22

まあるい私を思い出すための本 3



先日ご紹介した赤い本からすると、情報量が少ない分、ちょっと解り易いと思いました。

「アレが成功で、コレが失敗、コレが不幸で、アレが幸せ」という世間の判断の概念、二元論を超えるための説明が万事塞翁が馬の話で例えてあったり、質疑応答もあって入りやすいです。

この本で、私が一番気になったことは「問題を解決しようとしない」「何かしようとしない」薦めでした。
(これが2013年の課題なのか!?(笑))

これは「ザ・マネーゲーム」から脱出する法の本の中でも、著者が行なったと書いてあることと、まったく一緒のことでした。

シャインフェルド氏は、業績が悪くなる一方の会社を抱えているにもかかわらず、心のブロックの浄化を行なうだけで、お金を稼ぐ方法を頭で考えたり、計画すらしませんでした。
(それがどうなったかは本を読んでくださいねv)

津留さんも、会社は完全に倒産して、この思想にたどり着いたということ・・・(^^;)
このお二方は、同じような苦しみの中から、同じ答えにたどり着いたということですね。

それは自分が本当に何かしたくなるまで「何もしない」という行動様式です。

「何とかしなくちゃ!」というエゴがもたらす、幻の恐怖の行動様式に一切乗らず、ハイヤーが導くことだけをするという、とんでもない方法です。
今までの私たちが持っている社会通念からしたら、ありえない行動様式ですものね!(苦笑)

「そんなことが現実で出来るわけがない!!」と言われそうです。(笑)
これを実行すると確かにエゴが絶叫し、恐怖でいっぱいになります。

「先行き不安」や「エゴのもたらす恐怖妄想」のせいで生じる不快感を利用し、下の本の浄化方法などで思い込みのブロックを解除していくわけです。ブロック解除した先には、ハイヤーセルフとツーツーの天国が待っているということ。

私はまだ、実験中の身なので、何も申せませんが・・・(笑)

気になる方は「「ザ・マネーゲーム」から脱出する法」の浄化方法でも、下の津留さんの浄化方法でも、ご自分に向いているブロック解除テクニックを試してみてください。

※個人が編み出した浄化法は、自分自身に一番向いている方法なので、(本人のハイヤー達がそう導いたわけですから)「本に書いてあるとおりに出来なくてはいけない!」わけではありません。いろんな人のやり方を参考に取り入れて、自分が楽な形で行ってくださいねv



「幸せテクニック」 津留晃一のエッセイ&セッション集  英光舎

心のブロック解除、無自覚の思い込みの浄化テクニックが中心の本です。
インナーセルフやハイヤーセルフが見えなくても簡単に出来る方法です。

ネガティブと言われる感情や、嫌な気持ちが出てきたら意識を向けて、ジーッとそれと一緒に居る。

「解決しようとせず」「答えを求めず」「不快感の原因を追究せず」にです。

エゴに慣れた私達は頭で解決し、この気持ちをなんとかするため、すぐに行動をとりたくなりますが・・・

ただ「感じきる」ことだけに集中する。

その不快感に意識(光)を向けるだけで、ブロック(不快感の原因)が融けてなくなっていくそうです。

ところが、ブロックの原因を頭で理解した瞬間に、エゴは納得し、満足してしまい、そのブロックが完全に融けてなくならないうちに、意識を別の場所に散らしてまうから、不快感の元は完全に浄化されないということです。

苦しい気持ちや、不快感、痛みは、ブロックに自分を集中させるチャンスです。
苦痛には、意識を、いろんなことに散らさないための集中力を生む作用があるようです。

例:(親が上の文章を読んだ時に思い出した話)

ずいぶん以前のことですが、ひどい頭痛に襲われている時、嫌がってその苦痛から逃れたい、なんとかしたいと思って抵抗している間は、痛みは執拗に続いていたのですが・・・・

「その痛みにだけ意識を向けてごらん」と誰か(?)に言われ(記憶が定かでない)苦痛の中をがんばってその痛みだけに意識を向けていたら、まもなく痛みがスーッと引いていき、ひどい頭痛から開放されたという不思議な経験をしたのです。


恐怖や不安、苦痛は・・・

「恐怖してはいけない!」「この状態を何とか排除しないと」「早く何とかしなきゃ!」

と思うほどしつこく纏わりつき、「恐怖と一緒にいよう」とすると、意外に早くサヨナラしてくれます。(先の記事に書いた三次元パラドックスの法則の話に共通しますね。)

