13

神の力 その7

カジュに預けた「願い」を、ジタバタせずおとなしく完全に預け切れたかというと、そうでもありませんでした。

うん十年もエゴだけで生きてきた人間が、本当に見えているのか解らない「妄想じゃね?」かと思えるカジュに、いきなり全面的に信頼を置くのは無理というものです。

叶うまで、何度も『就職しなきゃ!』と思ったし、『就職して良いか?』とカジュに聞きまくりました。

そのたび必ず首は「NO」と横に振られました。

カジュはハイヤーさんが見ている、人生地図を私の元に持って来て見せてくれないし、安心させてもくれません。だからエゴは日々ギャーギャーと叫びました。

ただ、就職したら今までとまた同じ人生の繰り返しで、「思うように絵を描くことが出来なくなる絶望人生」が待っているだけ・・・(これもエゴとしてはかなり困る状況なので)

でも、ついに私は幻とも思えるカジュに、とことん人生を預けることに決めました。
(さすが、飢える前には、就職しようとは思いましたよ・・・そのくらいの理性は残ってました(笑))

「願い」を手放すことについては、昨年7月「もっとあの世に聞いたこの世の話」のブログで読んだこの記事もとても参考になりました。

全部まじめに読んでないので前後の話はイマイチわかりませんでしたが・・・(ごめんなさい)、
「願い」は「願ってるうち」は、まだ「源の力(ソース)」まで「願い」が届いていないから叶わないのだとあり・・・『なるほど~~!』と感動し絶望しました。

カジュと出会ってまだ2ヶ月目だし・・・願いを握り締めまくっていましたので!(TワT)

昔々、「新造人間キャシャ-ン」というタツノコ・アニメがありました。
ナレーターは、オープニングに必ず『キャシャーンがやらねば誰がやる!』というのです。



でも私達はキャシャーンみたいに不死身じゃないしな~(笑)

これまでずっと、現実的に自立を目指して生きてきました。自分の力のみを信じて、努力し成功せねばならない。
何事も現実で自分が全部やらないと世界に変化を起こせないというのが、現在の社会固定観念です。

でも昔は、おてんとうさんや、阿弥陀さま、お地蔵さまなどの素朴な信仰があり、人間の力を超えた眼に見えない世界にもちゃんと存在していて(そういうイメージを強くもっていた)、人生が袋小路に迷いこんだ時や、自分の努力では抜け出せない絶望の時に、目に見えない存在達は、そんな精神的孤独を守ってくれていました。

見えないけど確かにある天からの根回しや、フォローし守って下さっている存在を失った現代人が、どれほどの孤独におちいっているかは、精神病や自殺者数がどんどん増えていることでも解ります。
(先日ヤフーニュースで、鬱人口が世界中で3億人超えたとか書いてましたっけ…(ーー;))

神の力を持つ私達が「眼に見えない力が潜むその世界が、まだあるのだ!」と認め、求めれば、目にみえない世界のネットワークは力強く手を貸してくれるでしょう。

ただちょっとコツがあって『自分がやらねば誰がやる!』を手放さないといけないらしいのです。

願望を自分で持っていると、いつまでも叶わない

自分で働いてお金が稼げて、ご飯が炊けて、料理が出来て、買い物が出来て、洗濯が出来て、掃除が出来て、この世で生きていく力が付いて、だいたいのグランディングが済んだら・・・

ここらで一回、「何でも自分だけでやらなきゃ!」を捨ててみてはどうでしょう?

こうゆう「委ねる生き方」は、いろんなところで、オススメされている生き方みたいですね。

今までの社会で薦められていた、自分からどんどん調べたり、ガンガン挑んでいったりするアクション型ではなく・・・
ふと思いついたことや、何度も繰り返し現実に示された情報を元に、やっと動くリアクション型の行動様式だそうです。


腰が重くても大丈夫ですよ~。
インナーやハイヤーの「お知らせ」はとっても、しつこいですからねv(笑)
高次存在達を、自覚しだすと、カジュ達のアピール度も激しくなります。

三位一体の行動形式


大変リラックスできる「直感を受けて動くリアクション行動様式」ですが、今回のでだしでお話したとおり、頭で解ったからと言って、さくっと行動できるかと言うと、そうでもありません。

カジュ達が送ってくる…直感が示す道は「え~~~~~っ!そんなことしてて良いの?!」て言うことも多いので(詐欺や犯罪でといったような人を傷つけることではありません。私が一番困った直感が「ゆっくり待ってて。休んでいいよ」だったです。(爆笑))

直感を実行するのは、結構コワかったりします!

直感の示す道が、未知の道だったりしたら、さらにエゴが超びびるので大騒ぎ。(爆笑)

指示された直感が・・・いきなり大きな変化で恐すぎると思ったら、その指示はほっておいて、小さな直感から試してみてくださいね。

カジュ達の言うこと(直感)は信じて大丈夫なんだという実感を、日々の中で得てから、少しずつ大きな指示を実行していくと良いと思います。

「直感を受けて動くリアクション行動様式」と「エゴがもたらす不安との付き合方」が書いてある・・・(他にも大事な事がたくさん書いてありますが))オススメ本が、この一見ビジネス書みたいな本です。



この本の作者は以前「インナーセルフ用お勧めブックレビュー」で紹介した「第11番目の鍵」と同じ作者さんです。
上の本については、また別に書くことがあるとは思いますが、現在はご紹介までに・・・・。

先祖伝来のエゴはいろんなところに、すごく自然に隠れていて、無意識に、古いパターンで自分を動かす原動力になっていたりします。

私も先月は体調をくずし「作業が遅れて迷惑をかける」という妄想(まだ実際、締め切りまでには充分時間はあったので、妄想だった)で、暴走するエゴにまみれアセアセしまくりました。

『休むぴちゅ~!』とカジュに羽根で頬をパタパタはたかれたり、『働かなきゃ~』とジタバタする私を、アヴァさんに腕を持って止められたり、自分の心の中だけでしたが、おかしな葛藤劇を演じました。(^^;)>

私もまだまだエゴ中心の生活習慣が身に付いていますんで、毎日不安で暴れる馬(エゴ)を「どうどう」と調教中です。

インナーセルフ達、高次存在と付き合い出すと、いらない思い込みなども上がってきて・・・不愉快になることもあるでしょう。

高次存在と付き合い出すと「類友効果(同じ波動のものが集まる)」で低次元な波動の思考は必要ないものとして、顕在意識(光)に自覚させ、浄化させられます。

自然現象なので、しょうがないと諦めてください。(笑)

ま~潜んでいたエゴ(恐がってる思い込み)が顕在意識(光)まで上がって、自覚できたらしめたものです。
ともかくエゴの調教は気長にいくしかないようです。

つづく


P.S hinya様、そら☆、tsuneminさま、どらてんこ様、いつも拍手コメントありがとうございます。

エゴは私達を守りたいのです。エゴなりの私達への愛なのですが・・・恐怖と不安から出た愛なので・・・インナーセルフの大きな愛でエゴを安心させてあげたら、緩和されるかもですね。^v^


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/201-f1492464