26

外出しインナーセルフ その1

またブログ更新をいっぱいお休みしちゃいました。
お仕事が始まると、ブログが止まる…スケジュール管理がまだ出来てません。シュイマセン(^^;>

当ブログではインナーセルフの姿を想像して会話することを推奨しております。

世間様では、想像上の存在とお話することは「子供の遊び」であり大人がやると「あの人ヤバイ~」とか言われそうですね!(笑)

その世間の言葉は、皆様の心(エゴ)に巣食い、いつも自分を見張り、裁きます。

子供の想像遊びの延長にあることだからか、理性ある大人になると「恥かしい」やら「ウソっぽい」「一人芝居」だと思ってしまって、そんな自分を許すことが難しいようです。誰でも世間様から逸脱し、村八分にはなりたくないものですしね。

それでも果敢にインナーさんを想像し会話しようとしてくださってる方が、少しずつ増えてきて、嬉しいこの頃ですv

昨年の12月27日、インナーさんとのお付き合い日記をUPされてるmomoさまブログの中で、ある日こんなお悩みがUPされていました。

momoさまは「外だし」でインナーセルフのロビンくんが想像できていましたが…
「外だしインナーセルフ」とは、私が描くちびかじゅのように、インナーセルフの姿が、私たちが暮らすこの現実の場所に想像できることです。
現実に彼らが傍にいるのを見るとも言いますが、「想像でOK」と言ってお勧めしております。

他の方のブログに「インナーホームに意識を向ける」とか、「インナーさんに会いに行く」とか書かれているのを拝見すると、ロビンくんがあまりにも日常的に外にいる(という想像ができる)ので(やっぱり私が見てるロビンくんは、私の妄想にすぎないのかもしれない)と疑い始めたりして。

手つかみです

「ロビンくんが出てきて、何でも手つかみで食べ物を食べてる感じです」ともお聞きしていたので・・・『ナチュラルに「外出し」できるとはすごいな~』と思っていたのです。

ロビンくんは14世紀のフランドル(現在ベルギー)あたりを放浪していた吟遊詩人です。
箸の文化が古くからある東洋とは違い・・・・西洋はフォークやナイフを使うマナーの文化が発生したのが、かなり遅く、12世紀にやっと2又フォークが出来ました。(使用するのはモチロン貴族のご婦人です)

ナイフで切った肉を直接口に持っていくとか、手つかみ状態でほとんどの食事は行われていたんです。(16世紀くらいまで、庶民はパスタまで手づかみだとか…食べにくそう(笑))

『momoさまには、何でも手づかみで食べていると見えてるなんて…ちゃんと見えてるんだ~』とも思っていましたが、まだそのことはmomoさまには伝えていませんでした。(笑)

なので、それを読んだ時にかなり驚きました。

『え~~みんなが目を開けたままインナーさんを想像出来てないからって…、皆と同じじゃないから~、ああ、そおゆう風にも悩めるのね!?』

想像出来ても出来なくても悩むんだ・・・・。(_ _;

見えてるご自分を、つい疑う気持ちは理解できます・・・私も通った道ですからね。
ただ、皆より一歩進んだ想像が出来る、その才能は誇っても良いけど、嘆くものではないので・・・『何で~っ』て思いました?!(^^;。

その時の私は、自分のブログを書いていた途中で・・・休憩がてらmomoさまのブログを観にいっていました。
『これはいかん、そこ悩むトコじゃないからと伝えないと~』とさっそくmomoさまのコメント欄に書き込みました。

・・・が、UPしたとたんサーバーのFC2のシステム障害で全文が消えました(泣)
コメントにしては結構長くかいてたので・・え~んなんで~。(@0@

おおおおお!

スグにもう一回度書こうと思いましたが、システム障害がいつ直るかわからないので、やめました。
同時に隣に自分のブログ文の作成画面が開いていたので・・・

『あ!うちのブログも保存ボタン押したら消える!!』と思い(同じFC2サーバーなので)
メモ帳にコピーして難を逃れました!(ぎりぎりセーフ)

その日、FC2のサーバーシステム障害も直り、私はブログをUP出来ましたが、momoさまへのコメントはナゼか書く気が起きず、明日にしようと思いました。

こんな小さな不幸(?)にも、阻止された事には理由があったのです。(笑)

その日の・・・27日夜、スカイプのチャットで、珍しくmiharuさんが話かけてきてくれました。

ライトワーカーとして活躍中のmiharuさんとは以前から同じ癒しスタジアムに出展する機会が多く、イベント後に一緒にゴハンを食べに行ったりして、お付き合いをさせて頂いていました。

