21

「苦」と「至福点」 その5

わああ、2月もあと一週ですね(笑)マンガに夢中で、すっかりご無沙汰しております!!

脳内がマンガのストーリーで席巻されているので、カジュもにも毎晩会いにいっていないていたらく。(=v=;
今は基本的に、セッション時と日常の中で時々ちびかじゅに意識を向けることがあるだけ。
このあいだ久々大カジュやアヴァさんに会いにいきました。
アヴァさんの髪型が直毛に戻り、前髪がパッツンに変わってました(笑)。

今マンガで描いている話の主軸のキャラクターは、「竜」、「妖精の女王」、「妖精」、「人間」。
この4人の過去エピソードをまじえ、最初に書いた話を完結させる形で話は進んでいます。
(現在まだ5章「竜」の過去話の途中です・・・ラストまで頑張れ私)

その中の「人間」の人生(ストーリー)をダウンロードしている時に、しみじみ思いました・・・
「人間」はすぐ「何が自分の一番の至福」であったかを忘れるんだよなあ・・・ってこと。

悲しみや喜び、地位や名誉、プライドや劣等感、損得などで、陰陽の運命の輪の車輪にまかれ「至福点」を見失います。

マンガのストーリーの場合、私はドラマを外から見てる側なので、非常にわかりやすいんですね(笑)。

という訳で、「至福点」の話が描きたくなったので書きます(笑)

「至福点」とは何か・・・!
今回こそ「至福点」の話をしたいと思います。

ジョセーフ・キャンベル著「神話の力」で発見した私達の幸せについての極意。
(大きく言いましたよ(笑))

そこにさえ意識をとどめておければ

私達はずっと幸せで、至福を感じて生きていけるのです。




【神話の力抜粋】
中世のいろんなものによく出てくるイメージに、運命の輪があります。
中心の軸と、その周りを回転する縁からできている。

例えばもしあなたが運命の輪のに取りついたとすると、あなたは頂点から下がるか
底辺から上がっていくかのどちらかです。

でも、もしに取りついたなら、常に同じ位置にいる。


運命の輪

結婚の誓いの意味はそれですね。

健やかな時も病める時も、豊かな時も貧しい時も、
つまり上昇する時も下降する時も、貴方とともに居る。

貴方は私の中心であり、私にとっての無常の喜びである。
貴方が私にもたらすかもしれない富ではなく、社会的地位でも無く・・・

貴方自身が至福なのだ。

無上の喜びを追求するとは、こういうことです。


キャンベル氏が言う、「貴方」というのが、別に人間(愛する他人)である必要はありません。

私の場合は絵を描くこと
ある人にとっては本を読むこと
ある人にとっては物を作ること
ある人にとっては音楽を奏でること、等など・・・

昨年11月に「神話の力」を読んで衝撃を受けたこの話なのですが・・・
そういえば津留さんの著書(赤本)にも同じような事が書いてあることを思い出しました。

それは、今読むと【意識の焦点】という章で・・・


※津留さんの本のご購入は出版社HPから

「彼から別れて」と伝えられたとしても、「どうしよう」と、動揺する必要はありません。
それは、たんなる経過で、まだ別れるときまったわけではありません。

「あの時、ああいったのが悪かったのかしら、あの態度がいけなかったのかしら」
と自分の態度や言葉を反省してしまいますが、そんなこともなんの足しにもなりません。

「ほかに好きな人ができたのかしら?」などと、すぐに外にその原因をさがしはじめます。

彼に言われた一言にフォーカスしてしまっていることに気づいてください。
「愛する人が居る」というもっとも大切なことからフォーカスが外れてしまっています。

あれこれ思い煩っているあいだのあなたの意識は、自分のマイナスサイドだけに焦点を絞っています。
どんどん悪いほうを顕在化させているわけです。

意識の働かせ方に注意してください。もし別れたくないのであれば、自分の中の心象をチェックしてください。
別れるイメージをもっていなかったか?友達の失恋話を握りしめていませんか?恋とは終わるものだ、という妄想を信じこんではいませんか?

