないのは、きっとエネルギーブロックのせいなのでしょう。

ただ近頃は、カジュやアヴァさんに対する認識がちょっと変わってきています。

まず、私達の魂さえ肉体の中におらず、肉体を包むように存在しているという話を聞きますと、カジュ達はもっと大きく、肉体の外に居るんじゃないかなって思います。

ある瞑想を境に、アヴァさんはカジュが居る宇宙全部だという認識にも至り・・・・以前アヴァさんに会いに行くためにカジュに飛んでいってもらっていたドームには行くことがなくなりました。

アヴァさんは宇宙空間から、ひょいと気軽にやってくるし…(笑)

カジュの中に私がいて、カジュはアヴァさんの中に居るというイメージだとすると・・・360度自我を解放するイメージってこんな感じかしら・・・?

360度って~

意識をカジュのところまで拡大~!

カジュまで拡大して…

アヴァさんは、どこが果てかわからんけど・・・アヴァさんまで拡大~!

アヴァさんまで拡大…宇宙全体にってこと
(今度このイメージで瞑想してみようっと)

インナーセルフは「丹田を住まいとして」とお伝えしてきましたので、インナーセルフが肉体の内側に住んでいると思っている方もいらっしゃるかもしれません。
意識を下腹に向けると、「カジュが上を向いている」とも表現していましたので、誤解されても当然です。

ハイヤーセルフが、頭上のチャクラやハートのチャクラなどがアクセスポイントと考えられていますが、ハイヤーセルフがそこに住んでいるわけではありません。

インナーセルフのアクセスポイントである、第二チャクラ丹田も、実際には肉体には無い幻の器官ですし、そのエネルギーセンターを意識すれば、アクセスしやすい指標としてコチラもイメージしていただけたらなと思います。

まあ、内と外という単純な二元論的なイメージも、ちょっと違うかもしれません。
・・・人間はどうしても自分の想像が及ぶ単純構造に置き換えて把握したいんですよね・・・(^v^;>

それ以外だと「解んない~混乱する~」ので、どうしてもこの世の二元論的な言葉で表現する「高次低次」や「内側や外側」という表現になりがちなのはしょうがないです。


余談ですが・・・ガイド(ハイヤーやインナーじゃない存在)とのお付き合いの仕方が紹介されている本に、興味深いことが書いてありました。

あなたのガイドに願いましょう―聖なるサポートシステムにつながる方法あなたのガイドに願いましょう―聖なるサポートシステムにつながる方法
(2007/03/09)
ソニア・ショケット

商品詳細を見る


手元に本がないので・・・思い出し抜粋なんですが・・・こんな感じの文でした。

「ガイドに『これからの人生どうしたらいい?』という質問はしないほうがいいのです。

ガイドに人生を任せてはいけません。彼らは、何かを行う時には手を貸してはくれますが

人生の舵とりをする存在ではないのです。

反対に、自分自身であるハイヤーセルフには、全てを委ね、導いてもらいましょう。」


私もよく・・・カジュにお願いしたら、「何かしようと思わないで、手を離して・・・委ねてぴちゅ!」と言われます。(オラクルカードを引くとそんな答えがきます)・・・つい自分でする方法を考えてしまうんですが。(^^;

ガイドさん(?)の中には、たんなる浮遊霊で、実は私達を助けようとする気もなく・・・
「死ぬ前の現世で自分がやり残したことを、生きてる人間に変わりにやって欲しがる存在も居る」と、どこかの本にチラッて書かれていたので・・・「へ~」とびっくりしました。

「これをしなくてはダメになるぞ」とか「絶対これをするべき」などとと言ってくる目に見えない存在には、耳を貸さないようにと注意が書いてありました。そんな存在は「ガイドさん」と呼んではダメですね。(笑)

