19

ここみて・ちゅんちゅんⅡ

昨年にも同じタイトルでブログ記事を書きました。
「古本屋に行き、カジュのお勧めの本まで導かれたお話」です。今日はその二弾。

先日の風邪がだいたい治った休日、寝たきりでこもりっきりだったので、気晴らしに古本屋巡りに行こうかなと思いました。
ただ、治り際で、まだ鼻奥が詰まって息がくるしいので・・・

『どうしても探してる本があるわけではないしな~行こうかどうしようかな~どうするカジュ?』と迷っていました。カジュがニコニコ超賛成したので、古本屋にひとっ走りすることにしました。

ブックオフと普通の古本屋をめぐる予定だったのですが、初めの普通の古本屋に着いてスグ、なにやらカジュが足元にぶつかってきました。・・・風邪以来カジュのモッフンの感触に注意するようになっていた私です。(笑)

もふんっと来た

『お~?なんだろう?古本屋に行くの賛成だったし・・・何かカジュのお勧めの本があるの?』

何か用ですかカジュ?

カジュが店の奥に軽やかに舞いながら進みます。

ごあんな~いv

くるくるぴちゅ~とカジュが舞止まったのは精神世界のコーナーです。

『なんか私が今読むと良い本があるのかな?』

大きな古本屋ではないので、一つの棚の中には、オカルト、哲学、占い、精神世界の本、女性の生き方とかの本がグラデーションで並んでいます。

左の棚はオカルト歴史、神学、悪魔学やら中段は精神世界、下は占い。

右の棚も上は神学、精神世界、下に行くほど・・・女性の生き方、赤ちゃんの名前の付け方などメジャーな感じのものがありました。

よく考えたら、私はカジュと出会う前から、本屋で良い本を見付けるのには勘をつかっていました。

タイトルで、眼につくのが今自分に必要な本なのだと、なんとなく解っていました。
カジュが居る今はなおのこと、自分が関心を持つ本の背タイトルが、カジュが『みてみるピチュ!』と言ってる本だと知っています。

タイトルに気が行く本を見つけたら、大体の中身を把握します。
私の本の読み方は速読系なので「ばばばばっ」とページをめくると、自分が読めそうな本か、関心がもてるかどうかが解ります。

ただ、カジュ(勘)が示すものは一冊丸ごと読む必要がある本と、その中の一文だけ必要だったりすることもあるので、その場合は購入しません。

精神世界の本が置いてある、二つの本棚の中から、数冊…本を手にとりましたが、左の棚にはさっと中身をみたところ、私の気を引く本はありませんでした。

ココからが大変よ(笑)

『カジュ右の棚かな?』

『コクコク』

ざっとみても気を引くタイトルを持つ本がありませぬ。

『う~ん』興味をひくものを見い出せなくなった私は遂に…

『何段目なの?一番上?』(カジュとの会話は口に出してませんですよ(笑))

『ふるふる』

『二段目?』

『ふるふる』

こうして右の棚はカジュに一段ずつ確認しました。

四段目の一番眼が行き易い段にカジュはあるといいました。

『どこ~?』舐めるようにもう一度その段に注意深くみた私は、遂に関心を持つタイトルを見つけました。
その本は、厚さが薄い上に、白い背のタイトルは白い棚の一番際にあり、大変目に付きづらいものでした。

中身はおもしろそうだなとは思いましたが、今すぐいるだろうか?スグにエクササイズしないと意味がないような本なので、買うべきか悩みました。

この古本屋さんは値段が大変安く・・・ブックオフの半額くらいなので、買うほうに気持ちが傾いたのですが、ただ、これからブックオフにも行くので帰りに買おうと思い店をでました。

ブックオフではカジュは私に構うこともなく、くるくる踊っていました。
そして私はラッキーにもバレエ・マンガ「昴」のラストまで読むことができましたv(相変わらず買わない(笑))

