14

ウーちゃん再訪問 その2

ウーちゃんことウアウトリさんに再訪の続きです!

「ウーちゃん」のインナースペースに、私、カジュ、H田さんの3人でお邪魔しているわけですが・・・。
私に見えているのは、カジュとウーちゃんだけです。H田さんの居る所はさっぱりわかりません。

H田さんがみえる『ウーちゃんの姿がシルエットだ。』ということで、カジュにその場をもう少し明るくしてもらったのです。
恒星(太陽)の精の「明るい」は私達の眼には閃光弾(目潰し)にしかなりませんでした。(笑)

私はやっと、LED電球並の明るさになったカジュを持ち上げようと屈み、ふと上を向いたら「ウーちゃん」の顔が見えてきたのですが・・・。
カジュの居る場所がちょっと低いのが・・・災いしました。(笑)


お化け屋敷風光源

どこのお化け屋敷じゃ!!!

『ははは・・・こら恐いわ~。(失礼)』と心の中で思っていたら・・・
H田さんもそれを見てしまったようでした!

それでも喜ぶ剛毅なお嬢さん

H田さんにウーちゃんの顔が見えた!
これは大変うれしい事実でしたが、なんだか 『これが・・・・初対面でごめん!!』な気持ちでいっぱいです。(=ワ=;
事故的初対面・・・良いのか良いのかこれで・・・・?チーン。

恐い顔を見たにしても、H田さんは結構喜んでいました。

私も嬉しいんだけど・・・・なんにしても、顔の辺りまでなんとか見えたんだ!会えたってことだよね!!
気を取り直して・・・次の段階に進むことにしました。

『ウーちゃんに、クイズに答えててもらおう~!』

インナーセルフが持つ集合無意識(第六感)の情報を生活に活かすためには、視覚を通してコミュニケーションが出来ると楽しいし、便利ですし・・・H田さんが見えた「ウーちゃん」が、ただの想像か妄想か幻か?を知るための実験でもあります。

私は「ウーちゃん」のインナースペースからは出て行き、現実に眼を開けて一切、中のことは視ません。
H田さんが知らない、私の個人情報を2択のクイズで出しました。

『私の干支は』

『私の星座は?』

『私が現住所に引っ越したのはいつ?』

・・・・・5問くらい出題したと思います。


現実で私は、眼を閉じて集中しているH田さんを見ているだけです。
「ウーちゃん」がどんな反応しているかはまったく解りません。

H田さんは全問正解しました。

R 『スゴイ!見えてますね!』

H田さん 『そうなんですか・・・?見えてるんですかね?』

R 『ウーちゃんが答えてくれたんですよね?』

H田さん 『姿がまたシルエットみたいになっちゃったけど・・・うなずいてました。』

下のイラストは、H田さんの旧ブログに載っていた言葉を基に描いてみました。

彼女いわく・・・答えてくれた「ウーちゃん」の仕草は・・・・
幼児か?というほどオーバーアクション。(笑)

結構激しいYES・NO

多分見えにくい彼女に解り易くしてくれたのかもしれませんね。(やさしいな~ウーちゃん)

「ウーちゃん」も、彼女のインナーセルフという存在へ向ける暖かな心や、会いたい気持ちを感じているからでしょう。
H田さんの旧ブログに載っていた文章を引用させていただきます。(許可を頂いて載せさせてもらいました。)

『R子さんと共同でイベント出展されていたSさんが、「インナーセルフさんはだいたい『これだけ色々アピールしてるのに、なんで違うことばっかりやっちゃうのー』状態が続いて、拗ねていじけています(´・ω・`)」と仰っていて、本当にそうだろうなぁと思いまして。

でもそうやってイジイジしながらも危険がせまると「そっちじゃないよー」とか、絶えず本人を心配してくれているだろうインナーさん(´・д・`)なんか、そういうの聞くと「めんこい」ですよね。

本当に存在するのか否か、信じる信じないは個人の自由ですけど『ど根性ガエル』でいうところの「ピョン吉」に憧れたことってないですか?('_'?)たぶん、ああいう感じだと思うんですよね、インナーセルフ。

私のように「会いたいぜー」と積極的に動く人は少ないかもしれないですけど、もし向こうから「昔からずっとここにいたんだけどさ」とアピールされたら、結構みんな嬉しいんじゃないかなーと(´ω`)』

インナーセルフ達は、私達にまったく認知されていない時でも、私達を見守り、大事に思い、愛してくれています。

この頃感じるのは、どうも・・・インナーセルフは私たちが助けを求めないと、私達の人生にあまり介入してはいけないことになっているのではないか?・・・もしくは介入しないとでも約束しているような気がするのです。

私たちが『もうだめ!助けてくれ!』といえば、インナーはきっといくらでも助けることが出来るのだと思います・・・でも私達の自由意志は絶対不可侵な上、基本、私達はインナーを知りません。(苦笑)
(あれこれしろと言う存在は浮遊霊だとか書いてあった本を何冊か読みました。)

インナーは、ハイヤーセルフからのメッセージを私たちの思考に混ぜ(第六感)、それに私たちが気が付くことだけを願い、愛する者がどんなに人生に苦闘していても、ただひたすら見守るのです。

だから、見つけてもらった時の「薔薇の精」の、『私はここにいるのよー!』という喜びっぷりなんかをみると、いじらしくてちょっと泣けてきます。
(自分のブログを見て泣くなんてアホみたいですが・・・この頃涙腺が弱いらしい(苦笑))

お話がそれましたが、H田さんの「ウーちゃん」好きは、こんなキャラまで生み出すほど・・・
(下2点のイラストはH田さん提供ですv)

ちびウー(H田さんデザイン)

H田さん 『ちびかじゅたんみたいに、ちびウーを外出しインナーセルフにして・・・ちびウー達3人に~たかられてお出かけたいんです~v^v^v』

ちびウーにたかられて幸せ

H田さん 『このちびウーは・・・ウーちゃん的にOKって言ってくれてますか?!』
(私がウーちゃんのインナースペースにいた時に聞かれました。)

その顔・・・(笑)

R 『うーん、あんまり喜んでない・・・みたい?(苦笑)』


愛するH田さんの望みでも・・そこを許すかどうかは、微妙なのね「ウーちゃん」。




P.S
「カジュと一緒にインナーさんに会いに行こう~お試しセッション」
セッション時間は30分 2000円。(会えなければ「再訪」30分の値段と同じ1000円)
条件は「眼を開けていて、目の前にカジュが大体想像(妄想)できる方」です。
チャレンジご希望の方はイベント告知のところのメールアドレスからご予約くださいネv

※これは誰でも確実にインナーさんと会えることや、見えることを保障するものではありません。会えたとしても、セッション後も必ず継続して会えるかどうかは保障はできません。

現実の友人でも声をかけなければ疎遠になります、インナーセルフは見えない分、さらに自分で積極的にのコミュニュケーションを継続して行わないと、私達にとっては居ない存在になりがちです。
(でも見えなくても、インナーさん達は『助けて欲しい!』と言えば助けてくれます。そこは愛!(笑))



P.SⅡ
おっしー様、えびす様、またまた拍手コメントありがとうございます。
皆さんがインナーさんに会えて、日々ラッキーに恵まれて幸せになってゆくことが、私の喜びです。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/149-f12acefd