25

もう食欲の秋

台風通過後、秋分の日も過ぎ、一気に秋めきましたね。
数日前までタンクトップでいたのに、いきなりの寒さで服装がわからず・・・・冬の靴下を履き、薄い夏服を妙なかんじで重ね着している状態です。(笑)

先日のサロンの記事でも描きましたが、カジュは「インナーセルフ」に珍しく、現世のごはんに興味があるようです。
会う人会う人に、焼肉からデザートまで、いろいろ味見させてもらい、近頃はすっかり美食家(ぐるまん)に成ってしまった感じです。

このあいだ、親が発した「美味しそう」という言葉に、カジュが瞳を輝かせた事をお話しますね。

美食家カジュ1

それはまだ台風前で、大阪では昼間33度になっていた頃。
親は暑さを避けつつ、でも商店街の物がなくならない、ぎりぎりの夕方に買い物に出かけました。

夕食の支度を一緒にしていた時に、買い物の帰りに見かけた夕日の美しさを表現するのに、『美味しそう』と形容したのです。

美食家カジュ2

私の後ろでは、そんな人間の言語の形容の多様さに惑わされ、誤解したカジュが、期待に胸を膨らませていました。

美食家カジュ3

カジュはこんな姿ですが鳥じゃありません。何度も申しますが、遠い宇宙の果てに「ぽよん」と浮かんでいる恒星(太陽)です。それで親は共食いとか言っているのですが・・・・その後も誘惑する言葉を吐くのはよしてって・・・。

美食家カジュ4

ワクワクしたついでか、カジュはその後も超ご機嫌で踊っていました。
私はその日、歯医者に電話するのが恐くて、不安で凹んでいたのに・・・「インナーセルフ」も自分なのですが、まったくそのあたりの気持ちは一緒じゃないのですね~。


歯医者というのは・・・・明日朝から行う親知らずの抜歯のことです。
右側を抜いてから5年。恐くてず~っと避けてきましたが、近頃マメマメと歯茎が腫れるので、観念することにしました。

この「親知らずちゃん」は疲れるたびに思いっきり腫れ、散々私を苦しめてきましたが、実はカジュと出会うきっかけをくれた存在でもあります。

4月から無職になり5月に体調最悪で、奥歯の腫れで熱まで出てきて、心身共々ぐでんぐでんになり、『もーやだ~!!カジュ助けてくれえ~!』と私はその時、心理的に何かを放おりだしました。

現実の全てを、自分でコントロールしようと必死に掴んでいた何か一個を・・・手放したのでしょう。

放おりだして、着いたのが宇宙の果ての恒星の羽根(フレア)の上だったのはおかしすぎましたが・・・。(爆笑)(詳しくは「めぐりあい…カジュ!」

怪我や病気は厄介なものではありますが、頑固な意識を変化させるには、非常に役に立ちます。
その頑固さは、自分を守るために、気がつかない内に身に付けてしまった精神の防弾チョッキです。

防弾チョッキの重さで身動きが取れず、心が頑なに成っている時に、本来の自分に立ち戻るために、怪我や病気はそれらを一気に変化させてくれることが多いようです。

変に偉そうな男の人が、病気をして無事退院して戻ってくると、凄く人当たりがやさしくなっていたのに何回か出あったことがあります。(周りの人への感謝が人を変えるのかもしれませんけれど)

・・・・かなり話が脱線しました。
ともかく今回の抜歯は、カジュがそば(胸の上)で見ててくれますしね!一人だけど一人じゃなないのは幸せなものです。


歯医者電話前

見えようが見えまいが「インナーセルフ」は各自一人一人のそばに居て、愛情深くいつも見守ってくれている存在です。


『カジュ!抜歯が終わったら二人でサーティーワンのアイス6種類(←もう買ってある)食べようね!』
『ぴちゅ~
(私もかな~り食いしん坊!(笑))




スポンサーサイト
web拍手 by FC2
24

サロン・ド・スピリチャル その4

Sちゃんの「インナーセルフのお部屋(ホーム)」は幼児の殴り書きのような線が世界を占めておりました。

『☆@◇@?!』

基本的に、自分が見ているものに(カジュを含めて)疑いが捨てきれない私は、いったん目をあけ、Sちゃんにその様子を伝えました。
そうしたら・・・Sちゃん、『そうなんですよ!カマエルが変化してから、おかしな状態で・・・』

え?!マジなの?私が見ているものは、あなたが見ているもの、でOKなの!?

