18

4月のTさん 【ハイヤー訪問編】

4月4日花見ランチ後、お互いのハイヤーの行きっこをして遊びました。すっかり怪しい遊びに慣れきったTさんです。(こんな友達持ったンだからしょうがないって?馴染む彼女も彼女ですが…=v=;)

花見前の電話で・・・

T 『うちのハイヤーさん、また女の人みたいなんだけど、(インナーセルフも女子なので)ピカーと光って私には詳細がイマイチ見えないのよ・・・名前もわかんないし、Rikoさん見に行ってくれない?』

R 『ハイヤーの名前は…ハイヤー自身があんまり、どうでも良いと思ってるみたいだから、ハイヤーと長年付き合ってる人でも自分が呼びやすい「仮名」で呼んでるみたいなんだけど・・・・・』

T 『え~名前解らないと、話かける時に親しみ湧かないし~』

R 『とりあえずは聞いてみますが・・・。ハイヤーは縦にも横にも広くて~何次元にも渡ってデカイので、次元ごとに違う姿だったりするらしく、本人がハイヤーとちゃんと会ってないと(姿を確認していないと)私は本人が見ている違う次元の姿に案内されちゃうこともあるみたいだから、私に会う前に自分でちゃんと何度も会いにいっておいてくださいね~~!!』

T 『う、うん・・・・解った、とりあえず会っておけばいいのね?@@;』

と、要求は単純だけど(会っておいてねダケだから)、ややこしい説明をしておきました。
(意地悪してるわけじゃないですよ(笑))

それと言うのも、私は昨年の5月・・・「ハイヤーセルフ遠隔似顔絵モニター」を3名様だけさせて頂きました。

その中の2名様は、確か…2度目の訪問でご本人が見えているハイヤーさんにたどり着けましたが
3人目のハイヤーさんは迷走した挙句、先日やっと一年がかかりで、今ご本人様が会っているハイヤーさんの姿に、たどり着いたしだい・・・。(感涙(TワT)

(その方自身もこの1年のあいだ、ハイヤーさんの姿が安定していない状態だったそうです・・・ハイヤーモニター模様は長いのでまた、別記事にUPさせていただきます。その節は大変お世話になり、ありがとうございました。m(_ _)m)

長年ハイヤーセルフとのお付き合いをしてこられ、ハイヤーセッションもなさっているsoraさんの話だと、「ハイヤーが見せて来るどの姿もすべて、現在のご本人さまへのメッセージが含まれている」らしいですが、私が一年前にやろうとしていた事は「ハイヤーセルフの似顔絵」だったので・・・・似顔絵のハードルは高いなと感じました。
(もしハイヤーセルフを描くならば「似顔絵」でなく「リーディング画」にしたほうがいいかもと、気がついたのも先日です。…遅い。(苦笑))

そんなこんなで、今年も春はハイヤー訪問の季節のようです。
私の場合、ご本人さまのインナーセルフにハイヤーセルフのもとに案内してもらいます。

というわけで、Tさんのインナーマリちゃんのスペースに行き、マリちゃんの後ろに付いていきました。

Tさんのインナースペースの人物配置

花壇のようなレンガの上に階段が現れ、とことこ登っていくと…階段は数段で終わり、大理石のような広間に出ました。

パァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ

まぶしいです。

R 『ぺかぺかやね・・・これは、みえませんな。』

T 『そうね・・・ハイヤーさ~ん光量おとしてもらえませんか』

R 『・・・・あ~う~ストレートの髪の毛~色わかん無いけど、やっぱり女性っぽいね。女神っぽい。』

T 『何かティアラというか、額飾りっぽいもの見えない?』

R 『ごめん・・・まだそこまでは見えない』

ハイヤーセルフは、辿りつくまでの道のりが長い方もいたり、変身した姿で出てきたり、じらしっぷりもさまざまです。(笑)
Tさんのハイヤーさんは距離的にすぐ会えたけど、見えてくるのに時間がかかりました。

しばらーくボケーッとみていると、ちょっとずつ部分部分が見えてくる感じです。

R 『瞳の隈取がバッチリ、鼻筋通ってますね、Tさんが言ってたみたいにエジプト風のかたっぽいですね。』

  『でも・・・全体は「聖闘士星矢」の沙織さんみたい。』(例えがドコまでもアニメなのはお許しを)

「聖闘士星矢」の沙織さんというキャラクターは、ギリシャ神話の女神アテナの生まれかわりだという設定だったので、こんな格好です。

女神アテナの生まれ変わり沙織さん※画像をクリックで拡大します

T 『ギリシャ風の服ってことね』

R 『うん、でもヒダを取る場所がちょっと違う感じだけど…腰の下の辺りでなんかひらひらしてるのよね。』
これは薄布の短いマントっぽいことが後にわかりました。

R 『沙織さんみたく錫杖を持ってるみたい・・・なんか鳥の模様が付いてる』

模様が細かく視覚では捕らえきれないので、幾つか鳥の名前を出して何の鳥か確認します。

R 『孔雀、鷹、ワシ、コンドル サギ・・・全部違いますか?う~ん…んじゃ、鳳凰とかフェニックスとか?』

フェニックスでOKが来ました。

Tさんも私もエジプトとフェニックスの関係が思い出せず二人で悩みましたが、ハイヤーさんに聞くと、別にエジプトの女神さまという感じでは無いらしいです。(まあハイヤーだし)