精神的痛みや肉体的痛みにも使えるテクニックみたいです。
(肉体があんまり痛い時は、普通に医者に行ってくださいね)

やっとこの頃気が付いたのですが、この肉体に備え付けられた顕在意識の中にはいろんな部分があり・・・

☆考えたり分析分類する「思考」

☆肉体や世界を感じる「感覚」

☆怒ったり泣いたり喜んだりする「感情」


そして・・・

☆今現在の自分のどの部分に(スポットライトを当てる)と決める
「意識(意思)」


意識の光

以前の記事「神の力 その4」(記事のだいぶ下のほうの文中)でも「顕在意識=エゴ」とするには、何かおかしいなと感じていました。

「ICワーク分析 その4」でも・・・
「顕在意識でインナーチャイルドの言いたいこと、その声を認識するだけで胃痛が治る」と話しました。

どうもそれは、顕在意識の中の一部「意識(意思)」をインナーチャイルドに向けるということだったみたいです。

顕在意識の中で、意識(意思)の部分は、思考のように判断はせず 感情のように不安がったり、お天気屋でもありません。
なんだかとても冷静で中立な感じ、まるで根源の光ハイヤーセルフの肉体版っぽい感じです。

いろんな本を読んでみても意識(意思)は光として記されています。

・・・・その意識(光)をブロック(不快感)に向けると(その光に包まれるだけで)、傷ついた記憶や、思い込みを持った状態(ブロック)は、自分に受け入れられた状態になります。(その部分は愛されたってことですね)。

心の日の当たらない影の部分(意識が向けられてない部分)は、明るみに出された時に、自然に浄化されるというわけです。

私達の心の影の部分(シャドウ)の話は、次回紹介する本にて・・・v

つづく


P.S 直江さま拍手コメントありがとうございます!
腑に落ちるタイミングは、みんなソレゾレみたで・・・前に紹介した本も私は1年寝かして、今またゆっくりいろんな部分が解ってきてる感じです。(笑)
今興味を持ったものが現在自分に必要な情報で、興味が湧かないモノは現在必要ないと、信じていればいいような気がします。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

KM
先日のばーちゃ☆スピ会は参加できなくて残念でした~(TωT)
仕事と家の都合でワタワタしていて……前回のその後をご報告したかったのに~!
フリーデリーケさんのインナースペースでのピクニック、本当に楽しそうでウラヤマシす♪でした(≧∇≦)次回こそは必ず参加したく思います。

今回こちらのオススメ本ご紹介シリーズもとても興味深く拝読してます。
意識を散らさないよう恐れや痛みを感じきるって難しそうではありますよね。
どうしても逃げたくなってしまいそうですし……でもきっと、それも個々人に合う相性の良い手法があるのでしょうね~。

いろいろな方々のいろんなアイデア(やり方)を学ばせていただくのも地上の喜びの一つだと思います(*´∇`*)
2013.05.22 16:27
Riko
KM様コメントありがとうございます!
前回のスピ会、お会い出来なくて、すごく残念でした。

カジュの付き添いで、ハイヤーセルフに会えたというお話を、他のコメントでお読みしたので、どんな様子だったか聞けるのをワクワク楽しみにしていたんですが・・・次回を楽しみにしておりますね!

恐れや不快感を「感じき」る・・・・津留さんのテクニックが一番、かかる時間は短いですね、ほんの3分~5分くらい集中するだけ。

浄化されたら、ハートのチャクラ辺りがホカホカしてくるそうです。
(私もまだ慣れてないので・・・まだコツが解らないです)

シャインフェルドさんのは、イメージをする時間が結構長いので、挫けました・・・(笑)

ただシャインフェルドさんの浄化方のイメージは、私達がなぜ「神の力」を失ってしまっているかの理由が解る、一つのヒントになります。

イメージしてブロック浄化するなら、自分なりのイメージを持ってやる方が楽かもですね。

ゆっくり瞑想出来る時間があるなら、ハイヤーやインナーさん、ガイドさん(天使とか)に来てもらって、皆さんに手伝ってもらうのもいいです。

なんか愛を感じるし、かまってもらってるのが嬉しいし・・・v(笑)



