25

カジュたんぽ

列島じゅう、寒い日が続いておりますね~皆様は、湯たんぽとかお使いでしょうか?
私は眠る時、足元に何も入れないのが好きです。靴下も履きません。
かわりに、寝る前にシャワーかお風呂で必ず体を温めてから眠ります。

昨年の冬の始まり・・・置コタツを出すか出さないかの頃、カジュで暖が取れないものかと、遊んでみました。
カジュは霊的存在とは言え、太陽なんだから・・・『ぬくいのかな~?』と。

カジュは実際見えないし立体じゃないし・・・現実は、独り言をいう人間が居るだけの、大変間抜けな図です。(家だから、いいや)

カジュでぬくぬく?

気のせいだろうけど、温かかったので助かりました。
これでだいぶ時間を過ごし、ですがやはり日が暮れてきた寒さに負け、ちゃんとコタツに入りました。

これだけなら私だけの遊びだったのですが・・・カジュの温かさを感じた話が、他の方からも報告をされたので・・・「もしかしてマジに、カジュが居ると温かいのかな?」と思い、この記事を書いているしだいです。

先日の日曜、久々にカラオケに行きました。帰りはメンバーのTさんを、いつも自転車に乗せ、最寄駅まで送るのですが、別れ際つい話が弾み、寒い夜のさなか、長話をしてしまいました。

カラオケの終わりにルーム内で、Tさんのインナーセルフ「マルガリテちゃん(マリちゃん)」のところに訪問しました。
そのせいで、自転車で二人乗りしている時も、カジュは久しぶりに会ったマリちゃんのインナースペースにお邪魔したままでした。

※Tさん透過図
二人は仲良し

立ち話の中、Tさんが『カジュが居たから自転車に乗せてもらってる時も、温かかったよ。』と話してくれました。

最寄駅に着き、もうバイバイするかなと思って、カジュもすでにTさんのインナースペースから出てきていましたが・・・・ナカナカおしゃべりは終わりません。(苦笑)

私は自転車をこいできたので体も温まり、たいして寒くなかったのですが、Tさんは手がすっかり冷えていました。
二人共もう帰らなきゃと真剣に思い始め、『カジュが温かいの』というのは半分ジョークかなと思いつつ、体が冷えているTさんのインナースペースに、もう一回カジュに行ってもらいました。
『Tさんを送っていってね。カジュ!』

カジュ行ってきて

『さてもう帰ろう』と言ってから、まだしゃべる私たち・・・(いい加減にしろ(爆))
・・・カジュの話題も出たので・・・カジュが中から顔を出しました。

それは・・・ちょっと

ワ~~私にしかみえないけど・・・
ホラー映画みたいだから顔出さないで!!かじゅたん!


その後カジュは、彼女をTさん家の最寄駅まで送って行ったようで・・・・後ほどメールで、『その辺りまでお腹が温かかったよ~』とご報告を頂きました。

また、そのメールには、カラオケルームで、ファーデンクオーツをTさんの手において繋がった時、『Rikoさんの手から、かなりはっきり熱みたいなものが流れてくるのを感じました。』と書いてあったのです!?

・・・・?!
これ・・・なんだか前にも聞いたことがある話だな・・・?!


前回の癒しスタジアムのお客様が・・・ご自分のブログで、私とのセッションのことを詳しく書いてくださっていたのを読んだのですが・・・・「重ねた右手の先から徐々に熱?というかゾワゾワした感覚」や「お腹がほかほか」、とか・・・そこにも同じことが、報告されていたいのです!(Tさんにはそのかたのブログは教えていません。)

カジュはやはり、温いのかも~!?さすが太陽(恒星)だわ!
『恒星なので湯たんぽではなく、核融合たんぽですね~。(コワ)』

と温めてくれたカジュに感謝しながらも、Tさんとそう言い合ったのでした。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

H田
過去記事にコメントすいません。
昨日チケットが到着致しました!
ご丁寧にありがとうございました(^^)
お邪魔させて頂きますので、よろしくお願いします。

Tさんもポカポカされたんですね。
私も確かにホコホコした感覚がありました。
「他」の意識が介入してきたのでそんな感覚を味わったのだとばかり思っていましたが、カジュたんの個性によるものなのでしょうか!?
(他のインナーさんにお邪魔されたことがないので比べようがありませんが)

一緒に時を過ごせば過ごすほど、いろいろな発見がありますね!
また新たな発見をされた暁には、素敵なイラストでぜひぜひご紹介くださいませ(^^)
2012.01.30 14:40
Riko
H田さま、コメントありがとうございますv

チケット無事届きましたか?よかったです。

そうですね・・・・日々重ねるごとに少しずつ、いろんなものが見えてきて楽しいですね~!
(インナーさん訪問は特に楽しいです~!)

今日も親が公共機関にいったのですが、違う部署、二箇所を回り、そのたび順番待ちに巻き込まれるので、「へきへき」しながら向かいました。

私も行く前から親が快適に回れるよう、重々カジュにお願していたのです。(親には黙って)
親は親で今日は初めて竹ちゃんに「すんなり行くように」頼んだのでした。

親は5分もたたず家に帰ってきました。
(忘れ物をしたのかと思いました!)
頼まなかった時との・・・この雲泥の差は何!?!

インナーが見えない親も『どんな小さいことでも、しょーもないコトでも、頼んでみるもんだ』と竹ちゃんに感動&感謝してました。

H田さまも、そんな小さな奇跡話が、ありましたら、お聞かせくださいねv
(『これは偶然?』とか、『思い込み?』とか思っても・・・)(^v^/
2012.01.30 17:27

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/130-5404849d