R 『そういえば全然黒髪ではなさそうですよね~』

T 『そうなのよ』

結局見に行ってる時には、色がわからないままで、描く段階になって『カジュ~何色だった?』って聞いてこの虹色になりました。

額にやはり冠風の装飾があるのを確認しいていたら、突然その冠を基点に、羽根がブワッと出現!
それは虹色で(これは色が来ました)頭全体を覆うように、後ろに向かって広がっていきました。

R 『わ~鳥系なんだ~。Tさんも鳥とか、翼模様とかも大好きでしたものね~。』

そんなこんなで、ゆっくり見えてくるイメージを一個づつ拾って描いたらこんな感じでした。

セイファさん

お名前は『何かヒントくださいませ~』とお願いしましたら…右手を上に掲げ、その指が普通より長くすらりと美しい。

タイの民族舞踊でこんな指の装飾なかったかしら、みたいなものを嵌めてる感じでした。さらに鳥っぽい指です。

手に杯(さかずき)が出現。ナゼか私は「聖杯」を思い出しました。

聖杯?

聖杯の英語を知らない二人は・・・『う~ん』となったのは言うまでもありません。(英語とは限らないけど…今調べたら、ホーリーグレイル(英)サングラール(仏))

私達が今解る音のはずなので、日本語の音で良いのかなと思い『ハイさんとかですか?(う、間抜けなこと聞いたかも)』

『では、「せいはい」の方なのですね?ちょっと名前風に変えると・・・セイファさんとかですか?』
一応それでOKがきたし、Tさんもその名前で良いみたいだったので(←ここが重用)お名前はそれに決定しました。

極楽カジュv

途中でカジュに補助で確認の質問をしたりしましたが、セイファさんの柔らかなお膝で、たっぷり甘えさせてもらっていて、カジュはすっかりリラックスモードに入り、『なにぴちゅ~んv』状態。返事に身が入っていませんでした。(笑)

今までイベントでも数人だけ裏メニューみたいな形で、ハイヤーセッション(絵なし)やらせていただいたのですが、女性の姿のハイヤーさんは、本当に物柔らかな雰囲気を持っておられます。
全身がくにゃくにゃになるような、「はにゃ~ん」とした優しい空気です。

Tさんも、ハイヤーの波動に慣れてないのか、私を案内してセイファさんのところに行ってくれていたのですが、私と会話しているあいだも眠くて眠くて・・・睡魔と闘うのがつらいと言っていました。

私もハイヤーの所に行くと、アヴァさんのドーム型の町にたどり着いても、町の端で行き倒れて寝てしまうことが多いので気持ちは解ります。(姿も見てないのに(苦笑))

本気でハイヤーの姿をみたくて散策に行く場合は、なるべく寝る前は避けましょう。(ご飯でお腹が膨れてる時も)気持ちよく寝てしまいます。(爆笑)

次回は「Tさんのアヴァさん観光ツアー(飛行機/ツアコン:カジュ)」です。



P.S 無記名さま、hinyaさま、えびす様、ホワイト様、直江さま、拍手コメントありがとうございます。

地震のことをご心配して頂き、ありがとうございます。内陸なので震度も小さく大丈夫でした。m(_ _)m
まだ違う地域でも揺れてて、ちょっと心配ですね。皆様がたの、ご無事をお祈り申し上げます。
Tさんシリーズを楽しんで頂けて嬉しいです。スピ会の感想もありがとうございます。今回お会い出来なかったかたは次回お会い出来るのを楽しみにしております。
直江さま…許可を頂いてからリンクしようと試みましたが、どうしてもコメントが入れられなくて、無断でリンクさせて頂きました。喜んで頂けてよかった~。(^ワ^;>
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

蒐集好事家
この記事を読んでから、突然に書きたくなった記事を自分のBlogにてあげさせてもらいました。

ただ、Rikoさんのご友人の話がネタなので、ご不快に思われましたら削除します。
なので、チェックしていただければと思います。

http://ameblo.jp/g-collecter/entry-11514727649.html
2013.04.21 00:08
Riko
蒐集好事家さま 記事読みました。
記事にしてくださってありがとうございます。
全然大丈夫ですよv

Tさんもエジプト大好きなので、ハトホル女神は名前の候補に上がりました。

なので私もエジプトの神様かと、何度かハイヤーさんに尋ねましたが、「違う」と言われましたので、「エジプト風なんだな~」というところに留めました。

ハイヤーセルフもインナーセルフも…
神話に似た姿で、私達に馴染みやすい集合無意識の元型(アーキタイプ)のイメージを使って、自分の姿を現すことがあるのでしょう。

というか私達の脳が、彼らを認識しやすいように、原型に嵌めこむのかもしれません。

伝説の神々そのものが、ハイヤーやインナーとなることは無いと私も思っています。
(神々は自然・事象エネルギーの象徴ですからね)

蒐集好事家さまの考えみたいに、ハイヤー達の姿を神々だと認識したパターンもありだと思います。^v^
2013.04.21 11:04

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/242-0563ff79