14

さまざまなインナーセルフ その8

12月4日癒しスタジアム、ネタ第四弾をお送りします!

このお客様のインナーさんは、足元から大変解りやすい服装でした。

白い皮ウエスタンブーツを履き、ジーンズ、皮のベストに、頭の後ろにひっかけた白いテンガロンハット。
まごうこと無きアメリカ西部劇のお嬢さん!

全身をサクっといってから、ふ~と「ルパン三世の峰富士子」を思い出すなと思っていたら、美しい赤茶の髪に前髪の分け方が「富士子ちゃん風」でした。

お名前を聞くと、指でL(エル)の字を2つ作り四角を示してきます。


ウエスタンスタイル!

『スクエア?』そこから想像できる女性の名前が浮かびません。

音が似てる名前がないか脳内検索。

『スコットじゃなし~。これは男性名ですし~』いつものごとくお客様と一緒に頭をひねります。(自分だけで頭をひねらない。巻き込み型セッション。(笑))

四角・・・何の形だろう?

『手紙?』 『箱?』

このインナーさんは凄く解りやすいYES、NOの示しかたで、大変助かりました。

指を横に振り、ちっちっちっ、と、「違う」と伝えてきます。
さすがオーバーアクションの国です!

カジュの返答は、首を立てに振る「そうなの」と横に振る「違うの」。
見る角度によりどっちなの?と間違うことがあります。
アメリカンスタイルにしてもらおうかしら!(カジュが横で『いやいや』しています。(笑))

NO!サイン

お客様 『カード?』

R 『だったら、カーラとか?!』

YESサイン

にこやかな笑顔と共に大きくOKサインです!(解りやすい~。)

お客様 『頭を巻く物とかカールする仕草で伝えてくれたら良いのに・・・!』

R 『確かに・・・(笑)』

それからカーラちゃんに年齢や(17歳なのでまだ「ちゃん」でいいかな)出身地を聞きました。

私が年齢を15歳くらいから一個づつ確かめて行く時、お客様がすでに『17、18歳じゃない?』と解っておられました。

コレまでのセッションでも、何だか私が考えるより、ご本人の方が思いつきやすい様な気がしたので、出身地はどこかはお客さまに思いつくまま、アメリカの州を言っていただくことにしました。

お客様 『州なんて・・・何があったかしら~?アリゾナ州、オハイオ州、ヴァージニア州?』

R 『カーラちゃんが惜しいって感じの顔しています!』

お客様 『惜しい?!』 クイズ番組みたいなノリになってきましたね。(笑)

お客様 『ヴァーモント州!?』

カーラちゃん 『ビンゴー!!』(その時代にビンゴがあったかは定かではありませんが。)

カーラちゃん

カーラちゃんは人見知りゼロのなんとも明るいインナーさんでした。


今回お会いしたインナーさんはコレでおしまいです。
みんな、いろんな性格の人がいますね。こんな他人がいきなり訪れて、初対面で愛想が良いインナーさんは珍しいです。

またイベントで私を見かけて、暇そうにしていたら、声をかけてやってください。
インナーさんに再度、会いに行かせていただけたら嬉しいです!



今回のイベント中、10月23日に初対面したヨギ様に再度会いに行かせていただいたのですが・・・・
ヨギは火の行の修行が忙しく、燃えておられました。

以前も近づき難いかたでしたが・・・・・今回も近づけない!!質問しても首ひとつ振ってくれない~~~!集中しておられるのね!?

このかたは、カジュに聞いたら(そこに聞くしかないので)インド人ではなくヒマラヤ・・・ネパール人でした。

燃えよ!ヨギ!

愛想の次元を超えたヨギ様、またお会いできましたら、話してくださいね。(笑)


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/110-6e8ca7bf