たくさんの役に立たない雑多な想念が、ゴロゴロ出てくるはずです。
ひとつひとつを丹念に手放しましょう。

「自分には愛する人が居る」 という、喜びに意識を向けてください。

その至福感を使って、役にたたない想念に、意識を向けていきます。
雑多な想念が一つ切り離されるのに、5分とかからないでしょう。
これが原因に対処するということです。


今文章を写して気がついたのですが、津留さんの本にも「至福感」って書いてあったですね!!
(´∀`*;)ゞ しらんかった・・・(爆笑)。

今回描いているマンガの中のストーリーを例に取りますと・・・

「人間」の男は、好きになった妖精を、あるきっかかで嫁にもらったは良いのですが、
文化だけでは無く、嫁の意識レベルが違う、肉体も、もちろん違います。

最も問題なのは、「妖精」に人間で言う恋愛感情がないこと、好き嫌いの意識が異常に軽い!(このズレがほぼギャグ)
こんな「妖精」との恋愛沙汰なので、幾多の事件がおこり、問題も多々あるわけです。

この場合、津留さんの話、そのままずばり・・・

「愛するものが居る」それが至福。

一緒に生きて行きたければ、キツイけど、そこに戻るしか無い(苦笑)。

(キツイのは、設定を考えてた私のせいでしょうけど・・・(笑)まあせっかくのドラマなんだから、容赦したら面白く無いし!鬼畜な設定にしました(降りてきた設定だし~しらん・・・爆笑))

現実で生きている私の場合を例にすると・・・・

「絵を描ける至福!!(愛するものがある幸せ!!)」

絵を描く機会があっても、その仕事が「来たり」、「来なかったり」、その他の問題に気を取られたら、また損得や陰陽の外輪に乗って、「うまくいってる?いってない?!」という運命の輪の変転に巻き込まれてしまうわけです。

「絵を描ける至福!!」

「愛するものがある至福!!ヽ(≧∀≦)ノ」

この感謝と幸せの心に一点に

日常どれだけ意識を留め置けるか・・・!

その時間をどれだけ長く持てるか!!

人間の「幸せ」とはそういうことなのでしょう。


「至福」と書かず、「至福点」と書いた意味が解って頂けたでしょうか?

まさに「焦点」をあて続けることができれば、幸せを感じ
それが出来ない時、私たちは「苦」を感じるわけです。






自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ




Facebookでも日常の小ネタをUPしたりしております。→R館フェイスブックページ
※個人ページなので観るには、アカウントが必用です。m_ _m
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
09

「苦」と「至福点」 その4

なんと・・・2月も既に10日近く?!節分も忘れ・・・え?何?今何時?どこ??
浦島太郎みたいな状況の現在の私です(笑)。

ここ2週間くらいネットを最小限しか見ない生活をしておりました。
制限をかけていたわけでなく、他に・・・・何を置いてもしたいことが出来たのです。

ジョセーフ・キャンべルの著書『神話の力』の中に書かれている・・・
自分の至福を追求しなさい

【「苦」と「至福点」】の記事の最終話・・・・「至福点」の話を書くことを、かなり放置して,、現在の私は「自分の至福の追求」を実行中です。

「自分の無上の喜びを追求すること」

無上の喜び、現在魅了されていることは、かなり時間を取るので・・・・・
こんな事していて良いのか悩みつつ行っています(笑)。

というわけで今日は「至福」と「罪悪感」の話です。

現在私は、長らく描いていなかったオリジナルマンガを描いています。
多分6年前くらいから、さっぱり描けなくなっていたので・・・・とても久しぶりです。

漫画家を目指して生きていた5年前の私は、好きでもない仕事をしていて、疲れ果て、生きる意欲自体が減り、マンガを描くどころか、ノートへの落書きすら出来なくなっていました。
もう夢であったマンガ家になることも諦めるしかない・・・そこまでエネルギーが枯渇していました。

