29

満月ばーちゃるスピ会 最終回

作日の満月ばーちゃるスピ会は、2015年9月28日スーパームーンの日でした。
実は日本で見られないけど米国、欧州、アフリカの一 部では皆既月食の日v

2012年から毎月開催してきた

満月ばーちゃるスピ会(無料版)を

今回で完全終了いたしました。


月暈

2012年遠隔HPを作り、この仕事を本格始動したのをきっかけに・・・・

絵とリーディングをお届けした後も『私のインナーさん判ったわv終わり~』と、なって欲しくなかったので、皆様に月一でもインナーさんを意識する機会を持っていただきたくて無料で始めました。

インナーセルフの付き合いのシェアや、サポートを、初めは・・・

近くの人間関係では、スピ話やインナーさんの話が自由に出来ないことも多いと思いましたので、一人で煮詰まらないように、「スピリチャルの話題が全面的にOKの交流の場として、活用して頂けたら嬉しいな」と思っておりました。

ネットというのは凄いもので、北は北海道から、南は沖縄県まで繋いで、毎回たいへん盛り上がりました。
様々な試みをさせてもらい、沢山の学びを得させて頂きました。

楽チャネの手法の発見も、過去世リーディングも、スピ会で試みさせて頂いたおかげ様です!!
ありがとうございました。

その他、現実で、お会いするR館交流会、お茶会も時々行って来ましたが、その他、メンバー同士様で、実際にお会いする機会を設け、友達関係になっておられる方々も現在多数おられます。

それだけ、この3年間は濃密な時間だったなと感じました。

近頃は、少しインナーセルフとの付き合シェアよりも、楽しい友達のおしゃべり会みたいになってきており、それもとても楽しくて好きなのですが・・・(^ワ^

ただ私の中では正直、インナーセルフやハイヤーセルフとの交流のコツや、内観や悟りのことなどを、中心にお話したいな~という気持ちがずっとありました。

そのため、「スピ会をどう変えていこう?!」・・・とだいぶ前から、ずっと考えていたのです。

最終回を、今年年末にするか、昨日辞めるかは、カジュにも尋ね、カードにも尋ね
27日の夜、決心しました。(ギリギリやん(笑))

スーパームーンのエネルギーを借りて、「えいや!!」と手放さないと、手放せなかったかもです(笑)。

そんなギリギリの最終回告知は、「アメーバーなう」だけになっちゃったのですが、インナーさんが知らせてくださったのでしょう
お久しぶりの方々や、スピ会初期メンバーも、駆けつけてくださり、ビックリいたしました。
(終わることをご存じない状態なのに・・・(@人@ 皆さんすごい・・・!!)

叢雲

昨夜の内容は、最終回ならでは(?)の濃い内容になっております。
過去ログは、どなたでも読めますので、オススメです。

下記アドレス「機能/設定」→「過去ログ」からです。(一週間くらいは見られます)
R館チャットルーム:http://chat.kanichat.com/chat?roomid=R_kan

私達が楽しく生きていく上で何が邪魔しているか?

他人ではありません。事象でもありません。
(そのせいにしていたほうが、一見楽だけど、後々めっちゃしんどい)

私達の力の凄さを

自分自身が一番自覚していません。(苦笑)

インナーセルフやハイヤーセルフとの付き合いを通じて

あなたは自分の力を自覚するでしょう。

その内観を通して・・・

自分が常に考えていることに敏感になるでしょう。

そこが一番重要なのです。


宇宙の星雲のよう
※今回の写真は全部ウチのマンションから撮った写真ですv

インナーセルフという存在を通してご縁を頂けました皆様・・・m_ _m

皆様から頂いた情報や、一緒に体験した貴重な経験活かした
また新たなステージでお会い出来たら嬉しいです。

ありがとうございました。







自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ



フェイスブックも始めました。
日常の小ネタをUPしてます。→R館フェイスブックページ
※個人ページなので観るには、アカウントが必用です。m_ _m



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
24

過去世リーディング【巫女】

8月18日のタロットお茶会で、リーディングさせて頂きましたmami。様のテーマは・・・

「お金に対する不安」

この人生を表すカードに、女教皇が出ました。(2枚目写真左上の左カード)
巫女さんみたいな立場だったのかな・・・。

巫女さんとお金、どう関係が・・・???(^^;
「う~~ん?」とか思いつつ、人生を見させて頂きました。

最初のカードがソードの4。不穏な家庭・・・一族に生まれたようです。(家督争いでしょうか・・・)
休戦カードなのですが、喧嘩中での一時妥協とか、また開戦するかもしれない状態も表します。
あっという間に・・・・次のカードでもう開戦しちゃっってる~~~(>0<;

何がおこったのか、この人物は若いころにエライ貧乏のどん底に落ちました。
(ということは金持ちの家に生まれた可能性が高いですね、貴族かもしれないし王族とかかも?)

