09

さまざまなインナーセルフ その6

12月4日癒しスタジアム、ネタ第二弾をお送りします!

開場一番はじめの時間に予約いただいたかたの、インナーさんのご紹介ですv

驚いたことに・・・差し入れを下さいまして、合同で出ているSちゃんの分はモチロン、お手伝いに来てくれたYちゃんの分まで持ってきてくださいました!
(私、3人で行くって、どこかに書いたことありましたっけ?!一瞬『このかたはエスパー?!』とかアホなこと考えました。)

全種類違うバターケーキが入っていて、じゃんけん勝負で私がGETしたのはオレンジと和栗!疲れた体に沁みました。美味しかったです~ありがとうございます~v


さて本題のインナーセルフさんですが、今回見させていただいたお客様の中で、一人だけの男性が出てきました!
(描くのに気合が入るぜ!・・・いえ全員、気合は入れてます。美しさ200%めざしてまじめにに描いていますよ!)

足元は、ギリシャ人みたいなサンダルをはいておられました。
(雰囲気しか見えてませんので・・・歴史的検証はなさらないでくださいね。(苦笑))
上に上がって行くと・・・

アステカ神官さま1

始めは全体の形だけ・・・・色は、色を見ようと思わないと見えないみたいですね。

アステカ神官さま2

なんだろう?このおかっぱのお兄さんは?・・・エジプト人かと思いきや、なんかちょっと違う感じ?
頭にきてみたら、羽根を挿してインディアンみたい・・・でも北アメリカのそれとは雰囲気が違うな~?

インカ(南米)ぽいな?
アステカ文明かマヤ文明かカジュに聞いてみたら、アステカと言われました。
でもその時代に羽根なんか挿すかな?と不思議に思っていました。

とりあえず顔と色を見ていこう・・・と詳細にズームしましたら、三白眼の二コリともしないお兄さんでした。
『いきなり知らない人間が来たから、睨まれてるんでしょうかね?!』
(私の思い込みかもしれませんが・・・(笑))

とりあえず、挿してある羽根の色と頭のハチマキの色をみました。

『羽根は青色…翠がかった青です。きっと南米のジャングルにいる鮮やかな鳥の羽根なのでしょうね~』

『ハチマキには、金で細かい模様が・・・なんだか文字みたいな模様です。』
なんて申しましたが、そこで私が思い浮かべたのはマヤ文字。
帰って調べましたら、アステカ人は文字を持たなかったらしいのです。(爆)(なのでただの模様にしました。)

アステカの神官さま

彼とにらみ合っていても仕方がありません。(にらめっこ~♪では、このインナーさんのほうが絶対勝ちます!)

この時代にしては、模様が込んでいるものを身につけているし・・・立場や職業を聞いてみたら神官さんのようでした。27歳の青年です、お肌まだつるつるね。

次に『名前のヒントをください』とお願いしてみました。

アステカ神官さま名前のヒント

『麦穂が見えました・・・・麦穂?』

お客さまと共に私も???
『あの時代・・・アステカって麦ありましたっけ?~主食はとうもろこしじゃなかったでしたっけ?』

麦は確かヨーロッパのものです。インカと言えば・・・とうもろこし・ジャガイモとかですよね。
(世界不思議発見!を見ていたくらいの知識しかないので・・・)

この時、左脳が勝手に「麦」は無いと判断し、麦っぽいものを『黄色い葉っぱだろう』とすり替えました。
OH!コレこそ見事なエゴ選択の実例です。

顕在意識は今まで知っている知識しか頼りません、たかが何十年生きてきただけの狭い知識です。、自分が解るものしか「有り」としない。
未知の直感の言うことを、素直に聞かず道を間違えるのですね。(苦笑)