Moon 1―昴〈スバル〉ソリチュードスタンディング (ビッグコミックス)Moon 1―昴〈スバル〉ソリチュードスタンディング (ビッグコミックス)
(2008/02)
曽田 正人

商品詳細を見る


前作の消防士の話「め組の大吾」で「第六感や勘」をテーマに扱った作者にいたく感動した私は、その次回作の「昴」も楽しみに読んでいました!
なのにこの作者は途中で「カペタ」とかいうゴーカートみたいなレースの話を描きはじめ、「昴」を中断したのです!(0へ0#

その上ナゼか「カペタ」はアニメになるわ・・・『なんで?昴を止めるほど、どこがおもしろいのよ?カペタ??!』とか愚痴りながら毎週アニメを見ていた記憶があります。(またこのアニメがイマイチだったし笑)

その「昴」の連載が「MOON」と名前を変えて再開されたので嬉しいvと先日思っていたら・・・もうラストの巻が出てるとは!一気に読んでしまいました。

「昴」には「宇宙人と初めてコミュニュケーション出来るのは、きっとバレリーナに違いない」と言うような台詞が出てきます。やはりこの作者が描くと、一味違って楽しいなと思った瞬間でした。

話が横にそれましたが、カジュが普通の古本屋で見つけた本がどうなったかというと・・・

私はそれを買わずに帰りました(笑)

主婦の友社だし・・・メジャーな出版社だから、図書館で借りればいいわと思ったのです。

『カジュどうしても要る?買わなくてもいいよね?』

『・・・コクコク』

どうしても買えとは言わないカジュです(笑)
結構長いタイトルなので唱えながら帰宅しました。

人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド
(2008/03/12)
ヘイル・ドゥオスキン

商品詳細を見る


さて帰宅した私は、カジュが案内した理由を知り、とんでもなくびっくりするんですが・・・

帰宅してスグ親の前で、覚えてきた本のタイトルを思い出し・・・『メモメモえーっと・・人生を変える~一番シンプルな・・』

親 『それ!!私がずっと探してた本よ!!!』

R 『はあ?!』


そういえば何ヶ月も前・・・春頃だったか親に、『この本が古本であったらっ買って~っ』て、メモを渡された記憶があります。「セドナメソッド」とか言ってた気はしますが・・・タイトルなんか記憶にありません。

(カジュは忘れはしないでしょうが(笑))

親は新本屋さんにも行きそうゆうコーナーに見つけられず・・・図書館予約約30人待ちだけど、一応予約を入れたので・・・それ以来私にその本を探すようには一度も頼んでいませんでした。

図書館に申し込んだその本は、10人待つだけでも5ヶ月はかかりますので、モチロン今だ順番待ち状態。(苦笑)

私は、カジュが要るっていった本は『やっぱり即買うべきだったんだ』と後悔しました。でも次の日親は、嬉々として買いに出かけ、ちゃんとその本は手に入りました。

カジュが今回の古本屋めぐりを、親のインナーセルフ「竹ちゃん」からことずかっていたのか・・・『今回古本屋に行こうと私をプッシュしたのは、そういうことだっのね』と納得したしだいです。

(親には「竹ちゃん」の姿は今だ見えていませんが。見えずともよく願いは叶えてもらっているようです)

私のためじゃなかったんだね~(笑)・・・でもいいよ「昴」最後まで読めたしv
(その立ち読みが、カジュが私の望みを叶えてくれたってことかな?!)

インナーセルフ達の根回し…無意識界ではでみんな繋がってるんだな~とまた感じた一件でした。ありがとうね~カジュv


P.S
hinya様、どらてんこ様、ながゆきだるま様、tsunemin様、皆様…長い拍手コメントをありがとうございます!
小さな子供の教育問題に関しましては、十何年絵画教室にたずさわっていたので、スピリチャルな視点を盛り込んだ教育に関心がありますが・・いろいろ考えるとつい慎重になってしまいます。何にしても、子供達にはみんな健やかに育って欲しいです~。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/208-2141d335