02

直感と霊感の差 その3

やあ・・・どんどん記事が長くなり、ついに・・・4分割に変更しました。(^^;;)

TVで心霊特集が組まれる季節ですね・・・昨日ついちょっと見ちゃって・・・・

『ぎゃ~リアル!!あんな風には見えないから、やっぱ私のは霊能力じゃ無い…うわあん怖いよお!カジュ~』

「さっさと、チャンネル変えるぴちゅ?」とカジュに「ヤレヤレ」とあきれられたアホな私でした。チャンネルを変えてもあんまり面白い番組が無くて、また心霊番組に戻ったり。(爆)

1時間そんな愚かなことを繰り返す中・・・裏番組で、懐メロをやり始めておりました。そこで妙なシーンが目に付いたのです。

クレイジーキャッツ(バンド)のメンバーがお一人以外全員亡くなっており・・・ゲストは、そのメンバーの中で、今でも元気なかたでした。

亡くなった方を偲ぶ音楽(テーマ曲)が一曲づつ奏でられ「亡くなった方を呼びましょう、想像でここに帰ってきていると思ってください」とお客様に言っている言葉を聞き・・・・

「心霊番組だと怖いけど、自分で好きだった人を、想像で呼び出すのは怖くないんかい?」と、妙な気持ちになりました。(爆笑)

人間にしろ幽霊にしても・・・「知らない人間が、突然自分の近くにいるのが怖い、何をされるか解らないのが一番の恐怖だからかな?」・・・と思いました。

恐怖の幽霊チャンネルもあり・・・亡くなった愛しい人たちと想像で再会するチャンネルもある。
波動もこのTVのチャンネルと同じで・・・どこにチャンネルを合わせるかは私達の自由です。

越智さんも「魂の癒し」の本の中で、ラジオの周波数を合わせるみたいに「きゅううんん」と・・・

すべての人間の中にある愛の部分(光の部分)に

自分のチャンネルを合わせると…


「大変そうな患者さんが来ても、一切重たいものを感じることが無くなった」と書いておられました。

内側の光に意識の焦点をあてる…

何か恐怖がやってきたら、恐怖を観察する視点に入り、ブロック解除に使うもよし
インナーセルフに「私を包んでって」とお願いして背中からハグしてもらってもよしv

とりあえず、インナーセルフを意識しましょう、これだけでも自分の中の光に現在の意識の焦点が当たります。


怖い感じの、目に見えない存在と付き合ってきて・・・怖い目をみてこられた霊感系の方は、その過去の経験から・・・・・・

目に見えない存在は総じて、

あまり親しくお付き合いすると

エネルギーを下げたり、疲れたりする


という思い込みを持ったりする可能性があるのではないかと感じました。

そんな考え(想念)をもっていれば、インナーセルフであれ何であれ、確実に疲れると思います。私達は「神の力」を持っているので、信じ込んでいる限りどんなことでも起こせますからね。

友人に「こんな思い込みあるの?」と聞いてみた訳ではないので・・・あくまで推測です。
(・・・違っていたらごめんなさいネ。)

だからと言って、波動が高いほうが良くて

低いほうが悪いという話ではありません。

カジュ達の世界では、霊感が悪くて、

直感が良いという定義はありません。

そこには、その体験があるというだけです。


遊園地にある、観覧車が良くて、幽霊屋敷が悪いなんて、誰も判断しないですものね?

どちらも「体験したいアトラクション」として設置されたものです。
・・・私達は基本、恐怖をしたいと思う部分があります。ま、恐怖はこの世の最大の醍醐味ですものね~ははははは・・・。(私は怖いことから抜ける方向に行きます!(><;)


つづく



P.S KMさま、八千優さま、ユキ印さま拍手コメントありがとうございました。

はじめましてのユキ印さま。
オーラソーマのことを教えていただいてありがとうございました。

KMさま、八千優さまも記事からいろいろ感じて頂けてうれしいですv

今回は視覚中心のイメージの話ばかりの話をしてしまいましたが・・・
エネルギーを体で感じる方、声で感じる方といろいろおられます。

つい視覚中心の私の感覚で、ブログ記事を書いておりますので
かなり偏った情報であることは否めません。

その他の感じ方の情報も、スピ会などでお聞きして、ちょっとずつでも研究していきますので
「絶対視覚でじゃなきゃいけないんだ!」とは思わないで欲しいです。

インナーさんに「お願い」をして、現実に(現象界に)答えが返ってくるだけでも
「今の自分のままで十分感じれてる!コミュニュケーション出来てる」と思って大丈夫です。
そんな日々の小さな奇跡を積み重ねていただくことが、彼らを実感するにはとても大事なことなのですv
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/277-b465fbea