なんの運命のイタズラか、彼女に霊感的な才能があることが判り、神殿に召し抱えられることになりました。

一家離散なのか、家から追い出されたのか、行くところがない彼女は選択の余地無し。
あまりのショックで、逆らうなどの発想もない状態で、神殿に連れて行かれた感じ。

人物カードの並びから・・・なにやら神聖娼婦な気配もします。
そこで、彼女はとても頑張ります。

「世界」のカードが出ているところをみると、この神殿でのトップ巫女に成った雰囲気・・・
頂点に立つくらい頑張ったみたい!

ドラマチックな苦労人生

口さがない嫉妬にも勇敢に戦い、勝利を収めていますが、やはりクタクタになって、お酒や薬に溺れたりしました。その挫けそうな柔らかな心を硬い鎧で隠し、毅然と進むのでした。

仲良しの巫女達も支えてくれ、なんとかやっていってます。
それは「ココを出たら・・・・・ほかに生きていく場所がない」からです。
(個人財産的なお金は無いでしょうからね)

死ぬまで働かなければ・・・・・!!厳しいですね・・・・(==; 
(ここがお金への不安に関連してそうです)

でも最後は一応幸せみたい

ここで、妙なことが起こりました、今までにない概念(?)、考えを持つ男が現れたのです。
神殿の革命者なのか、彼女は彼と恋仲になります。

彼は頂点の巫女である彼女と子供を作り、自分が神殿の一番の地位、司祭になってしまいました。
そして、巫女が頂点の時代が終わりを告げます。

地位をなくした彼女は「失敗した!?」と一瞬思ったのですが・・・
反面、「自分は一生頑張らねば!」みたいな、気を張って働いて行かなくてもよくなったのです。

そして、子供を産み育て、穏やかな生活に入りました。
地位の失墜とみえたこの出来事は、彼女にとっては僥倖でした。

彼女がこの人生から思ったことは、「次は優雅に呑気に生きたいわ~v」
(^v^b



【ご感想 mami。様/ご自身のブログでのご感想
先日はリーディングありがとうございました。

リーディングの内容、その人の人生をずっと聞いていてなんかね じーんとしました。
嫌じゃないよ この人の人生って思ってしまった。
あっ アタシなんだけどね(笑)
知るということは やっぱり大事だなと

前世を見てもらうのは初めてで、きっとドロドロとした強烈なのが出てくると思ってたので、実は内心ビクビクだったんですよ。
でもいい人生だったんだなと思える内容で本当によかったです(笑)。

で このリーディングの途中部分、祭り上げられてのあたりね
AR OUさんのハイヤーセミナー中に、感じた時の内容とかなりリンクしてて、というか そのまんまだったのでびっくりでした。
不思議ですね。

それと最後ね、男性と知り合って 子供ができて、普通に幸せになってたとこ、これは 今と一緒?
結婚して子供ができて 働かなくなったので(^_^;)
もう働かなくていいのかなぁ~(笑)
好きなことだけしてていいのかなぁ~(笑)
何だか 色々考えさせられるリーディングでした。

Rikoさん ありがとうございました~。


mami。様ご感想をありがとうございます。(^人^

テーマである「お金」があまり表立って出てこなかったのですが・・・・・

幼いころかか10代にか、寄る辺無く厳しい世界に一人放り出されたのです。
「お金がなくなったら、またあの苦労をしないといけないの?!」という恐怖が潜在意識に残存してしまったのでしょう。

過去世リーディングは何度も申し上げますが、「この出来事は既に終わったこと」として眺め、意識して潜在意識に落としこむ作業のためのセッションです。

もうこの過去世での人生では二度とありませんし、現在は心配無用だと言われている気がします。

好きなことを好きなだけして、楽しく暮らせる状況が今はあるのだったら・・・せっかくなので、心配せず満喫して暮らして欲しいというのが、この過去世の彼女からのメッセージかなと思いました。


自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ



フェイスブックも始めました。
日常の小ネタをUPしてます。→R館フェイスブックページ
※個人ページなので観るには、アカウントが必用です。m_ _m



web拍手 by FC2
 HOME