30

インナーチャイルドとインナーセルフ

現在流行中の「ホ・オポノ・ポノ」古代ハワイのカフナ(呪術師)たちが受け継いできた思想、信仰。
コレが「インナーセルフ」をもっと知る機会になろうとは思いもよりませんでした。

私がその思想を知るキッカケは、親がが図書館で偶然借りた本。

フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉
(2005/09)
ドランヴァロ メルキゼデク

商品詳細を見る

(この本の文中にホ・オポノ・ポノという言葉は出てこなかった気がしますけど・・・(笑))

1巻が予約がいっぱいだから、2巻から借りたらしく…「一巻から読まなくて解るの?変なことする親だな~?」とその当時は思いましたが、まさに2巻に私が必要な情報が載っていたのです!(笑)

2巻の前半も幾何学やら難しい話がいっぱいなので読み飛ばし(笑)私の気を引いたのは269Pのあたりだったと記憶してます。(ページは昨日、本屋で確かめてきました)

古代のハワイでは、人間の自己には「三つの相」があったと思われていたそうです。
※ハワイ語は水色

ハイヤーセルフ〔高位意識〕=アウマクア

ミドルセルフ〔中位意識(顕在意識)〕=ウハネ

ロウアーセルフ〔下位意識(潜在意識)〕=ウニヒピリ

自己三相図

あらら・・・『ハイヤーセルフ・私・インナーセルフというのと同じじゃん』とびっくり。

そこに書いてあったことで、一番興味を引かれたのは・・・・著者が「ハイヤーセルフと繋ぐワーク」(自分ではうまくいった方法)を他人に施すことに行き詰まりを感じていた時に、ハワイの呪術師のワークショップを受け、ハイヤーセルフに繋ぐには一度、低位自己に降りて繋げた方が、たやすいことを学んだと、記されていました。

この一年カジュと過ごしてみて、なんとなく「ハイヤーセルフ」や「いろんなガイド」の窓口はインナーセルフのカジュの役割ではないのか!?
カジュは「ハイヤーセルフ」の有能なマネージャーで、「霊的なガイド達」の全部の受付嬢なのかな(笑)…と、ずーっと感じていたので、この文章を読み嬉しくなりました。

それから「ホ・オポノ・ポノ」の本も借りて読んでみたのです。
そこでは「ロウアーセルフ=ウニヒピリ」の部分が、たいてい子供で表され「インナーチャイルド」風に記されていました。

ですが、「ロウアーセルフ=ウニヒピリ」は・・・
従来の潜在意識(インナーチャイルド)の定義となっている個人の幼少期のトラウマ的な記憶だけではなく、地球の誕生から現在まで、陸・海・空に存在する全ての動植物を含む生命体から鉄のような無機物までが体験した、すべての記憶が保管されているところを指すとも書いてあるのです。
(私的には、さらに「インナーセルフ」っぽく感じますな~)

「ロウアーセルフ=ウニヒピリの中の記憶の中に溜まっている思い込みや、悲しい記憶」がハイヤーセルフに繋がりにくくしている原因で・・・だから「ホ・オポノ・ポノ」では「ウニヒピリのクレンジング(思い込み解除)」というのが推奨されてるんだということを知りました。

肉体的に「ウニヒピリ」の居るところは、みぞおち、太陽神経叢(黄色の第3チャクラ)と書いてあります。
(コレも諸説あり・・・インナーセルフと同じ下丹田(オレンジ色の第2チャクラ)と書いてあるところもありました。)

昔から太陽神経叢、黄色の第3チャクラはインナーチャイルドの座だと記してあり、「ホ・オポノ・ポノ」の本が流行る、ず~と前に、インナーチャイルドの専門の本で・・・・
「インナーチャイルドを癒せば、そこがハイヤーセルフと繋がれる入り口」だとか「インナーチャイルド(ワンダーチャイルド)=ハイヤーセルフ」という方式が書いてあったことを記憶しています。

でもそのさらに奥に「ハイヤーセルフ」とダイレクトに繋がる「インナーセルフ」が居たのです。

直感の伝言ゲーム?

ただ「インナーセルフ」は「インナーチャイルド」ほど感情的ではありません。
何があっても動じないし、静かで冷静なたたずまいは、霊的に高い存在だなと感じます。
(ちびかじゅも日常は結構おとなしくて静かなんですよ~いつもキャッキャッしてるわけではないんです~。(笑))

「インナーセルフ」は力強く慈愛に満ちていて、どちらかというと高次存在のハイヤーセルフ寄りです。
「インナーチャイルド」はどちらかというと私の感情寄りで、泣いたり、すねたり、喜んだり、ジタバタしています。

ただ「インナーチャイルド」も「インナーセルフ」も記憶を司ります。
どんな記憶も一切忘れることがない…記憶の貯蔵庫です。

彼らがどう違うのか・・・なぜそこが共通するのか、この頃やっと、それらの区別がつくようになりました。

「インナーチャイルド」=感情記憶

「インナーセルフ」=感情記憶も包括した全ての記憶
(「全ての記憶」の意味が人類や地球に居る生物全部の集合無意識まで含んでいる可能性は大いにあります。)

