13

神の力 その5

やっとこさ~「神の力」の続きです。(^^;>

「神の力 その1」「その2」は、インナーセルフが潜在意識と、どう関係があるか、潜在意識の性質を書きました。

「神の力 その3」では、私達の日々の思考がどれほど雑多なものであるか、自分がいかに自分自身に呪いをかけてるかの構図を書きました。

「神の力 その4」は、私達が被っている、社会から押し付けられているいろんな仮面、自分を定義する「思い込み」の被り物を被っているという話でした。

こんな感じで人類全員が等しく「神の力」を持っていることがちょっと解っていただけたと思います。

ただ以前の記事を読んでくださった方はお分かりのように・・・
私達の思考は、日々、外からの刺激やエゴがもたらす不安で、かなりぐちゃぐちゃです。
統一感が無い思考で、魔法の力を使っても、効力がとても弱い。(叶えたい望みに集中できてないので)

それにひきかえ・・・
「神の力」を操るカジュ達の思考は私達より、すごく明晰です。

その思考の構造を描くのは、ごちゃごちゃの思考に慣れきった身では、イメージが湧かないので……まずは私の思考を図解していくことから始めますね。

ハイヤーセルフもインナーセルフも知らない頃の、私の思考とカジュ達の関係・・・
『直感?って何?』ってくらい、とんと直感や霊感とも縁がなかった頃のお話。

私がいかに、インナーセルフ達がもたらす「直感(お知らせ)」を、無視していたかのドキュメントです。(=v=;)
※かなり戯画(マンガ化)してます。

例えば・・・辞職して「次、どこに行こうか?」と、迷っている状態の時、私は強く思いました。

「次ドコに就職しよう、これからどうやって生きていったらいいんだ~?」(どこに願うでもなく、自問自答みたいな感じです)

ハイヤーセルフのアヴァさんが(左の仏像みたいな人)人生を見渡して、次どう動いたら本道に戻れるかを、カジュに指示しました。

人生を俯瞰(ふかん)する二人

アヴァさんは私の望みの、次の就職先なり、次に生きる道への最短ルートを知っています。

ただそのサイン(知らせ)は、現実に生きる私達にしたら、なんのメリットも感じられず、脈絡もなく、悩みにストレートに答えたサインじゃないことが多いのです。

今回のサインは「〇〇に遊びに行きたい」。(何でやねんアヴァさん(^^;))

カジュはそのサイン(お知らせ)をもって、私の顕在意識(脳・思考)に突撃。

届けるピチュ~

私の頭の中では「神の力 その3」で書いたように雑多な思考が、ベルトコンベアによって運ばれ、自動的に現実化させてくれる装置(潜在意識の法則(神の力))に向かって、常に流れています。

私の思考内部

そこにハイヤーから、「行き止まり道からの脱出法」のサイン(お知らせ)が、私の思考に差し込まれました。

私は一瞬、楽しいかもしれない「遊びの計画」にワクッと、心を動かします。(ワクッする心がよく直感って言われますね)

「いこうかな」

「久しぶりにあそこに遊びにいこうかな」

「でも、就職も決まってないのに遊びほうけてていいの?」

「こんな時?」

「用があったっけ・・・?」

「行く理由もないしな」

「ただ行くだけなんて時間のムダだ」

「面倒だしな」

「無職だし、お金、出来るだけ節約・節約」

「遊んでる時じゃないわ、早く次の就職先探さなきゃ!」

直感を無視しました~!

次の就職先に関係ないことだったので、私はそのサインを無視しました。

あっという間にカジュのもたらした「サイン」は、私の不安思考(エゴ思考)に塗り潰され、現実化の力を失いました。

まさか遊びに行くことで・・・

「そこに行って、会う人がくれる情報が次の扉を開くヒント」だったり。

「遊びに行った先の壁に就職に関する張り紙」があったり。

「休憩に入ったカフェのラジオから流れてきた情報が大事」だなんて・・・

誰も想像しませんので、当然ですね。

カジュは、ハイヤーセルフのアヴァさんに報告。
私が無視したからといって、二人とも腹をたてたりムカッともしません。

おおらかというか、人間的な不安や執着がありませんので、高次存在達の思考は・・・
気楽の局地。

また違うのを知らせよう

きっと彼らからすれば、私を導くチャンスは無限にあるのでしょう。
慌てたり焦ったりすることはありません。

『寄り道も、まあ経験だ~、あんまり不愉快になったら、外(エゴ)の声ではなく、私達の声(内側の声)を聞くだろうし』

くらいな気持ちなのかもしれません。(笑)

そしてまた、カジュはハイヤーセルフのアヴァさんからの「サイン(お知らせ)」を甲斐甲斐しく、私の思考にもたらし続けます。

諦めを知らない愛情

カジュが、私とアヴァさんの所を行き来する、この過程はかなりの速さで何度も行われます。

「直感」は上の絵に描いたみたいに、色付きでもないし、目印も付いていません。
まったく、普段の思考と区別がつきません。(まあインナーもハイヤーも私自身なのだから当然ですね)

「直感」は、私達の思考に劇的にもたらされることは、めったにないように思います。

(どうしてもの強調の場合や敏感な方は、ビビッと来たとか、雷に打たれたようになる時があるらしいです。私は体験したことがない・・・。)

「直感」は日常の思考の中に、「ふと…」、「何となく」という感じに、こまめに混ぜてこられてるので、見つけ出すのが、大変なのですじゃ~(^^; 
(まれに、直感に従うのが上手な人がいます・・・羨ましい)

こんな感じにカジュ達インナーセルフは、私達のために日々働いてくれています。
私達が『導かれていない』と感じるだけで、実はバンバン、導きはやってきています。

それがハイヤーの役目であり、インナーの役目だから。

知らなくて無視しまくって、ごめんねカジュ。(アヴァさんもスイマセン)

つづく


P.S tsunemin様、東雲さま、おっしー様、どらてんこ様、拍手コメントありがとうございます。
体調を気づかって下さってるコメントもあり・・・ご心配おかけしました。(元気です)
な~んも書かず、長いこと休んでいて、ごめんなさい。m(_ _)m

ブログの更新を、楽しみにして頂いてるとのこと、大変嬉しかったです!
パソコンが普通に動いて、ブログ書けることが・・・すごい幸せに感じます。(笑)



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/195-42094be4