Sちゃんは続けます『・・・知らない人が、そのグジャグジャ空間に出てきたりして、気持ち悪いんです!』

電磁嵐でしょうか?良い表現がありません。『それにしても落書きのような嵐だねえ・・・。』
実際、視界がグジャグジャしているだけで、風があるわけでもなく、皮膚がピリピリするわけでなく、何か当たる感覚はまったくありません。

先にカジュが行ってるはずなので、私は目を瞑り、またSちゃんのインナースペースに戻り、カジュを呼んでみました。真っ黒グジャグジャ真っ黒グジャグジャ・・・その中を「ぼけー」と歩き進みます。


遠くに明かりが・・・・カジュです!

電磁嵐?ホーム2

兜をかぶっている「仮○ラ○ダー・○」みたいな人の上にカジュがいました!
マントをはためかせたヒーロー。それが姿が変わった後の、フル装備カマエル様です!

Sちゃんに、カマエル様が兜をかぶっていることを言うと、『脱げますよ~』とはずしてくれました。

そのことより私が感動したのは・・・・
わあ!カジュを肩に乗せられる人がいるなんて!!!(爆笑)
(人ではないですけど)

ちびかじゅは、「ちび」と言えども結構大きいので、肩に乗せることは夢の夢でした。



そんな姿に見とれていたり、嵐の状態を聞いていたら・・・
Sちゃんが『上に行くからみんな捕まって~!』と言い出しました。

えっ?「上」ってどこ?

「みんな」ということで、Yちゃんもラフィーくんと共に参加。
3人で手を繋ぎ、インナースペースのカマエル様の所に集合です。

交霊会ではない(笑)

私は目を瞑ったままでしたので、コノ光景を見ていたTさんのあきれた顔がこんなんじゃなかろか~と想像するしか出来ません。(笑)
怪しさ100%の遊びですものね!(まあ誰が迷惑するでなし~。)

Yちゃんは、『カマエル様の姿が、グレーで光ってて形として見えないし、それに凄く遠い~』と言っていました。

私は先刻より、兜をとってすっかり「プラチナ・セイント(白金聖闘士・・・そんなのないって!)」みたいになったカマエル様の腕に掴まっておりました。

『人によってだいぶ見え方が違うんだね。』

Yちゃんの台詞から、カマエル様を見つけて向かっていると知りました。
カマエル様はおもむろに、『上にまいります~』って感じで羽根を広げました。

電磁嵐?ホーム3

「上」って何だろう・・・どこであろうと天使の腕に掴まってどこかに行くだけでもワクワクします!

さて・・・いつ飛び立つのでしょうか?
私の妄想力は、掴まっているだけで限界なので(苦笑)、Yちゃんがどうなっているか見えはしませんでした。




『あっ!』

電磁嵐?ホーム4

『え?なになにYちゃん。』



『・・・流されました・・・(=ワ=;』


あらら・・・(笑)
この電磁嵐(?)は、私には落書きにしか感じませんでしたが、ちゃんと流れがあるみたいでした。





流され続けても仕方がないので、Yちゃんは現実に帰り、
残ったラフィーくんと、私とカジュを伴い、カマエル様は飛び立つことにしました。


電磁嵐?ホーム5



『全員すっぽ抜けた~!!』



電磁嵐?ホーム6

Sちゃんがそう言うまでまだ掴まっていた私。(恥)

取り残され、暇になったラフィーくんとカジュは、二人でその辺りをくるくる回りながら遊んでいたそうです。(Yちゃん談←それも見えてない私(苦笑))


目を開けたあとSちゃんに聞くと、「上」というのは電磁嵐を抜けたところにあるキレイな場所らしく、この頃のカマエル様はいつもそこに座っているという話なのです。

ああ、見てみたかった~~・・・。


さて今回で濃サロンエピソードは終了です。
(モブ(群集)が多くて描くのに2週間もかかったです。(爆))

この後、ロールケーキを食べながら、カジュの居る宇宙の話を聞くとかして・・・朝10時半から夜8時頃まで、サロンは続き、終了しました。

ブログに上げた話以外にも、得るところがいっぱいあったサロンでした。



それにしても・・・・何か食べ物が出るたびに、全員の所を満遍なく回って、もらっていたカジュ。(他の「インナーセルフ」さんは基本食べないので・・・)

おもてなし?

『カジュ太るよ・・・。』と、誰かがツッコミを入れてたのが印象的でした。
現在体重が0kgのままか、さだかではありません。(爆笑)





P.S
今週1000HIT達成いたしました。バンザイ~。^ワ^/
コレも、読んでくださるみな様のおかげです~ありがとうございます。m(_ _)m

今後とも、ちっともスピリチャルじゃないエピソード満載の、スピリチャルドキュメント日記を、お楽しみいただけたら幸いです。
web拍手 by FC2
 HOME