Sちゃんがはじめて「インナーセルフ・セッション」を行ってくれた時に言った・・・
『「インナーセルフ」の中に「インナーチャイルド」が含まれている』の言葉の謎が、今やっと自分なりに消化(理解)でき、腑に落ちた気がします。


「人間の意識は、「インナーセルフ」を経由して、大いなる力の源の「ハイヤーセルフ(神霊)」に繋がったほうが楽なんじゃないかなと思っていた私の考えは、「フラワー・オブ・ライフ第二巻」を読んで強化されたことに違いありません。


参考HP
内なる自己のフナの小径


P.S
K.Nさん、おっしーさん、いつも拍手コメントありがとうございます。^ワ^/

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
28

さまざまなインナーセルフ その22

3月20日のイベントで出会ったポリネシア系のインナーさん二人をご紹介しますね。
二人とも「前世バーション」のインナーさんでした。

ポリネシア人の呪術師さん。
裸足に長髪、なぜか・・・布を胸まで巻いた服(?)だったので、女の人かと見間違いました。
(温泉に入る取材の女の人が、裸にバスタオルを巻いたあの姿です。裾が斜めな感じに開いているのが違います。)

絵では、彼を笑顔で描きましたが、私が行った時は、竹ちゃんみたいに、寡黙でニコリともしない方で・・・睨みつけられておりました。(笑)
目つきが厳しいだけで、別に怒ってないとは思いますが、ちょっと近寄り難かったです。
(神職系は愛想が悪いのかな~?)

呪術師

「フィジーの呪術師だ」とインナーさんにお答えを頂きまして、早速帰ってネットで調べてみたらば全然資料がありません。
ちょっとびっくりしたのは、現在のフィジー人はチリチリのアフロヘアーが多いこと・・・(・_・;

でもこのインナーさんは16世紀の方なのでまったく西洋人に発見されてない頃のフィジーの方でした。
その頃のことは「フィジーにはメラネシア系パプア人がはじめ住んでいて、その後ポリネシア系のトンガ人が住み着いた」と記されてるのみ。
(トンガ人の中にははストレートヘアーの写真があってちょっとホッとしました。(笑))

名前のヒントで示されたのは南国のお魚。
またまた・・・・見た事あるけど名前は知らないお魚さんです。

このお魚さんは和名で「ツノダシ」と言いました。フィジー語なんか探しても、まったくでてきません。(苦笑)

ツノダシ(日本名)

調べてもきっと無理だろうなと既にイベントの時になんとなくわかっていたので・・・名前は「一言づつ音聞き」というワザで聞き取りをしてありました。

彼の名前は「アギシキ」さんか「アイシキ」さんでした。


次のお客様のインナーさんは、先ほどの呪術師とうって変り、若い娘さんだったのですが、胸は隠さずトップレスというお姿でした。

彼女はハワイのフラダンサーで・・・お客様がインナーさんに、『どんな人生でしたか?』と聞くと仕草で「神に捧げた人生」みたいなニュアンスが感じられました。

ハワイの踊り(フラ)自体が神に捧げるものですものね。

この18歳のインナーさんは、私の質問に応えてくださっている時も、いつも太陽のようにニコニコしていて素敵でした。

コキオさん

名前のヒントは「ハイビスカス」。
ハワイ語での「ハイビスカス」というお名前でしたので、帰ってからネットで早速調べました。
コチラはたいへん簡単に見つかりました。ネットにはハワイの情報があふれていました。

ハイビスカスはハワイ語で「コキオ」か「アロアロ」
カジュに判断してもらい「コキオ」さんに決定してお客様にお知らせしました。

笑顔の可愛いお嬢さんと美しい花・・・・描いてて楽しいだろな~と思ってたのですが・・・・甘かった。
「お花のレイ」を描くのが、これほど泣きをみるとは!!

「宝石の方が何ぼかマシ~!!下書きが・・・花が花が(><;)終わらない~~!!」と絶叫しながら描きました。(笑)

お花は頭の花がプルメリア。
首にかかっているのはイリマというお花です。
「イリマは王族の人も好んでつけた「ロイヤル・レイ」と呼ばれ、そのレイを作るには、500とも700ともという膨大な数のイリマと、作り手である女達の忍耐と時間を要しました。」と書いてありました。

実際つくるのはもっと大変なのだわ・・・(-v-;

それにしても、今これほどに、ハワイ語やハワイが流行ってるとは全然知りませんでした。
フラダンス以外にも、スピ系では、「マナカード」や「ホ・オポノ・ポノ」というのも流行ってますものね。(本屋でやたらな見かけはしてました。)

私はいままで「ホ・オポノ・ポノ」に興味が無く、本を一度も手に取ることもなかったのですが・・・古代のハワイの魂の思想は「インナーセルフ」をさらに知るために必要だったようで・・・結局、読むことになりました。
(その話は長くなったので、明日以降に回しますだ・・・(^v^;)

web拍手 by FC2
 HOME