23

微妙なコミュニュケーション その2

カジュの微妙なボディーランゲージ第二弾です。

ウチはパンが大好き家族です。特にハードパン万歳!

フランスパンでも、外パリッで中がフワッっが大事です。
ブール、クッペ、バタールのあたりが最高に好きです。

ご贔屓のパン屋が遠い所にあるので、パンを1週間に一回ほど電車に乗って買いに行きます。
その日は、珍しく私も一緒に気晴らしに出かけようかという話になり、、『パン屋は最後に寄るとして、どこに遊びに行こうか?』という話になりました。

大阪で遊ぶ所?遊園地は興味ないし・・・ショッピング?
梅田は・・あまりの人ごみと道の迷走ぶりに疲れ果てるし。
灘波・・・デンデンタウン(大阪の秋葉と思ってください)も楽しいけど、それはオタクの私が楽しいだけだし~。
天王寺な~・・・よく行くし(自転車で)、石屋巡り・・・私が楽しいだけだし、ついお金使っちゃうし。

親が好きな本屋巡りもな・・・立ち読みは疲れるし~。親と私では好みが違い・・・行く所に困ります。
『行く気ないんだろう!!』っと、ツッコミが入りそうです。(笑)

親が『カジュに聞いてみてよ?』

『なんか良いトコはないかな・・・カジュ~?』
言葉は期待できませんので・・・場所名を言ってうなずきを待ちますが・・・なんだかお返事の反応が鈍い。

トコトコと歩き、クッションに身をもたせかけ寝転びます。


お出かけ先相談

『ナンなのカジュ~?そのトロンとした格好?』

あれ、どこかで見た格好だな・・・?
(ブログをズット読んでくださっていた方々なら、気が付いて頂けるかもしれません。)

〇〇〇〇〇に行った時みたいな格好して、ナンなのよ・・・カジュ~?!』

突然親が、〇〇〇〇〇!!そこ行きたい!!』

行きたかったの~!

『ええ?!』・・・・カジュその格好自体がメッセージだったの!!
難しい・・・・わ!!

親が今、頭(顕在意識)で思い浮かばないことを、親のあらゆる記憶装置である竹ちゃん(親の潜在意識)と相談してカジュが体現したのだと思われます。(笑)


そうして私たち親子は〇〇〇〇〇周辺へ行き、そこで穏やかな時間を過ごし、リフレッシュいたしました。


P.S
〇〇〇〇〇とはどこか。答えは・・・
以前の記事にリンク張りましたので飛んでみてください。
カジュが同じ感じで「たるん」としているイラストがあります。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/129-3e4d98e6