インナーのカジュや、メインガイドのシハさんに頼んで来て頂く存在は、助け終わるとササッとすぐに還ってしまわれます。

本当に何の返礼も求めません、完全なるスピリチュアル・ボランティアです。

カジュ達の光の存在の領域(インナースペース)に入って来られるガイドさんは・・・
多分、自分の欲に執着する領域は超えちゃってる存在なので、大丈夫な方々なんだろうなと感じます。
(うちに来てくださるガイドさんは、ほとんど大カジュのところに出現されます)


いろいろな本で,いろいろな言葉で表現されるハイヤーセルフやインナーセルフ。
大元の光の存在とか、自身の光の部分、大いなる存在、大我など。

自分のもともとの光の部分である

ハイヤーセルフやインナーセルフに繋がることが

直感であり、一番安全で

肉体的にも楽なんだなとわかって嬉しかったです。


はじめて会った目に見えない存在が、怖い幽霊でなく、愛情深いのんきな存在のカジュ(自分の光の部分=高次セルフ)だったのは、怖がりな私にとって幸運だったと思います。

私達はこの次元では個別の光でありながら、高次元からみれば全体の光の一部です。
(ちびかじゅと大カジュの関係みたいなものですね。)

自分の光の部分と繋がる時間を増やし、自分自身を光らせることだけが・・・全体の光をさらに輝かせることになるのだと、いろいろな本で読みました。

だから毎瞬、どうしたら自分のエネルギーを翳らせないように出来るかが、大事になります。
(翳る(かげる)=エネルギーが枯渇する、元気をなくす、恐怖する、疲れる、気分を悪くする、光りでない状態)

さて,この記事を書く原因・・・「イベントで疲れ果てないための対策」は、次の6月のイベントにて即実行しました。セッションとセッションの間には必ず5分はボケーっとする休みを入れたら、ぜんぜん疲れが違いました。(笑)

それはお客様に質の良いセッションを提供するためにも大事なのだなと、心から反省致しました。m(_ _)m

自分のエネルギーが翳らないように大事にする=他人様も大事にするってことですねv





P.S IK様拍手コメントありがとうございます。
観ちゃったんですね・・・(^^;)


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

蒐集好事家
長編シリーズの始まりの一つを語り終わりお疲れさまです。

 自分も、最近になって昔に某掲示板で書いた神様の下ろし方を思い出しました。
いやー、当時は思い切り魔術的な意味合いの内容だけど、ハイヤーセルフ、インナーセルフとガイドとのかかわり方を知った今、別の意味合いを持つ事に気付きました。
多分、いずれ自分のブログでも披露できるかもです。

 自分のハート、第二、第7チャクラは宇宙へ繋がる門でしかないと、最近は思っています。
でも、だからこそかも知れませんが、グラウディングがより大事なのだなと、自分の見えない方々に教えられている毎日です。

  今回も気づきを有難うございます。
2013.08.04 11:18
Riko
蒐集好事家さま、コメントありがとうございます!

書いてる話題の気づきが、途中に時事的に差し込まれてくるので、どんどん長くなってしまいました。(^^;>

蒐集好事家さまの気が付いたことを
そちらのブログで読めることを楽しみにしております!

(^v^/

2013.08.04 20:26
ミミ
今回も分かり易かったです。チャネとリーディングの違いとか、膝を打ちました!
それと、イラストとてもステキ〜
(^ν^)

さすが絵心のある方は、イメージ力抜群ですね。そして、こうしてイラストにおこしてあると、私もイメージが膨らみますし、参考になります。眼福〜^_^
2013.08.04 22:35
Riko
ミミさまコメントありがとうございました!

イラストをほめて頂けてすごく嬉しかったです!
イメージの参考になりましたら、さらに幸いですv

「チャネとリーディングの違い」はニュアンスしか解らなかったのですが、「これは大事かも」と思い、参考になる情報としてご紹介させていただきましたv

記事を書くことにより、私が知らない、多角的な方面からの、いろいろな情報を頂けるのは、すごくありがたいことだなと思いました。m_ _m
2013.08.05 16:47

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/280-0a61da54