12月23日のイベント後も、miharuさんを含む3人のライトワーカーさんと食事をご一緒し、久々にスピリチュアルな話をたっぷりしいたしました。

miharuさんのインナーセルフさんは蒼焔(あおい)さん

miharuさんはハイヤーさんやガイドさんとの付き合いもあり、蒼焔さんに会いに行くのが疎遠になってることもあったそうですが(笑)今回私と会ったことでまた、インナーさんとも新たなかかわりを試みてくださったようでした。

ゴハン会の時に、「外だし」のやり方、現実で目を開けたまま想像する話が出て、miharuさんはその会話の中から見方のコツを感じてくださったようでした。

なのでその後、どうなったろう?・・・とさっそく質問してみました。※下記チャット会話はmiharuさんの許可を得て載せさせていただきました。

R 『ちびあおいサンはどんな感じでしょうか?アレからまたしてみました~?』

m 『ちびあおいさんはやってないんですが、等身大あおいさんをちょくちょく出してみてます^^なんだか、感じ方が変わってきました。』

R 『おお!進化?変化?』

m 『前より存在感が出てきたというか・・・わずかですが~(笑)』

R 『そうですね接触ぐあいとか、外だしにすると・・・身近になります。
なんか蒼焔さんが好きな食べ物とかあれば上げてみてください(笑)』

m 『食べ物!おもしろそうですね。どんな感じでやるんでしょうか?』

R 『わ~人間にあげたことない(爆笑)Tさんはフォークとかお箸で、あ~んって感じかな?
うちは鳥にあげる感じ(笑)』

m 『しまったそうだった~(笑)じゃあ、あーんで攻めてみます(笑)』

R 『さらにラブラブですな(^^』

m 『今は、横でPC画面じっと見てます(笑)光るものが気になるらしい^^』

光るものが好き?

R 『会いに行かなくていいから、外だしが見えたら楽でしょう?』

m 『確かに、私自身「インナースペースに行く」ところで結構力んでいたので・・・出てきてくれると、だいぶ楽です◎◎』

R 『よかった。miharuさん、それ簡単に出来る人で・・』

m 『蒼焔さん、ある程度の時間出ていると、入りたそうな感じになります~不慣れなのか、充電なのか・・・^^

R 『やっぱり・・・インナースペースには充電にかえらなきゃだめなのかな~?
うちのちびかじゅも、充電きれるしね。寝てしまう・・・弱ってくるの(笑)』

m 『寝てしまうんですか~◎◎ カジュの外だし時間はだいたい、どれくらいなんですか?』

R 『日数かぞえていなかったけど、かなり出しっぱなしにしてた・・・で、私ちびさんが出てきていたから、大カジュにも毎日会いに行っていなかったの。弱ってくるのが分ってからは、毎夜大カジュのところに行くことにしたら、寝なくなったよ』

・・・そんな感じでチャットはこの後も楽しく進んでいきました。
(『「外だしインナーセルフ」の皆が全部、眠くなったり、充電が必要かは、他にも「外だし」して下さる方々の話が集まってきてからしか解らないね~』というオチになりました。)

以前から、目を瞑り、インナーセルフのホームである、丹田に意識を持っていく方法は
『意識を落とすってどんな感じ?』と問われたり、行くぞ!(瞑想するぞ!)と気合が要るみたいで・・・

行きにくそうだったので、最近は『インナースペースに意識を落としてください』ではなく、『インナーさんを思い浮かべてください』とだけお勧めするようにしています。

コミュニュケーションするにしても、インナーさんの顔を思い浮かべるだけで十分っぽいので、出来るだけ難しくなく、緊張しない方向でやっていただきたいと思いました。

自分に一番楽な形でインナーさんを見て(思いかべて)いただけたら「顔だけ」だろうが、「外出し」だろうが何でもいいのです。

翌日、miharuさんに頂いた

『確かに、私自身「インナースペースに行く」ところで結構力んでいたので・・・出てきてくれると、だいぶ楽です。』

実感がこもったこの言葉を携えてmomoさまのコメント欄に書き込みに言ったのは言うまでもありません。
この情報を得るまでコメント書くのを、お預けにされたようです。(笑)

あちこちで、ブログ用に書いていた文章を、UPした瞬間に消されるのを聞きますが、何か理由があるのかもしれませんね。(^^;

友人のTさんに言わせたら『ネット環境でいきなり書くのは、危険だよ~!だから用心して、私はメモ帳ソフトで書いたのをコピペして整えているけど…』とのことです。現実的な対処法も掲載しておきます。
(それからは私も反省したので、常にメモ帳にコピりながらて書いています(笑))

次回はそんなTさんの「外だしインナー話」に、つづく


P.S そら☆様、どらてんこ様、えびす様、もも様、hinya様、KM様、★ローズマリー★様、tsunemin様、K.N様、HT様、拍手コメントありがとうございました!
ばーちゃるスピ会の感想から、いろいろ濃いコメントをありがとうございました!