2013.05.22 22:42
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.05.24 23:54
hinya
今回のオススメ本はマネーゲーム~の方は一年くらい前に自分で買っていて、津留さんの本の赤い方は図書館にあり、順番待ちで読みました。
ただ、まだ自分のパターンまで落とし込めていない感じです。

毎日がスペシャル~♪、毎日がスペシャル~♪と竹内まりやの曲がCMで歌っていたのがその時はそうだなー、毎日1日、1日がそうだなという感じで耳に残っていました。

自分の誕生日があと数日でなんですが、そこでフッと思い出しました。
誕生日を自分を大切にするための大義名分にしていたことに気付いて、もちろんやるのはいいのですが、そうじゃなくても毎日がスペシャルなんだから自分を大切にするのは誕生日だけでなく、もっともっとあってもいいんだなとそんな考えが浮かびました。
2013.05.24 23:55
hinya
先日のスピ会ではお世話になりました。

私はマッオリ君に会うので精一杯で他の方々に言われて
色々と気付くという感じでしたが、ユニコーンさんに会えるという
思いがけず嬉しいことがありました。
本当にちょうど疲れきって助けてと思っていたときだったので特に嬉しかったです。

その日、スピ会の前ですが、ネットのトーテムアニマルカードを引いたらユニコーンのカードが出たのもあって、色々とびっくり。
その時は何の意味かは芸術だったかなと思ったのですが、
あとで見たら無邪気さとかもあったのでもっと無邪気にするようにということかなとも思いました。


紅茶を配ったような気がしていたのですが、
クッキーを配っていたとのこと。
クッキーが行きわたっていたら良いのですが。

ちびカジュちゃんは小さいくちばしでクッキーをつまんで上を向き、ペンギンが魚を上向きで食べるように食べていたように視えました。


ユニコーンさんは自分にはたてがみが毛というよりは炎のように揺らいだ白い光で身体も毛と言う感じがしない光という感じです。
今ではユニコーンさんを想像して首にもふっと抱きつくイメージを
自分でしてみたりしてみています。
(やってみたいことを勝手にイメージしました)

マッオリ君もユニコーンさんに抱きついたりしていたように視えましたし、自分もということで(笑

しかし今回はマッオリ君を独り占めしたような気分で良かったのでしょうか。(笑
この場を借りて、tomoさん、ありがとうございました!

そして、Rikoさん、今回もありがとうございました。
2013.05.25 00:04
Riko
hinya様、コメントありがとうございます!

マネーゲームと、津留さんの赤い本はもうお読みでしたか!

両方共、「今まで現実だと信じきっているものが幻想だよ」と書いてあり、世界の見方がすっかり裏変えってしまっていますので・・・

「はい読みました、はいそうですか了解!」と、ポンッとは納得出来ないですよね~(笑)

でも、カジュと付合い始めて、少しづつ高次の世界の感覚や、世界の受け取り方を垣間見ることになって来ました。(まだチラチラ程度ですが)

その人のその人のタイミングで、私達の眼に付いてる鱗(幻)が、ジワジワと剥けていくんでしょう。

私はおそらく・・・霊能力での接触ではなく、想像力でカジュ達と接触しています。

また後ほどのブックレヴューの記事で、紹介するスピ本に
「想像力は目に見えないエネルギーを感じる非常に強力な道具です」と書いてありました。
(そうなんだ?!と今頃、衝撃を受ける)

勝手のイメージであれ、自分に想像して遊ぶ自由を、どんどん許して欲しいです。

自ら「想像しているな」という時期を経て・・・

次は自由連想的な想像に移行し・・・

自分でも「え?何でこんなイメージ」という映像や、存在の姿に接触するようになるんだと思います。

これからもスピ会では、皆様が想像することを自分に許す時間に、無邪気な時間を過ごして頂けることを目標にしたいです。

スピ会は、私自身もたくさん学ばして頂いて、hinya様やご参加くださってる方々には感謝しております。

そこで学んだことを、後々の記事で書こうと考えていたのですが・・・
そのテーマが「無邪気の力」に関することで、hinya様が今回コメントに書いておられてビックリでした!

hinya様はユニコーンさんがガイドに来てくださっていることからしても、「無邪気の力」を実感なさっておられるようですね。(^v^
2013.05.25 15:40

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/254-51372074