その時の私は、『「黄色い葉」さんって、アステカ読みで探してみてくださいね』とお伝えし、セッションを終えました。

イベントから帰宅したその夜・・・友人のTさんが戦果を聞きがてら電話をしてきてくれました。

彼女は本を読むのが大好きな人で、知識の幅も広く、調べ者の得意な人です。
「黄色い葉」の読み方が解らないと話し、助力を求めました。
(※友人Tさんには、インナーさんの様相や時代考証のみに限定し、お客様の個人的情報は含まないよう注意して話しております。)

R 『服装がギリシャ人みたいでさ~アステカの神官が、そんな服着てたんだろうか?正しいんだか解らないんだけど、インディアンみたいに頭に1本だけ羽根を挿してたんですよ。』と電話ごしでイメージを伝えます。

T 『私もアステカはあんまり知らないわよ~。神への人身御供は、実は資源が少ないあのあたりの人が蛋白源を得るため~だったって国でしょう?』・・・・すごい言われようです。(爆笑)

T 『とりあえず、アステカのことをネット(ウイキペディア)で調べて見るわね。』

しばらく調べてくれたようですが、さすがにナワトル語を翻訳してくれるところは無く・・・しばらく二人でアステカのお勉強。
アステカの神様も、中国神話の白虎 青龍、朱雀、玄武などと、同じ色と対応していたことをみつけて喜んでいたのですが・・・(神話オタクと言うほどではありません。)

T 『ところでRikoさん、頭に付けている羽根の色って何色なの?!』

R 『うん?青翠だよ。』

T 『それ!ケツァールの羽根だよ!』

R 『ケツァールコアトル?蛇に翼の付いたアステカの有名な神様だよね?(その神の神官さんなのかな?)』

T 『違うの!本当の鳥の話。絶滅危惧種だけど今もいるの!』

R 『へー(Tさんが何を言いたいか解らないので生返事)』

T 『「古代アステカでは、ケツァールは農耕神ケツァルコアトルの使いであり、ケツァールの羽毛を身につけるのは、最高位の聖職者と王だけに許された特権であった。」って書いてあるよ。ほらケツァール鳥の画像を見てみなさい。』

ケツァール鳥

R 『ええっ!!この色だよ!神官さんは本当ってことじゃん!!』(疑ってたんかい!)

Tさんは、裏付けがとれて良かったねと言ってくれました。(ありがとう、Tさん!)

こうなるとファーストインプレッション(第一印象)を疑うのはいけないことだと思えてきました。
名前を聞いた時、初めに浮かんだ「麦」を否定し「黄色い葉」と言ったことがずーっと気になってしょうがありません!

私はアステカに、何か穀物は無いかネットで探し始めました。
しばらくして、「アマランサス」と言う穀物が主食で食べられていたことを突き止めました!『これか!?』と興奮してウイキの画像をみましたら・・・赤紫な穂です。(・ワ・;

『違ったか・・・な。』がっかり~。

私は大変追求型の人間で・・・悪く言うと執念深い人間です。(笑)
恨みを買うと恐いですが(自分で言うな)こうゆう時はそれも良く働くのです!

まだ諦められず、「アマランサス」だけの画像をいっぱい表示してみました。
そうすると・・・・赤いのだけじゃないのも、いっぱい出てきたました!

アマランサス

『キャーキャーvカジュ!カジュ~!この神官さんアマランサスさんっていうの?!』

『ううん』カジュに首を横にふられました。

え~~~!
あ・・・そか。アマランサスはナワトル語ではないか・・・。(・_・;)

振り出しに戻る・・・結局名前は解らずじまいでした・・・スイマセン。
名前が解りやすい人と、かなりのドラマを経て解る人・・・・色々です~。(^_^;>

そうして知りえたことだけをそのまま、お客さまにお伝えしました。

アステカの神官さんをインナーセルフにお持ちのかたは、私とのセッション後、Sちゃんから「インナーセルフと繋がるセッション」を受けられたようなので・・・自分でお会いになって解るのかもしれませんね。

是非1日も早く出てきてあげてくださいね!アステカの神官さん!(-人-)

そして、世界中の人が、携帯電話みたいにインナーセルフを活用でき、インナーさんと、おもしろおかしく暮らせる日が早く来ますように!

