10

思考の隙間

5月6日のイベントに出かける時のお話です。

まあ、いつものカジュのお助け話なのですが、前から書きたいと思っていた・・・
「思考と直感の関係」について、説明しやすい絵が描けるかなと思いましたのでちょっと長いんですが・・・(これもいつものことだけど)お付き合いくださいませ。

以前から、イベントに行くときに忘れ物をしないようにチェックメモというものを作っていましたが、それが見当たらず、作成しなおしもしなかったので、出かける前に心配になり、カジュに質問しました。


聞いてはみたけど・・・

カジュは確かに『ウン』と頷いたのですが・・・

あると言われても、私には心当たりがなく、その瞬間は何も思いつきませんでした。
出かける玄関先で質問したので、土日ダイヤで9分ごとにしか来ない電車の時間も心配だった私は・・・

もう一度カジュに質問し直した時に、カジュの仕草を『ううん』に書き換えて見てしまい、家を出ました。(完全にエゴを被せましたね。(懺悔(笑))

ここで、私の無意識で行われている攻防に目を向けてみます。

下の図は精神内での象徴図です。

カジュは言葉をほとんど使いません、それがどこにあるかや、それが何であるかをイメージで送ってきます。

インスピレーションと思考の関係


何かが、カジュが与えてくれるインスピレーションのメッセージ(直感)をハジキました!


下手の考え休むに足りず

それは、私の雑多な思考です。

「電車の時間心配だし・・・」

「なんだろう・・・どれだろう・・・忘れ物ないようにしたはずなのに」

「急がないと間に合わなくなるよ」

ごちゃごちゃした思考が邪魔で、カジュが送る直感を受け取ることが出来ませんでした。

私がカジュからのメッセージ(直感)であるイメージに気が付いたのは・・・

家の前の信号が赤になりそうだったので必死で走り、渡りきってホッとした
瞬間でした。


親が持っていた荷物のなかで、一番大きい看板が目につき、それを乗せるイーゼルを忘れていることに、やっと気がつきました!

思考の隙間をぬって(笑)

目の前の「信号を渡る事」に集中した時、思考がストップしたのです。その瞬間にふとカジュが送っっていた情報とつながったのですね。

イベントで、一番デッカイ看板を立てられないのは・・・悲しすぎます。
信号を渡ってしまったとは言え、『家の前で気が付いてよかった~!』とカジュに感謝したのでした。


今回の忘れ物の話はちょっと脇に置いといて、
さて、私達がよく使っている「思考」とは、何でしょうか?

身近なところでいえば、私達が経験していたり伝え聞いてきた噂、世の中の過去の記憶にもとづく考えのこと・・・そこから推測した、未来像も含まれます。

良くいえば、歴史や先人の知恵、社会常識。
悪く言えば、思い込みやエゴです。

現在の社会は、これらの情報をよく記憶していてスグに出してこれる人間が賢い人間だと言われています。(テストが良く出来る人とかですね)

思考が重要視されている現代では、「理解する」「考える」ことが大事とされています。
現在の価値観は「自分の頭脳で考えて解決すること」が、褒められるのです。

でも人の人生に興ってくることは、人の数だけ個性的な上、多種多様なので、いつも新しい問題にあふれていて、過去の事例をもとにした制限ある思考だけで対応していくには、無理なこともあるように思います。

「思考」は過去から割り出された情報以外のことは解らないし、人間の能力のほんの一部にしか過ぎないからです。

その上、人間の日々考えている思考のほとんどが、エゴがもたらす恐怖や不安を元にしていますので・・・

「なんとかしなくちゃ」

「でもどうしたら?!」

「あれも危なそうだし、これもダメだわ」

「どうしたら解決できるの?どっちを選べばいいの?」

「早くしなくちゃ!」

ちょっと瞑想なんかしてみたら、どれだけの考え(雑念)で頭がいっぱいなのか良く解るでしょう?あれです・・・(笑)

問題解決について、思考すればするほど、どんどん焦り、視野を著しく狭め、冷静であれば思いつくであろう考えにすら、辿り着けなくなることがありませんか?