大黒柱なのですが 『もう生きているのがイヤじゃ・・・肉体を維持していくだけの人生ってなんだろう・・・!?』
魂が死んでいく所まで心がせっぱ詰まっていたので、無責任にも仕事を辞め・・・(肉体維持はどうすんじゃとエゴは叫びましたよ)

その後、すぐにカジュに出会い、今の絵の仕事に導かれ、今まで見たことも聞いたことも無い職業をさせて頂くことになりました。

結果オーライですが・・・付き合ってくれた親に感謝です。(=人=)

カジュと付き合ってからのこの5年、私の想像の領域は、カジュ達が席巻していていて
毎日どんどんスピリチャル世界の情報を摂り入れ、どっぷりそれらの情報だけに浸かって暮らしておりました。

カジュやアヴァさんやガイドさんたちは、かなり清らか(?)なので、マンガを描く想像の世界とはかなり波動?雰囲気?が違います。

マンガは、結構ドロドロのドラマや、俗っぽい萌えから発生する想像なので、カジュ達が私の想像の領域で出張っている限り、2度と描け無いだろうな思っていました(笑)。

だから、久々にマンガが降りてくるなどとは思いもよらず!!
今年は一体何なんでしょうか?Joho君の事と言い・・・過去の復活がはんぱないv(=ワ=;
(マンガ描き始めが1月の22日、Joho君との再会が同じ月の24日)

私のマンガの描き方は、キャラクターが生きて、勝手にしゃべり動く系。

なんとなく、たどり着くシーンをいくつか思い浮かべて、そこに行くために、ストーリーをキャクターにまかせて描いていくのですが、途中「え?そう動くの、そう喋ったらあのシーンにどうやって行き着くの??!!」となるので、ライブ間があり、めっちゃ楽しいです!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

頭が、脳内麻薬でおかしい状態(笑)

自分で描きつつ先がとっても気になるので、最期を書き終わるまで、「えええ?!!続き~~~!!!」と引っ張られ続けます。
だから「描きたくてしょうがなくなった」というより、「読みたくてしょうがなくなった」ので描いているのです。^ワ^;

マンガといっても、現在書いているのはペン入れしている原稿ではありません。
先にストーリーを作る段階の、コンテという下書きの下書きです。
絵付きシナリオみたいなものです。^v^
セリフはぐちゃぐちゃの文字で書いているので、誰も読めません(笑)。

毎日使いまくっていたカードも一切触らず、スピ本も読まず、カジュも一切描かず・・・
(すまんね、カジュ笑)。

遠隔の仕事だけは、ちゃんとこなしておりますが、その他は完全放置。
ブログも放置していました(=ワ=;

放置というか・・・頭が全部マンガのストーリーの世界に持って行かれているので、ふわふわ浮いていて、まったくグランディングしてない感じがハンパ無い!!

現実で生きている私というモノまでが、どこかに行ってしまった状況。

でも、カジュと一緒に

遠隔のチャネリングをすると地につく私。

変ですね・・・。(笑)


こんな時に、ブログ記事をまとめる文章作業なんて出来ず・・・(==;

もちろん描いているマンガは投稿するなど、まったく考えていません。
ただただ、私の楽しみと喜びのためだけに描いているので・・・

完全な趣味です。

ここで大きな罪悪感(ゴブリン)が出てきました。
寝食を忘れ、仕事は最小限にしかせず、遊びほうけている自分に対する罪悪感です。

「インナーセルフをもっと世間に広げる活動、スピリチャルの仕事をもう少し広げないとダメじゃない?何にもならない無駄なマンガを描いてないで、そっちにエネルギーを注ぎなよ」・・・とエゴは囁くのです。