近頃の私の夢はでかっいのです。


P.S
アステカの神官さまが付けていた羽根の色は、私が言う前に本人様も「『青だろうな』と思った」とご自身のブログで書いておられました。

今回セッションさせて頂きました皆様全員、『あれ?もうすでに通じちゃってるんじゃないんですか~?』という感想をもちました。

私がインナーさまに、たどたどと聞いている時に、すでに的を得た答えを知っておられたり・・・。(笑)
見えるばかりが、通じている合図ではないので、見えなくても、ガンガン相談や質問や頼みごとをしてみてくださいね!



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

comment

H田
初めてコメント致しますm(__)m
強面オカッパのH田です。

予約からセッション後まで、至れり尽くせりで本当にありがとうございました!
Tさんにもお世話になっていたとはΣ( ̄□ ̄)!
楽しく記事を読ませて頂きました。

カナリアの羽→カタリナ姫…のように、似た言葉をヒントとして示す事もあるんですね!(*゜∀゜)
ナワトル語はお手上げですが、アマランとかアマランスとか。
アマランサスに似た穀物にキヌアがあるので、キアヌとか…?(なんだか一気に格好良い(笑))
Rikoさんの言葉に頷いたり首をふるカジュたんの様子を想像すると、やたらと優しい気持ちになります(´ω`)
かわいい…♪

本当に世の中の人がインナーセルフの存在を知り、アクセス出来たら凄い楽しいと思います!
少なくとも私はRikoさんの影響でオカッパと友達になりたいと思いましたので!
陰ながらRikoさんの活動を応援しております。

それではではm(__)m
またお邪魔しに参ります。
2011.12.09 08:12
Riko
わあ!H田さま!コメントありがとうございます!

私も毎日、H田さんのブログを読ませていただいてます!他の方のインナーセルフ観察日記がほぼ無いので・・・超嬉しいです!(わあい仲間だ~v)

小さな事柄でも、日誌につけて、数日間を俯瞰して見渡すと妙なものが見つかったりします。

カジュの数日間連続して踊ってたフォークダンスが「ジェンカ」だったり。
あれは、あまり役に立つ話ではありませんでしたが・・・(笑)
(うちのブログは、ああいう腰砕けネタが本道ですからねv)

これから、きっとインナーさんから、あっち見ろ、こっち観ろ、あれ聞け、コレ読めと、お知らせがいくんでしょうね!
じらされるのはちょっと辛いですが・・・謎解きの時間も楽しんで頂けたら幸いです。

それまでの呼び名はオカッパさんですか?(爆笑)
私の中で勝手に、良くしげった穂を持っていたので「実(みのる)さん」とか呼んだりしてます。
(あ、これは真剣に取らないでくださいね。=v=)

H田さんお応援を胸に明日(もう今日じゃん)も京都に行って参ります!
さて、どんなインナーさんに会えるでしょうか~v
2011.12.10 00:29
こんにちは。
先日はアステカ文明について討論(そんな崇高なものではナイ)楽しかったですね。

ところで、あの時保留になっていたアマランサスのナワトル語。これじゃないかと言うのが見つかりましたので、一応ご報告を。

huauhtli
uautli (amaranthus angiospermae(アマランサスの学名))とも。
「ウアウトリ」、と読むようです。

web翻訳辞書と、アステカの本ちょっとたぐっただけなので、正確ではないかもしれませんが。
ではご報告まで。
(Tさん、バレバレだよ…)
2011.12.13 12:43
Riko
巴さん!ありがとうございます!

まだ探してくださってたんですね!(うるうる)

「ウアウトリ」H田さんに早速知らせいないとっ!

『さっすが~巴さん!』です。
(出会ってから何回この台詞を言ったか解らないです(笑))
2011.12.13 18:34

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://rkan151.blog10.fc2.com/tb.php/108-6042d42e