15

ガイド列伝【歌麿師匠】その2

歌麿師匠は、絵を描く時の、ガイドさん。
だからと言って、絵を描く私の横で、出来の悪い絵の先生のように、「ああしろー。こうしろー。ココ直せ~!」と、おっしゃることはありません。(笑)

で、ガイドさんって、いったい何をしてくれるのか!?
本日は、歌麿師匠と交流した中で、印象的なエピソードをお送りいたします。

絵を描くというのは、まず「構図」ありきです。

構図というのは、四角い紙の中に、主要な人物をどう配置し、その主役をいかに惹きたてるかを思って、観る人の目を主人公に向けさせるように、背景を構成することです。

簡単に言うと構成は、設計図、いわば絵の「骨格」。

デッサン、色、立体感はその構成が出来てから付ける「肉」です。

骨が成ってないと、一歩も先に進めません。
一枚の絵として構成する「全身画」にだけ、この構成の苦労があります。

全身画もインナーさんと会って相談する中で、この絵の構成が、ぱっと決まる時もありますが…(まあ、あんまり決まらないことが多い(笑))
「構成が出来ない~~(><;」この蟻地獄にハマると大変。

2012年17日・・・その日私は、昨日行き詰まって出来なかった構成のことを、朝起きたとたん思い出し、不安になりました。

起きたとたん悩む人(笑)

『今日こそ、なんとかしないと…!』
今まで、絵を描くことで、お金を頂いてお仕事をしたことがなかった私は焦っていました。

『お客様を待たせてはいけない!!』<@@;>

実はそんなにはお待たせしてないんですが・・・いま日記を読み返すと、たった1日悩んだだけでした。(苦笑)(^^;

その頃の私は「遠隔後、出来るだけ速やかに返答しないといけない」という、脅迫観念に囚われていた上、さらにスケジュールがパンパンで、一日の遅れが全部に響くという焦りで、恐怖に拍車をかけていました。

※だから今はいい作品をお送りするためにも、構成する時間を考慮に入れ、ラフ画を描く時間を1週間以内くらい頂くことにしております。(笑)

構図が出来ない地獄にハマると、描いても描いても、うまくいかないことだけは、素人時代の経験値で知っています。

今回もまた、課題は西洋の竜という難しいものです。
私がウンじゅん年の落書きで描いてきたのは、基本人間の美形男子だし・・・竜はまったく描き慣れない存在なのです。

動物で資料をみないで落描き出来るのは犬猫鳥くらい。(笑)
竜はいまだ横に資料がないと、デッサンのバランスが取れず、うまく描けません。

その時描いていたのは「ガオーグさん」という竜。家にある竜の資料や、ネットで調べたものだけでは、なんだか物足りなさを感じていました。

昨日16日に、一日かけて苦しんでいた構成ラフ画の一部です。これ以外にも落書きノートにまだ色々描いて悩んでいました。(あまり公開するようなものではありませんが…苦笑)
お恥かしい代物・・・(^^;

描いては消しで、だんだん筆が進まなくなる・・・沈没。

どうしたら良いかは解らないのに、何かこうゆう絵ではないと言うことだけは解るんですよ!(TワT)




「こんな時こそ歌麿師匠!!お願いしたら、いいんじゃん!!」



17日朝・・・寝間で、大カジュのところに行き歌麿師匠に「お願いv」しましたら・・・


ええ?!手伝ってくれないの~!!


だひ~・・・・・(0_0;

うえ~ん。

師匠は完全に絵の技巧、デッサンや、色、筆使い・・・「肉」の部分担当だということだったのです!!



大カジュの手の上で・・・歌麿師匠に言われたことを考えました。何をどう描いて欲しいかは、歌麿師匠に聞くことじゃないのか・・・

落ち着いて考えよう

描いて欲しいと言って来た、インナーセルフさんの要望を聞くこと。
それを知っているのは、インナーさんに会った、カジュだ!

私は自分でやろうとし過ぎました。
自分の力でカッコイイ構図を考えだそうとし、苦しんでいたのです。私の仕事は「私が考えたカッコイイという絵」を描くことではないのです。

インナーさんが描いて欲しい絵を受け取るだけ。
私は寝間で・・・心静かにカジュに尋ねました。

「ガオーグさんはどんな姿を書いて欲しいの?カジュ教えて?」

ピピピと来たよ!

しばらく静かにしていると、スグに、爽快に空を飛ぶガオーグさんの下からのアングルの映像が来ました。(早い)

ついでにしまいこんである漫画に、飛ぶ竜の躍動感あふれる絵の資料が沢山載ってることも、一緒に送られてきました。(ありがとうカジュ!!大好きv)
モチロン、私が描こうとする姿とまったく同じアングルはありませんでしたが、そこは日々鍛えてきた、3D想像力で補うです!

なんともラクラクと与えられたインスピレーションにワクワクして、さっそく起き上がり、どどどと描き上げ、その日のうちにメールでお送りしたのが、下の構図3点のラフ画です!

完成ラフ!

1番上の構図が・・・寝間でのインスピレーションでみたそのものです。
尻尾まで真っ直ぐにしたかったけど画面に入らないからガオーグさんに目が行くように構成。

2番目が・・・空飛ぶ姿を、上からみた図。
(コチラはイマイチだなと思ったので、お客様には「考えに入れないで欲しい」とお願いしました。周りの様子が解るから一応絵は添付しました)

3番目は16日に苦しんで描いていた構図のなかで、一番カッコいいと思ったものを、背景は空飛をんだ感じにしたもの。

実質2点から選んで頂いたのですが・・・・私が得た、ガオーグさんが描いて欲しいと思う絵を、お客様が選ぶかは解りません。(いや中身はガオーグさんなんだものきっと選んで下さると思う!!けど・・・)
過去にもお値段の関係で、選ばれないとことが、何度かありましたし・・・ドキドキして返事を待ったのです。


でも今回は、結果見事にガオーグさんが描いて欲しいと思う絵を、お客様は選んでくださいました!
ああ、良かった~バンザイ!(^ワ^/

「ガオーグさん」の構図は、歌麿師匠にお断りされたことで、大事なことを教わったというお話でした。(ちゃんと断ることも愛なのですね!)

つづく

P.S おっしー様、ygg様、KM様、hinya様拍手コメントありがとうございました!
前回の歌麿師匠画、カジュ大首絵(肖像画のことを昔はそう言いました)皆様に衝撃を与えたようですね~。(計算どうり…ヒヒヒ^ε^))
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

どらてんこ
私も下からのアングルの絵が一番カッコいいなって思いましたv(^o^)
2013.03.16 20:27
Riko
どらてんこ様もそう思いますか!(^v^
さすがガオーグさん提案の構図というところですねv

似顔絵描きなんだから、いらんこと考えないで、インナーさんから素直にアイディアを、受け取ればよかったんです…!

私達はつくずく、自分で考えるよう、自分の力だけで何でもやるように教育されすぎてるなと感じました。

インスピレーション(霊感)が入ってきやすように、自分のいろんな考えで、いっぱいいっぱいに成らないように・・・日々、受け取る力を鍛え中です!(笑)
2013.03.17 10:37

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/234-7b3090a4