もも様も「マネーゲームから脱出する法」を読まれたのですねv
それと「多くの人がこの本で変った」は、ほぼ同じ内容を違うアプローチで語っている本です。
まったく同時にカジュが2冊読むように持ってきたので、既読しました~v
神の力 その7で軽く紹介させて頂きました。)
「世界には私以外は存在せず・・・他は私が作り出した幻」っていう内容ですよね、現在・・・咀嚼中です。

HT様、確かに大人の覚めた目からみると、ポリナンアがしている良かった探しは、演技っぽくて、ちょっと痛い姿ですが・・・(笑)潜在意識の力(神の力)は、本当の喜びとフリ(演技)の喜びの区別が付きません。

幸せに成る習慣や癖を付けるという点で、常に小さな幸せを見つけ、幸福な気分で自分を満たす試みである「良かった探し」は、潜在意識の法則からみても、やり甲斐はかなりありそうです。(私も潜在意識の勉強をしなおして、近頃解ったことですが…(笑))

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
13

幸せって何だっけ(本屋編)検証

古本屋で雨宿り体験を通して思い出したのが・・・
「人生、晴れの日もあれば、雨の日もある」という言葉。

「人生悪い日もあるけど、良い日もある」という話。
現世利益という視点でみれば、雨は不利益の象徴ということですよね。

雨=人生の悲しい出来事、失敗、苦難、問題。

でも今回の経験でふと思ったのは、カジュ達にとっては、雨(人生の悲しい出来事、苦難、問題)は、、そこにある宝物(答え)を拾ってもらうための、大事な演出道具に過ぎないのではないかと言うことでした。

まるでゲームのRPGみたいに冒険の先で、例えば目的地の城に入る鍵が・・・・
暗い洞窟でしか手に入らない宝箱に入っていて・・・先に取っていかなければ、お城まで行っても、また戻って取りに行かなければならない・・・そういう複線になっているように・・・。

もたらされる経験

でもその宝箱・・・いいえ、その箱の中身を、宝と感じるかはまた別の話です。
使い方も解らないそれらは、ガラクタと思い、人生のお荷物と感じてしまうことも多いのですが・・・

ガラクタを背負って生きている気持ち

・・・もしかして「人生の雨」と思われる現象の中には、何か必ず「宝物」が隠れていて、これから先に生きる上で、それを手に入れておく必要があって、必ず役に立つように計算されているのではないでしょうか?

(よくスピ本などで「人生にムダな出来事は一つももない」と言う言葉も聞きますね)

何が役立つかは私達には解らない

幸せの定義は大変曖昧で…個人的体験や感覚に基づいています。

ゴハンが毎食こと欠くところでは、ゴハンが毎日食べれたら幸せだと感じますし…

飲食も付き合いで、胃薬まで飲んで毎日沢山食べなくては成らない状態でしたら、食べれたとしても不幸だと感じます…。(そういう胃腸薬のCMとか見るたび変な気持ちになります)

「何があれば幸せ~!」というのは、個人の体験からくる価値感に左右され、人によってかなりの差があります。

「人生は、良いことと悪いことプラスマイナス0」という言葉もよく聞きます。

「大成功した人間も、同じくらいの大不幸が襲ってくるから、自分の不幸も嘆くに当たらない」
私もこの言葉には慰められてきたクチですが、かなりやっかみが入った言葉ということは否めません。(苦笑)

この「呪い(思い込み)」を受け入れた人間は、「人生は、良いことと悪いことプラスマイナス0」の世界で生きなければなりません。(「神の力」を持っていますのでね~)。

でも別の定義、思考習慣を持つ成功者は、幸福な上に幸福を重ねるでしょう。
無限の豊かさを受け取る気があるか、受け取らないと決めてるかの差のようです。
(「神の力」は平等だから)

自分の人生をどう感じるかは自由で、それにおいてはみな平等です。

上の絵の過去の私のように、今までの人生で得た体験を、ガラクタだと感じ、不幸だと感じながら不満たらたらと生きていても良いし(笑)今までの人生・・・全てに益があり、幸せだと感じる選択も出来ます。

雨(人生の悲しい出来事、失敗、苦難、問題)が、「悪いこと」という判断は、私達の3次元の狭い視点、現世利益を基準にしているに過ぎません。

だから人生のプラス(良いこと)やマイナス(良くないこと)も実は人間の感じ方次第ということになります。

昔、世界名作劇場でやってた「愛少女ポリアンナ」というアニメがあります。
両親を亡くした後も、「幸せ」や「良かったこと」を意識的に探すゲームをしながら、幸せに生きる女の子のお話です。

原作も読みましたが、アニメは子供時代だけで終わり、大人(娘)になったポリアンナが描かれていないので、勇み足で、つぎつぎに不幸(人生の雨)が訪れます。
原作では、大人になってから亡くなるはずの、ポリアンナにとって大切な登場人物まで、子供時代に死んじゃいます。(ヒドイ(爆))