こんな風にグルグル同じところを回るストレス満載の思考のことを「悩み」と言います。(笑)

そのエゴに基づいた思考こそ、カジュ達インナーセルフやハイヤーセルフの、広い視野の情報をはじくバリアを作ってしまうものなのです。

高次の存在達は常に、私達の望みを叶えるために、適確な情報をもたらそうとしています。


思考のし過ぎで疲れ果てた人間に、休息や夢などを通じて、素晴らしいアイディアや答えをもたらしてきたのは、全て彼らの仕業です。

それらのインスピレーションにより発明されたり発見されたものが、今まで私達にどれだけの恩恵をもたらしていることでしょう。

私は特に「自分で考えてなんとかしなくちゃ」と思って生きてきた思考人間です。

前にも書きましたが、絵を描くこと以外、生活のなかでインスピレーション(直感)に従がって生きたことがほとんど無い人間でしたので・・・。(^^;)>

絵を描くときのインスピレーションの延長上に、カジュとの出会いがあったので、こんなお仕事をさせて頂き、自分の直感と視覚的に付き合うようにになりましたが・・・そんな話もここ最近の話です。

カジュと付き合ってまだ2年なので、上記のエピソードを見て頂いてもお解りのように、思考人間の習慣が普通に残っております。(笑)

現在カジュは、そんな私の再教育に一生懸命。(笑)
いろんな本を私に読ませて・・・思考に傾きがちな私の習慣を変えていこうとしています。

それらの本に共通して書かれていることが、
そんな思考に巻かれたら・・・・

『思考しても無駄だ!』と自分に言いましょうでした。(笑)

「思考をしなくて、何をするの!?」という言葉が聞こえてきそうですが・・・
もう一つカジュが送ってくる、大事なメッセージがありまして

『考えない、今を感じる!』

「思考」とは過去情報から分析し、未来予測をし行動を起こすためのモノですから、頭の中がいつもそれでいっぱになり、思考に翻弄されると、私達の心は必ず現在には居られなくなります。
(私たちの意識体は多次元で生きていますので、無意識にタイムスリップ(時間旅行)したりしているんです(笑))

「信号を渡りきることに集中した時」、カジュと繋がったことを思うに「今の自分を感じ、集中すること」が高次のセルフ(自己)の「思い」に重なる道なのかもしれません。

昔から行われて来た、修験道の人たちが、心を空にするために山に登るのもその一つだと思われます。
苦行をすることにより、今のこの時の肉体感覚に集中し、それが神や仏に通じるために必要だと伝えられてきたのは納得です。

だからと言って、苦行を薦めているわけではありません・・・信号渡りきっただけでも回路が通じるみたいだから・・・(笑)
何らかの形で一瞬でも、思考停止できれば、それが「昼寝」でも「散歩」でも「入浴」等何でもかまわないんじゃないでしょうか?

現在生きている感覚の中に、高次自己のカジュ達との回路があります。

「感じること」と「思考する」ことは同時には出来ず
インスピレ-ション(直感)は、「今に居る感覚の中」にもたらされれるようです。


「こんな話・・・今更言われなくても知っているわ~」と言われる方々が多そうですが(特に女性の方は)・・・思考人間の私は、今頃やっとカジュの指導で知った訳です・・・(^ワ^;>

それにしても「考えるな、感じろ!」って・・・・
・・・ブルース・リーの名言ってこんなんじゃなかったけ?!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.05.11 22:49
Riko
はじめまして 楓さんコメントありがとうございます。
思考の隙間はやはり、生活の中でも一人になれる場所が大事にみたいです。
先輩のヒーラーさんも、楓さんとまったく同じ場所が「一番ハイヤーとよく繋がる場所なのよ」とお聞きしたことがあります。
それが超ハンサムなんですが・・・気にしないみたいです。
インナーにもハイヤーにもどうせ一切隠し事できないしですしね~♪(^ワ^)
2013.05.12 22:34

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/249-4259fed9