17

さまざまなインナーセルフ その27

3月のイベントはフル人数の予約を頂いて・・なんというか人間としての活動時間が取れませんでした。
まさか・・・そんなことになろうとは思いもよらなかったので、私はご飯を食べたり、トイレに行く時間を考慮した予約表にしていなかったのです。(==;)

一食くらい食べなくても大丈夫です。でももう一つはどうしようも無く・・・次のお客様には待っていただくことになってしまいました。謝り謝りブースを離れダッシュで戻っても5分~10分はお待たせしてしまいました。

お客様は、待っているあいだ、一緒に出ていた親とお話して時間を潰してしてくださっていました。

帰ってもう一度お待たせしたことを謝りましたら、「いいですよ~」とおっしゃってくださり・・・なんと寛容なお客様なんだろうと、感激していましたら、その方が顔絵用の看板にある、竹ちゃんのイラストを指差し、『私、ナゼかこの人知ってるって、お話してたんですよ!』

R 『???・・・・?』

時間もせまっていたので、さっそくセッションに入らせていただきました。
不思議な感じのお客様だな~と思っていましたら、また出店者さまでした。
霊能力を持つ方々が一杯出ているイベントなので、『なるほど』と納得しました。

出てきたインナーさんは・・・凄まじくゴージャスな方でした。

フランスのルイ王朝時代の貴族の女性で、頭の先から足先まで、その当時のおしゃれなアイテムで埋め尽くされていました。
頭に白い鬘ヘッドドレス、顔には付けボクロを二つ付け、扇は布でマーガレット柄の刺繍入り。イヤリングとペンダントはルビー、手袋には細かな刺繍があり、指輪はサファイアで、結婚指輪らしき金の指輪もしています。

ベルバラ時代のフランス女性

マリリンモンロー的な色っぽさが漂う、18歳のうら若きこの女性に質問しますと、必ず貴族らしく扇で口もとを隠しお返事されます。

前世バーションのインナーさんだったので、この時代のフランス女性なだけに『彼女に思わず旦那様以外にも恋人とかおられるのですか?(偏見だ)』とミーハーな質問をしたら、扇で口を隠し目だけにっこりとされました!!
『否定しなかったですよ~~!』とお客様と一緒にキャーキャーしてしまいました。(爆)

そして、私がお名前をお聞きしようとした時・・・・

お客様 『・・彼女の名前・・・・・・・・マリアンヌ?』

『マリアンヌじゃないかな』

インナーセルフ(高次自己)は自分自身に繋がっている存在なので、誰が言うより一番正しい情報は、繋がっているご本人に上がってきた情報です。

おお!すごい~と初めて名前を自分で聞き取られた方がおられた~!と感動の嵐。

今回のご依頼は全身画でした。私はその時、心の中で「ええ!!?!」と叫んでいました!
(全身の依頼が来るわけないとたかをくくっていた私)

私は、マンガの真似は「うる星やつら」に始まり、後はいろんなマンガのアクションシーンや戦闘シーンを真似てトレースし、練習してきた人間です。(ロボットや銃や武器や馬がうまく描けないかと、ガンバる十代少女)

ベルばら(マンガ:ベルサイユのばら)も読んでいましたが、ドレスに興味がまったくなかったので、真似た覚えもなく(どっちかというと軍服描きたい派)、生まれて初めて、まじめにドレスを描きました。

おフランスのドレスの鬘が解らない!!とプレッシャーに巻かれながら、帰路についたらば・・・西洋ファションの歴史の資料が家の本棚にたくさんあり助かりました。
(捨てないで置いておいてマジ助かったです~~(TvT;))


イベント後、いただいた感想メールにて・・・あの不思議なお客様の、正体、職業が解りました。「ライトワーカー」のヒーラーとして活動なさっている方だったのです。
お名前はSoraさま

私はその瞬間まで「ライトワーカー」という言葉を知りませんでした。

私のスピ情報は10代の子供の頃に培ったものがほとんどな上・・・・ここ1年で仕入れたスピ情報は、インナーセルフを探求するためのものばかり。
それ以外の現代のスピリチャル用語は恥かしながら無知です。

相当興味が向かない限り、スピ本もスピブログも読みません・・それれほど文字好きでもないので、頭がイヤイヤして入らないのです。

ただスピ情報は一般教養と違い、全展開的に知れば知るほど混乱しそうなので、現在はカジュが「今この本読んで」と、持ってきた情報だけを入れるようにしていました。

添付されていた、ブログアドレスに飛んでみたけど「ライトワーカー」の意味はイマイチ解らず…(苦笑)
(スピ好きは、皆知ってて当然なのでしょうね…今のご時世に付いて行くのよ!私!><;)