でも、DVDを一気に観るのは「幸せの感じ方」の洗脳道具にはお勧めです。
(さすが世界名作劇場、話も面白いですしね)

30分の間に、あのアニソンの女王、堀江美都子の高い声で「良かった」「私幸せよ~」を、何十回も聞かさせれ続けます。(爆笑)



(この歌も強烈やねえ・・・)

今まで何度か記事の中で、インナーセルフは、ハイヤーセルフの要求が最優先であると書きました。ハイヤーがもたらしたいものは、精神的なことが多いと聞きます。

人生、ドコまで幸せを感じるかは個人で好きに出来ます。(ポリアンナみたいに)

現世利益に加え、精神的利益にまで幸せを感じられたら・・・自分の幸福を感じる領域を、そこまで広げて、増やしてみたたら良いのかもしれない?

広げよう!幸福認識の輪!(笑)

カジュが、昨年2月頃に読むようにと持ってきたこの本に、こう書いてありました。

多くの人が、この本で変わった。―津留晃一コンセプトノート― (「英知の実践」シリーズ (4))多くの人が、この本で変わった。―津留晃一コンセプトノート― (「英知の実践」シリーズ (4))
(2001/12/21)
津留 晃一

商品詳細を見る
※本屋さんには売ってませんので興味のある方はコチラからどうぞ http://www.eikousha.com/

「何者にも傷つけられず永遠に安全を感じたければ・・・

自分が見るもの、聞くものはすべて、ハイヤーセルフ(大いなる自己)が私のために創り出してくれているのだ。

この点を受け入れてしまえば、永遠にくつろげ、豊かで自由な存在と変ります。」


私はこの言葉をずっと理解したいと思っていました。

昨年12月13日徹子の部屋で、放送されてた泉アキさんの回。
昔、嫁姑問題で世間を騒がせた泉アキさんが、そんな嫁姑戦争の最中、乳がんになり、この病気がきっかけで姑への意識が変化し、険悪だった関係が修復され、現在100歳になる姑も元気で、気持ちよく生活できているというお話でした。

彼女が『病気もそれほど悪いことばかりでは無い』と話されておられたのが印象的でした。

さらに、この病気がきっかけで、都会が好きな旦那様が、アキさんの夢であった田舎暮らしの夢を叶えててくださり、全てが彼女の本当に望む方向に流れていったのでした。

あるいは、近頃TVで聞いた「何が幸せで不幸か良く解らない話」では…

39歳の女性が、昔の恋の痛手で仕事一筋になり、過労で倒れた時に大怪我をし、その入院先で生涯の伴侶の男性(21歳)をみつけたり・・・。

宝くじで100ドル当たって、スグに殺された人もいました。
(宝くじが当たっても無事に暮らしている方はいくらでもいます)

何が起こっても、(3次元視点で)一概には判断でき無いんだな~と感じます。

だから、上記の本にも書いてあったように

おこってくるもの事に対して、良いこと、悪いこと、判断せず

何が起こっても、その出来事をぼ~っと眺められたら・・・
(これがハイヤーの視点でしょうね)


それが「本当の幸せ(安らぎ)」の一歩目かもしれません。

(これが現実で生きながら出来たら、悟った人(ブッタ)と宣言しても良いかもですね!(笑))

今、この記事を書く段階になって、この本に書いてあったこと「判断しない・認識を変える」の意味がちょっと腑に落ちてきた私です。(1年かかってるですよ!(笑))

こんな感じなので私も、スグにそんなハイヤー視点で物事を観れるかは自信がありません・・・・「人生の雨」に対して、しばらくは怒ったり、恨んだり、嘆いたりしたとしても

「ここで手に入れる必要がある「宝物」は何だろう」とインナーセルフに問いかけ・・・

・・・何か意味があるのだと、静かに受け入れてみることにしようと思います。
(きっとエゴが絶叫するだろうから・・・まずは心がけるだけに、なりそうですけど(笑))

もしその「人生の雨」中で「宝物」を意識的に見つけたり、無意識にでも手に入れてしまったら・・・
その「人生の雨」は今回の古本屋での出来ごとのように、魔法のように一瞬に消え去って(止んで)しまうのかもしれない・・・・?!

小さな出来事ながら、今回のことは、カジュが私の望む現世利益(要求)を最大限守りながら、ハイヤーセルフが私にもたらしたかった、精神的利益を受け取らした、縮図のような気がしました。


P.S おっしーさま拍手コメントありがとうございます!
願いが叶わないと、つい拗ねますよね~。(^^;
でも、あちらにはあちらの画策があるようです。今回のばーちゃるスピ会でもそんなお話になりました。
web拍手 by FC2
 HOME