13

めぐりあい…カジュ!

やあ、久々に大阪は晴れました!なのに黄砂のせいで窓も開けられないのがちょっと悲しいですね!!

インナーセルフ(妄想)観察日記。長らくお付き合いいただいてます。
今日こそ正体を暴きたいと思います。(笑)

5月4日にインナーセルフワークをしてもらった私でしたが、その日からかなり奥歯の歯茎の腫れが悪化してまして熱っぽいし体調も悪く、いろんな意味でぐでんぐでん状態。
絵も描く気力もなくし、すべてのやる気を欠いてました。
『8日はSちゃんの癒しスタジアムの手伝いもあるしなあ・・・・』手伝いといえどもほぼ周りのブース回り放題の楽しいイベント。
なのですが楽しいことさえもすべてメンドクサイと思える最悪の精神状態。
腫れのイタさと精神の低迷のため、とりあえず他力本願に走りました。

そう!インナーセルフに助けを求める!(自分だから他力じゃないか~?)
『カジュ~しんどいよ~メンドクサイよお~疲れたよおお~』
妄想の中でインナーセルフのとこに行ってみて甘えてみました。
ふわん
ぐてん

おお、かなりの好感触です!大好きなお布団の上をゆくすべすべ感。
かなりの気持ちよさ。(妄想もココまで行くとちょっと役に立つですね!)
気持ちいいので、ごろごろ転がってみました。

ごろごろ

これはじゅうたんのようにかなり広いですよ。コレが部屋なのか?!

妄想とは何でもOKな世界なのを良いことに私は膝枕を要求しました。
膝枕

鶴の恩返しの劇に出てくるおつう役の振袖が羽根みたいな感じの服の袖で上布団の代わりにおおってくれました。      
        
羽根布団 マジ
おお本物の羽根布団。

「インナーセルフ」妄想の全貌がだいぶ見えました。
座ってる人物の着物の袖や裾がが羽根になって放射状に広がってる。
ただ羽根といえども現実の鳥の羽根みたいにカシュカシュしてないし。やさしい布っぽい。

とりあえず見たものを描くのは絵描きの本能。
落書きしまくってるうちにいろいろみえてくるものなのでこの妄想を描きまくりました。
真上から見た図はタンポポみたいとか
髪の毛とか瞳とか角があるのかないのかとか
脚は何本あるんだろう?正座しててわからないとか
しっくりゆくまで描いたわけですね。

で下の小さな画像となりました。(画像が大きいのでクリックしてご覧ください)

かじゅ

色と放射状の形状、見た目がどうしても太陽の眷属っぽいので
もう一回本気で家にある神話系の本を数冊めくり八咫烏を調べてみました。
あとネットでカジュという言葉、鳥の怪物系を。
すると3本足で太陽の鳥で火鳥(カウ)というのが出てきました。
わあ~!音が似てる・・・・あるもんですね。
以下ネットに載ってた文です。

「足が3本あり、太陽の化身だとされる、日本の八咫烏に似た中国の伝説上の鳥。
中国では古くから、太陽の中にカラスが棲むとされ、それが火烏(カウ)と呼ばれていた。
太古の中国では、太陽が10個あったため、地上は干ばつで苦しんでいた。
弓の名手が9個の太陽を矢で射ると射抜かれた太陽は、火烏(カウ)となって落ちたと言う。
背に太陽を乗せて運ぶとも、口から噴いた火が太陽になる、ともいわれる。
干ばつの神。太陽の象徴。三足烏(さんそくう)。瑞鳥。」

干ばつもたらすのに瑞鳥(めでたいことの予兆)って・・・矛盾してますね。
そりゃ太陽10コもあったら干上がりますよ。

ちなみにカジュにも火を吐いたりするのかか聞いてみたところ吐かないそうです。
聞いたわけでなくそうゆうイメージをくれました。口の中は燃えてそうですけどね~。

そう・・・・私は「インナーセルフ」とまだしゃべることが出来ないのでした(笑)





スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/19-2fa1a8f3