行動とは、将来に役立つことや

将来の収入・・・夢に繋がるような

意味があることをすることだ


と私は育てられてきました。

それをちゃんと済ませた後に、時間が余れば「遊ぶ」ということを、徹底的に子供の頃から叩きこまれています。
小学生の時は、お稽古をこなすための大量の時間と、たくさんの宿題、予習、復習など毎日たくさんの義務をこなして生きていました。

私にとって、ヴァイオリン、ピアノ、習字、塾など、その中には、これといってときめく事は有りませんでした。
好きなことに割く時間は、一番比重が高かったヴァイオリンの稽古のために制限され、我慢しなければ為らない状況です。

全ては私の夢ではなく、親が自分で叶えられなかったこと・・・・音楽家になりたかった夢の肩代わりでした。
(現在親は二胡に取り組み、自分の夢として追いかけています)

11歳の時に、経済的理由から、際限なくお金がかかるヴァイオリンから開放されて、私はマンガに夢中になりました。
寝ても覚めても毎日描いていました。全然うまくないけど、なんでか描く。

そうです、その時の私の「至福」は、マンガの絵を描くこと。

中学生くらいに描いたアイディアノートには、お伽話的な感じで、平行世界の概念、多次元宇宙が描いてありました。全然ストーリーに成らないアメーバーみたいなアイディアだけでしたが・・・

内側に浮かぶ見たことがないイメージの世界に魅了されます。

そこが、何かわからない世界の謎に通じていたので

ワクワクしました。


20歳頃になり・・・やっとキャクターが生きて、立って動くようになり
ちゃんとしたストーリーマンガを描けるようになりました。(かなり遅い)

精霊(ジン)を主役にオリジナルで描いていたのですが・・・・この精霊(ジン)がまたトンデモナイこと言い出すのです。(^^;
人間とは違う視点、価値観で世界を見れるので、おもしろくてしょうがない訳です。
その精霊(ジン)さんとは10年付き合い・・・。(大好きなキャラだったのよ~)

シャイターン

自分の価値観の外からの言葉がたくさんセリフに含まれているので
「いいね~こんな自由な考え方で、気楽そう・・・」と思って描いてました。

(きっとチャネリングの走りだったのかもですね・・・
チャネリングしている方々の中にも、昔に創作畑だった方が多いと小耳にはさみます)

実に楽しくて「至福の時間」です。
そんなストーリーが、また降りてきたのです。(今回はエルフ族と竜の感覚や視点が入る)

でも現在は、将来漫画家を目指しストーリーを考えているわけではないし、収入にも為らないし、誰に読ませて楽しませるという気もないので、自分の楽しみのためだけです。

これは、我が家の価値基準的にはアウト・・・・(笑)。

今やっている仕事や将来に役立つこと、収入に繋がる学びがある事柄に時間を割くことが大事で、遊んでいるとダメ人間扱い!!(笑)

ネットも見ない、ブログもHPの更新もしない。
スピ情報を発信するわけでもなく、インナーセルフ観察日記も書かない。
営業っぽい記事も書かないで何もせず・・・遊びに没頭していると、親が不安になって来るのか、「何事もバランスよ」と、ちょっとプチプチ言うわけです(笑)。

いろんなスピ情報・・・本などでも「今の楽しみを追求しなさい、今の喜びに生きないさい」と言われていても、実際、現在の至福にまかれてみれば・・・

「今の仕事と無関係に訪れた、この「至福」を追求することが、良いのか?!」
「この魅了される時間に、流されてて良いのか?!」
と不安に成り、慣れないことにエゴが騒ぎ出しっぱなし!!(笑)

とはいっても、ただ楽しい!!!止まらな~いのだ。(>0<;

これをしていて良いの?!とカジュに聞くと「良いピチュ」と頷いている。
(この返事も自分勝手に都合よく頷かしているかもと、今だに思ったりする私。(笑))

カードに聞いみても、アドバイスに逆位置だわ・・・(ドキッ)