「やっぱり、スピ関係でお仕事をされてる方なんだな~」と、あまり深く考えずに感想のメールを読み進めました。

そこにはさっそく、マリアンヌさんに頼みごとをして、助かったというお話が書いてありました。※ピンク部分ご感想の抜粋です全文読みたい方はコチラ

それ以来、ずっと 下手なガイドより、、、いや、ガイドもありがたいし、
マリアンヌもガイドじゃないんだよね?ごめんごめんと会話も進み、 すっかり仲良しに。彼女は 相変わらず おほほほ と センスで口元を隠し
たったままですが すすすすすーーーっと 横にスライドするように動き、それが 結構速いw
で 用事をあっさり ささっと 数分で やってのけるようです。


すごーい、早くも、もうコミュニケーション初めておられるの~!嬉しい!
さらにその後に書いてあることが、また大変興味深かったのです。

で、 後日、うちのハイヤー(イケメンゲームキャラ風)のいる場所の部屋の内装が具体的になり、 広いところにいる映像がきて翌日はなんと、 そのハイヤーの奥に 誰かいる、、、
そう、、、マリアンヌがいるじゃないですか!


ハイヤーセルフの秘書?!
※想像図です。

で、ハイヤーに 「なっ! なんでマリアンヌがいるの?」って聞いたら
「ああ、 マリーのことか?」と ポーカーフェイス。

マリー呼ばわり! ど、どういうご関係で? まさか、マリアンヌの夫がおたくじゃあないでしょうね? と ふと思ったら、ハイヤーは ふん! と にやっと笑い くるりと背を向けて移動しながら
漠然と伝わったのが翻訳すると「まあ、、、いわば 秘書をやってもらってる」ってな 感じでした。
 
マリアンヌは ああいった 姿だけど 細やかな動きをする、ハイヤーとツーカーの 関係性らしいです。
わたしの要求に「ああ言ってきてるから、マリー、適当にやっといてくれ。」って やりとりを 妄想してしまいました。
 
ほんとなんでしょうか??? (^_^;)
是非、このハイヤーも お見せしたいものですー。


わ~!Soraさんはハイヤーセルフが・・・見えてる人なんだ~!
(無知のせいで失礼ばっかり言ってるような気がします(笑))

私のハイヤー、アヴァさんにも「カジュにメッセージはのせて渡している」と以前に言われたので、ハイヤーセルフはインナーセルフに、「この地上の些事、願望処理は任せているのだろうな」となんとなくは思っていました。

この文章を読んで・・・ココのハイヤーさんも、インナーセルフを秘書みたいにしているとは、衝撃の事実です!
私とSoraさまのお話2件だけで断定することは出来ませんが・・・

Tさんのアセンデットマスターのこともあるし、インナーセルフが高次の霊的な存在のいろんな窓口で、現実的な次元へのダウンロードに関係していることは、あながち間違いではないような気がしました。

その後、「ホ・オポノポノの理論」を読んだりして、「インナーセルフはやはりハイヤーの直属の使いだ」という考えを強化しました。

この7月に、Soraさまとまた、お会いする機会がありました。
その会合の後(詳しいことはまた後の記事でv)帰路の車内で、Soraさまは同行なさっている方と「インナーセルフの行きっこ遊び」をしていた中…

パピヨンバージョンのマリアンヌさんが出現したとのご報告を受けました!
人間の姿の元マリアンヌさんも、背後にいたので、ちびかじゅのような分身みたいです。

掌サイズで妖精みたいだということでしたので、私はドレス姿にに蝶の翅が付いた姿を想像しました。(うーん、さらにゴージャス)

でも、さらに詳しくきくと・・・・

Soraさま 『みなしごハッチの女王蜂みたいな感じみたく・・・手足もあんな感じなんですよ』

R 『ええ!!ちょうちょの着ぐるみなんですか~!!?』

パピヨン・マリアンヌさんv
※想像図です。

意外なお姿に衝撃を受けました。

「ちびかじゅとのやりとりを 生で見させてもらったので、それが ヒントになりました!」とおっしゃって頂き、こうしてインナーセルフが、ご本人さまのさらに身近になったお話をお聞きすると、大変嬉しくなりますv

こんな方がジワジワと増えていくといいな~(^v^

それにしても、カジュの分身のちびかじゅは、元カジュのぽわわんとした天然さんなところを凝縮し、子供みたいにテンションを高くした感じですが・・・・マリアンヌさんは分身に成って出ても、生足が艶かしい、色気たっぷりの大人なのですねv


※後ほど「ライトワーカー」の用語は理解しました。
ドリーンバーチュ公式サイトhttp://doreen.jp/angelguide/009iyashi.html

ドリーンバーチュさんは天使のことだけでなくて、いろいろ書いてるのですね。
そういえば著書で「インナーセルフ」のこともチラって書いてたっけ…幅広いな~。
でもドリーンさんの本は殆ど読んだことがない私です。(^^;)


P.S
おっしーさん拍手コメントありがとうございます!
日々忙しいと、ちびかじゅの存在を忘れてしまいますが、ご飯時だけは忘れず、毎食一緒にごはん食べてます~。^v^



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/183-b0658fff