魔法の王国カード

「太陽ダンサー逆位置」
太陽ダンサーが課題を与えに現れる時
夢に没頭し過ぎないように気をつけましょう。
彼女達は、今取り組んでいることを休んで・・・・


『あ・・・ヤメれって言われたわ~(笑)止めてくれた・・・やっぱだめなのか~』と、続きを読むと・・・

もっと遊びなさいと言う

シンプルでやさしいメッセージを届けています。


『え?!遊んでていいんかい?!Σ(@。@ノ)ノ』

今あるものを祝福して未来や過去のことは心配しないでください
今ここにしっかり留まりましょう・・・・今日だけでも、自然体で過ごしましょう。
そうして遊ぶ時間を作った場合に限り、あなたは答えに気づくでしょう。


「夢」というと、掴みどころが無い、ふわふわした夢幻の意味かと思ったら
ここに忠告されている「夢」とは将来の夢のことのようです。
現在の「至福」感覚ではありません。

多くの人にとって将来の夢や目標が大切だと思います。

今存在しない未来の楽しみや夢のために、

現在の至福を犠牲にしている人が多いのかもしれません。


といわけで、ざわざわ心を騒がせながら「遊び」を中心に生きていたのですが
現在不思議なことが・・・。

一つの遠隔の仕事終わりそうになると・・・今月の収入がまだ足りない場合、いつも心配になります。

それなのに、今、頭の中はマンガが回っていて・・・・ぼ~~~。
その脳内麻薬のせいか・・・心配に割く想像の領域がマンガで塞がれているからか・・・・・不安も出来ないのです。エンドルフィンってスゴイ。(爆笑)

そして、「カジュ~次の遠隔の仕事ください」と言うと・・・・
「はい、次ピチュ!」と、それは本当に絶妙なタイミングで入ってくるのです。

なんなんなん!!なんだ!!!・・・・ただただ感動しています!!@0@;
まるで今、「至福」を追求して、遊んでいても良いと言われているようです。

ガツガツとエゴに追い立てられて何か新しいことをせずとも
人生を楽しく遊びつつ、生きてて良いの~~~~~~??!!

今年は、カジュ達はそれを体験させ

古い価値観を刷新させたいのでしょうか??


守ってくれてありがとう!!カジュ!!(笑)。

ジョセフキャンベル氏が言うには・・・・「至福」を追求をしていると
いつも目に見えない手に助けられていること」に気がつくそうです。

(ええ!今もですが、実際、絵の道、一本にしてからずっと、
見えない手・・・カジュだから羽根かな?助けられまくっております。(笑))

もし自分の至福を追求するならば、以前からそこにあって、私を待っていた一種の軌道に乗る事ができる。そして今の自分の生き方こそ、あるべき生き方だと・・・」

軌道に乗る体験をするためには至福を追求しないと、なのですね。

「至福」と「お金がもらえる貰えない」は関係ない・・・・ココが皆さん、恐ろしい所です。

「いつお金になるの・・・生活が~~」って、なかなか軌道に乗る時まで、至福の中で待つことが出来ません。

「損得によって、至福を判断する」と、おかしなことになるのは・・・私が漫画家になれず心が折れたことで体験済みかもです。

「将来マンガ家になる」ことに重きを置いていたので、私の心が現在の「至福」から離れたのが問題だったのだと思います。

今のこの「至福」は、私をどこにつれていくのでしょうか?
「至福」に攫(さら)われつつ、観察していくことにします(笑)。

あなたの今の「至福」は何でしょうか?

その5に、つづく


自分の「神の力(インナーセルフ達)」に気がつく人が、ドンドン増えますように
1日1回、応援クリックお願いいたします。
ぽちっと押して、ぴちゅv
↓     ↓     ↓    ↓

精神世界 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ



Facebookでも日常の小ネタをUPしたりしております。→R館フェイスブックページ
※個人ページなので観るには、アカウントが必用です。m_ _m
web拍手 by FC2
 HOME